私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(125)

Album: Heavy Metal Be-Bop
Artist: The Brecker Brothers
Genres: Fusion, Hard Rock, Funk

heavy metal be bop


アメリカペンシルベニア州フィラデルフィア出身のRandy Brecker(Trumpet, Flugelhorn)、
とMichael Brecker(Tenor Sax)の兄弟によるフュージョンバンド。1975年デビュー。
本作は1曲目のEast Riverを除いて全てライブ・レコーディングによるもの。1978年発表の5th。
兄弟揃ってスタジオ・ミュージシャンとしても多くの作品に参加しており、Frank Zappaバンドでの
演奏は良く知られていますが、日本ではフュージョン系キーボーディスト/ジャズピアニストの
深町純の作品に参加したりもしています。
本作は、白人によるフュージョン/クロスオーバー(エレクトリック・ジャズ、ジャズ・ロック、
ジャズ・ファンク)を代表する、知る人ぞ知る有名作です。
圧倒的な疾走感と、ロックスピリット溢れるインプロビゼーションの連続、
強くエフェクトのかけられたマイケルのトランペットや、
一流のジャズギタリストの彼らしからぬ、ハードロック寄りのエモーショナルなソロや、
肉体的でファンキーなバッキングでも魅せるBarry Finnerty(G)のプレイも勿論最高ですが、
何と言っても恐るべき要塞ドラムから変態的なリズムをたたき出すTerry Bozzio(Frank Zappa Band,
Jeff Beck, Steve Vai)のリズムワークこそが、この作品をロックファンに強く訴えかけるものに
しているのだと思います。Niel Jason(B)のジャズベースのセンターPUから生み出される、
太く歌うようなベースラインと、パーカッシブで抜けの良い、シャープなトーンが特徴的な
スラップも、跳ねるリズムに完璧に嵌っています。
相変わらずマイケルのエレクトリック・トランペットの、コルトレーンに勝るとも劣らぬブロウも、
彼らしい精密機械のような長いパッセージも、粒立ちの良いトーンでと吹いていきます。
#3Some Skunk Funkは、フュージョンを代表する大名曲です。
若き一流のミュージシャンたちの才能が、一瞬の火花を散らした奇跡の記録だと思います。
ロックンロールが、ジャズが、ファンクが、ハードロックが渾然一体となり、
ジャンルという名の限界を突破する熱量を蓄えた大傑作。

Inside Out

Some Skunk Funk

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/03/26(火) 15:12:51|
  2. The Brecker Brothers
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: