私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(120)

Album: Dos
Artist: Michael Fakesch
Genres: Electronica, Techno

dos.jpg


ドイツのRosenheimで1996年に結成されたテクノユニット、Funkstörung(ファンクストラング)
のメンバーであるMike Fakesch(1975年生まれ)によるソロ・アルバム。
2007年作。オウテカ等の90年代のテクノ・ミュージックに影響を受けた、
調性や拍子といった概念に縛られない現代音楽的な、打ち込みによる変化に富んだリズムや、
独特なハーモニーの組み立て方を見せながらも、意外にもポップで聴きやすい部分も持ち合わせていて、
なかなか不思議な音を作り出しています。
テクノやアンビエント、エレクトロニカといったジャンルにはあまり詳しくなく、
本作も偶然地元の中古屋の500円セールで、ジャケットに惹かれて購入したものですが、
後で調べてみると、ファンクストラングの作品群は、ジャケットのアートにとても凝っているらしく、
彼らの魅力として挙げられることも多いと聞いて納得しました。
インストゥルメンタル・ミュージックとしてのテクノのイメージを私は持っていますが、
本作には、ボーカルが結構きちんとメロディを歌っていたり、コーラスを入れてきていたりして、
さらに#2Sodaや、#4Complicatedは、デジタル・ビートがまるでファンクやソウルに近いような
バック・ビートの効いたへヴィ―なグルーブを作り出し、これにキャッチ―なメロディが
よく絡んでいるので、無国籍的なデジタル・サウンドを用いて、「有機的」なグルーブを作り出す、
という非常に面白い作品だと私は感じました。
かと思えば、#7I Want Itのようにヒップ・ホップの影響を強く感じさせる、重低音の効いた
ライムに載せてビートを切っていきながら、そこにエレクトロニカ的な打ち込みを重ねていく手法の、
ファンクストラング後期によく見受けられるような楽曲も勿論入っています。
聴いているうちに、この作品にファンクやR&Bを感じるのは、
ベース音の処理の仕方が原因だと感じます。ベースラインをよく聴いてみると、
#9Give It To Meなんかは完全にファンクのゴリゴリしたベースや、ワウのかかったような音色の
処理がなされたキーボードが用いられていたりしますから、明らかに意識してやっているのでしょう。
グルーブは、人の演奏というフィジカルなものによってしか生み出されない、などとということはなく、
どんな音楽ジャンルでも共通して生まれて来得る、ということを強く実感させられます。

Soda

Complicated

I Want It

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/03/20(水) 14:38:47|
  2. Michael Fakesch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: