私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(113)

Album: Musically Adrift
Artist: Samuel Purdey
Genres: Soft Rock, AOR

Musically Adrift


元Jamiroquaiのメンバーであった、マルチプレーヤーのBarney HurleyとGavin Doddsによる
アシッド・ジャズ、ソフトロック、ブルー・アイドソウルユニット。
もともと本作は1997年に彼らが初めて発表したシングルのLucky Radioがあまりヒットしなかったため、
アルバムさえ発表されることなく解散を余儀なくされたという不運なユニットなのですが、
日本ではこの曲が非常に評価され、1999年に日本のレーベル(Quattro/Good Sounds)から
発売されるという、なんともBig In Japanなアーティストです。
(こういうミュージシャンは日本に沢山いますね。
世界的に見ても、日本はメロディック・ロックやAORが最も熱烈に受容された国の一つです。)
本盤は2009年に本人たちによってリマスターされ、再発されています。
Steely Danフリークである彼ららしく、正にあのサウンドに影響を受けた洒脱で繊細なアレンジと、
Jamiroquaiを通過することによって生まれたダンサブルで底抜けなく明るい享楽的でありつつも
ジャジーなサウンドを楽しめます。
ギタリストには本家Steely DanのElliott Randallを起用しており、
#7One Of A Kindや#8Santa Rosa (Extended version)では
流麗でトレブリーな音色から練りに練られたグル―ヴィーなソロを楽しめます。
#2Valerie (Extended version)でのバッキングも、限られた音数の中でスペイシーなプレイをしています。
コーラスでの音の重ね方もセンス抜群で、いかにもブルー・アイド・ソウル的な適度に力の抜けた
フリー・ソウルへの憧憬を感じる、後期Doobie Brothersを思わせるものになっています。
ブラス・セクションの緊張感のある配置も何ともゴージャスですね。
発売当時イギリス本国ではあまり評価されなかったため、
現在でも彼らの存在を知る英国人は少ないと思います。
ただ00年代に入ってからTalcやThe Feeling,Phoenix,Smooth Reunionなど、
いわゆるNeo AOR路線のミュージシャンが少しずつ出てきたため、
今こそ2ndアルバムを制作してほしい(すれば売れるとおもうんだけどなぁ)時期だと思います。
テンポ・チェンジも多く、コード進行も複雑なものが多いため、
数あるAORのバンドの中でも、彼らの曲は演奏難度のかなり高いものだと思います。
ジャジーなソフトロックというと、ジャズ・ファンクの影響が色濃い
(ダンス・ミュージック寄りの)ポップスが大半を占めていた当時のバンドたちの中で、
アメリカン・プログレ・ハードでもコマーシャルなAORでもなく、
彼らの楽曲は、ソウル(特に70年代のブルー・アイド・ソウル)に起源を持っているという点で、
非常に稀有な例だと思います。
もっと彼らの作品を聴きたい!聴きたくて仕方がないです・・・・・・
90年代のソフト・ロックを代表する隠れた大名盤。

Whatever I Do

Lucky Radio アルバム中で最もJamiroquaiライクな一曲です。コーラスが神々しい!
こういうのをオシャレな曲というべきですね!

Santa Rosa

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/03/14(木) 01:53:47|
  2. Samuel Purdey
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。