私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(193)

Album: Melodies
Artist: 山下達郎
Genres: Pops, AOR, Soul, Funk

Melodies.jpg


本サイトでは4枚目の紹介になります。ファンクラブ会員として、幼いころから聴き続けてきた、
東京都豊島区出身のシンガー・ソングライター、音楽プロデューサー。1953年生まれ。
先日、発売30周年記念ということで新たにリマスターされ、ボーナストラックも加えて
再発されたばかりの1983年作の10th。RCA/AIRを離れ、Moonへと移籍してから1枚目のアルバムです。
Ride On TimeやFor Youでのスマッシュ・ヒットで、当時流行していたリゾート・ミュージック路線の
作品を世に送り出したことで、本人の意図とは反してアウトドアでのドライブ・ミュージックとして
「夏だ海だタツローだ」というキャッチコピーが定着しもてはやされる中、
商業音楽として自分の音楽がほんの一時的な発散の道具として消費されることを恐れた彼は、
当時契約問題を抱えていた事務所を離れ、プロデューサーの小杉理宇造氏とともに新たな事務所
(ムーン・アルファレコード)を設立し、移籍することになります。
それまでの作風から一転して演奏面でも16ビートの多用されることの多かった以前の作品から
8ビートのグルーブを追及したり、青山純(Dr)や伊藤広規(B)をのリズム隊を始めとする
スタジオ・ミュージシャンを用いずに全ての楽器を一人で多重録音したりしています。
あるいは#9黙想のようにピアノ弾き語りにコーラスを加えたバラードにGlen Campbellのカヴァーと
いった、初期を思わせるような作風の楽曲も収録されていたりと、
新たな試みが散りばめられた非常に興味深い作品と言えると思います。
フュージョン色の強かったFor Youに比べて、本作はフィラデルフィアやシカゴのソウル、
或いはロック色の強い楽曲が多く収録されていることからも、Sugar Babe時代や
デビュー当初のCircus TownやSpacyの頃の作風への回帰とも取れる傾向が見られます。
それまで吉田美奈子氏に任せることも多かった作詞を、すべて彼自身が行ったという点も、
本作を考える上で重要なことかと思います。
(#7Blue MidnightはFor Youの際にレコーディングされたものなので吉田氏の作詞になっています)
Melodiesの時点ではまだ山下氏本人の一人の人間としての主義や哲学が語られるような
メッセージ性はあまり見られず、心象風景を描いたような抽象的なものが大半を占めていますが、
明らかにそれまでの自分の音楽的指向を打ち破ろうという強い意志が感じられます。
彼のキャリアにとって、とてつもなく大きな分水嶺になる作品であると言って間違いないと思います。
そして彼の無数にある楽曲のうちで最も大きなヒットとなった#10クリスマス・イブも
アルバムの最後に、ひっそりと収録されています。
それだけに、本作のリマスターはファンたちにとって待望のものであり、(ライブアルバムのJoyも
リマスター再発を期待されている一枚だと思います)他ならぬ筆者も心から待ち望んでいたものでした。
音質向上は素晴らしいものがあり、99年盤のCDやベスト盤と比較して非常にクリアで抜けの良い
音質になっています。
CDには本人による詳細な曲目紹介が収録されていますので、出来れば購入して頂いてそちらを
ご覧になって頂きたく思いますので、手短に紹介します。
#1悲しみのJody(She Was Crying)は、当時にしては珍しい8ビートのロックナンバーで、
サックス・ソロ以外は全ての楽器が彼の手によって演奏されています。
アルバムの一曲目に、8ビートで失恋を題材にした歌をファルセットで歌うという、
正にそれまでのサウンドからの脱却を表していると言えると思います。
得意のファルセットと透き通ったメロウなコーラス、へヴィ―なドラムス(流石に元ドラマーです)
が生み出すアナログな肌触りで、サウンド的にも異色な一曲だと思います。
#2高気圧ガールは、軽やかなコーラスワークとパーカッションから始まり、
青山純(Dr)がいつものあのぼすっとした音で叩き出します。
コーラスのリフレインやパーカッション、タイトなリズム隊が合わさってポリリズム特有の
浮遊感を湛えています。最後のロングトーンは圧巻です。素晴らしい。
#3夜翔(Night-Fly)は全編ファルセットで歌われるシカゴのスウィート・ソウル風の一曲です。
サビ前の大仰なキメが時代を感じさせます。
#4Guess I'm Dumbは1965年に発表されたGlen Campbellのシングルのカヴァー。
リバーブの掛かったようなコーラスとストリングスが緩やかなグルーブを生み出します。
#5ひとときはアコギのイントロから始まりフォーキーでニューヨーク風のシンプルなサウンドと、
マイナーな進行が印象的です。シンセベースの音色もべったりせず綺麗に溶け込んでいます。
#6メリー・ゴー・ラウンドは、Totoの項でも話しましたSF小説作家のレイ・ブラッドベリ
の作品から影響を受けて書かれたという、廃墟となった遊園地に忍び込むというファンタジックな歌詞が
不思議な魅力を放っています。彼の書いた歌詞の中でも最も好きなものの一つです。
ファンキーなベースラインとへヴィ―なドラムス、テレキャスのカッティングが作る
鉄壁のアンサンブルにスペイシーなコーラスが独特な焦燥感を感じさせます。
#7Blue Midnightは、佐藤博(Piano, Key)のジャジーで都会的なフレージングと、
土岐英史(Sax)のソロに岡沢章のベースと、初期の作品を思わせる音像です。
柔らかいストリングスがリラクシングで聴き所です。
#8あしおとは、ファンの中で隠れた名曲として挙げられることの多い一曲ですが、
シカゴ・ソウル調でノスタルジックな歌メロと、 枯れた音色のギターソロが良い味出しています。
#9黙想はピアノの弾き語りにコーラスを加えて仕上げた短い一曲ですが、
この曲やSpacy収録の「朝のような夕暮れ」のような、どことない不安を滲ませる曲調のバラードは
個人的に大好きです。こんな曲また作ってくれたら良いなと正直思います。
#10クリスマス・イブはもう説明不要の名曲だと思いますが、発売から5年後に
JR東海のCMソングとして採用されてから有名になったというなんとも話題の尽きない一曲です。
バロック音楽的なコード進行を奏でるシンセや音域の広く複雑なコーラスワークをバックに、
リズム隊のドライブ感溢れる演奏が、この曲がロックンロールであることを強く認識させてくれます。
一人のミュージシャンとして仕上げたいと思う理想の作品は、
リスナーが求めるものと一致するとは限りません。
そういった意味で、ヒット曲を出しながらも、自分の真に作りたい音楽を作り、
発表しライブを行い続けているという意味で、彼は本当に本当に貴重な存在ですし、
不世出の才能であると言って私は全く疑いません。
彼の作品にカヴァーが多いことからも示しているように、常に多くの作品に触れていく中で
自分にとっての本物を見つけ出し、消化し作品にしていくという、
神経質で職人的な性質あってこそと言えるかもしれません。
この態度は特に楽曲のアレンジの、各楽器楽器に対する緻密さや、録音状態の良さに最も現れています。
彼の音楽へのひたむきで真摯な姿を見て、これからも多くの音楽に触れ、
ポップスの行方を見つめて行きたいと、本作を聴き直して、強くそう思いました。

悲しみのJODY(She Was Crying)

高気圧ガール

Guess I'm Dumb

ひととき

メリー・ゴー・ラウンド

あしおと

黙想

クリスマス・イブ

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/09/06(金) 01:16:02|
  2. 山下達郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(81)

Album: It's A Poppin' Time
Artist: 山下達郎
Genres: Pops, AOR, Funk, Soul

its apoppin time


山下達郎第3弾です。1978年発表の3rd。オリジナル・アルバムの体裁をなしていますが、
内容としては1978年3月8,9日に六本木Pit Innで行なわれたライブの模様を録音したものです。
(#Disc1-1Space Crashは、16マルチトラックレコーダーを2回使ってコーラスを重ねるという
非常にリスキーな方法を用いてスタジオ録音されたものですが)
数々のライブ・アルバムの傑作を生み出してきた六本木Pit Innは、ライブ・ハウスに
録音用のスタジオが併設されているため、ライン・アウトで容易にライブ・レコーディングが可能な
状態だったということだそうで、現在のオーディオで聴いても(吉田保氏という最高のエンジニアの
技術と、山下氏のリマスタリング技術のおかげも大いにありますが)
非常にクリアで厚みのある音で楽しむことができます。
以前も少し紹介しましたが、本作には、当時日本のフュージョンやクロスオーバーのジャンルで一線で活躍していた
超一流の若きスタジオ・ミュージシャンが参加しており、アドリブでの曲の絶妙な崩し方や、
ライブならではの、ジャジーでかつグル―ヴィーなアレンジを聴くことができ、
ライブ一発録りの魅力が、良質なポップスのアルバムとして完璧に昇華されています。(ボーカルは、
まだ完成されていない感が無きにしも非ずですが)
メンバーは以下の通りです。
山下達郎:Lead Vocal & Electric Guitar
村上“PONTA”秀一:Drums
岡沢章:Bass
松木恒秀:Electric Guitar
坂本龍一:Keyboards
土岐英史:Alto Sax & Soprano Sax
伊集加代子:Background Vocals
吉田美奈子:Background Vocals and Fender Rhodes Piano in "Escape"
尾形道子:Background Vocals
アルバム用の完全新曲(#Disc1-2雨の女王、#Disc1-5Silhouette、#Disc2-1Escape)の他に、
ブレッド&バター、吉田美奈子、Ruby & the Romanticsのカヴァーや、前作Spacyからの曲、
シングル曲としてボツになってしまったPaper Doll(今では人気曲ですが)、一人アカペラの
Marieなども収録されており、良くバランスが取れていて、一瞬たりとも飽きさせません。
緊張感あふれるインプロビゼーションの応酬と、
完璧なリズムのコーラス・ワークを聴かせるポリリズム・ファンクのSolid Sliderも素晴らしい!
裏拍の強調された16ビートと変拍子(Sihouette)を楽々と叩きこなし、
鋭いシンバル・ワークと強弱自在のプレイで、フュージョンライクでありつつも、「黒さ」を
湛えたグルーヴを創出する村上秀一、
音数を極限まで絞り込んだカッティングとソロでミニマルなグルーヴを定位する松木恒秀のギター、
それとは対照的に、若々しいパワーに満ち溢れた打鍵で饒舌にテーマを提示する坂本のピアノ。
最高のプレーヤーの演奏が、六本木Pit Innという最高のライブ・ハウスで、
山下達郎という最高の指揮者の元、二度と再現されることのない壮絶な闘いを繰り広げた奇跡の記録。
ライブアルバムかくあるべし、というお手本となるべき作品だと思います。

ピンク・シャドウ

時よ

雨の女王

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/02/18(月) 00:48:47|
  2. 山下達郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(41)

Album: Spacy
Artist: 山下達郎
Genres: Pops
Love Space
spacy.jpg

来る9月26日(Wed)に、山下氏のオールタイムベストアルバムであるOpus All Time Best 1975〜2012
が発売されます。それにあやかり(?)山下氏第二弾です。彼のオリジナルアルバムの中でも、
コアなファンに特に評価が高いのが、本作Spacy(2nd,1977)です。Spacyというのは、
英語で「ぼうっとした、夢うつつの」とか、「自由な」という意味がありますね。また、
ある曲の音像を説明するのに、カタカナで「スペーシー」などと形容することもあります。
(空間的な音の広がりが感じられる、或いは音が宙を舞っているイメージ、と言えば分かりやすいでしょうか。)
それはともかく、今作の「山下達郎バンド」の編成も、恐るべき超一流メンバーが揃っていますよ。
ちょっと紹介すると、
村上“PONTA”秀一 : Drums
細野晴臣 : Bass
松木恒秀 : Electric Guitar
吉田美奈子 : Background Vocals
坂本龍一 : Acoustic Piano
という感じですね。ヤバすぎます(笑)。一転変わってB面では、山下氏一人で全ての楽器を演奏している楽曲も、いくつか収録されています。予算、尽きたんでしょうかね。
で、本曲Love Spaceは、細野氏(はっぴいえんど、YMO) の天才的なグルーブ感のベースプレイを
堪能できる傑作です。勿論、ライブの定番で、ベストアルバムにも収録されます。達郎曰く、「Stevie Wonderの Isn't She Lovelyのような作品を、ニューヨークっぽい感じで作りたかった」ということらしいですが、Stevie大好きな僕にとっては嬉しい発言です。思わずニヤリとしてしまいます。村上“PONTA”秀一の叩き出す特徴的なフィルインと、ビアノの印象的なフレーズに始まり展開される変則的なリズムの上を、「スペーシー」に舞うベースと、山下氏のカッティング。透明感のある吉田美奈子(ニューミュージックを代表するシンガーソングライターの一人)のコーラス。岡崎資夫のメロウなアルト・サックスのソロ。全てが奇跡的に噛み合って出来た佳曲ですね。35年前にこんなクールなポップスが日本にあった、という事実に只々驚くばかりです。必聴盤。

Love Space

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2012/12/25(火) 03:49:13|
  2. 山下達郎
  3. | コメント:2

今日の一枚(16)

Album: Circus Town
Artist: 山下達郎
Genres:Pops
Windy Lady

Circus Town

1976年。まだ日本の音楽界が演歌や歌謡曲と、フォークソングを中心に回っていたころ。
Jポップなど存在せず、「日本のロック」、「日本のフォーク」、と呼ばれていた時代。
当時としてはあまりにも時代の先を読み過ぎたために、僅か1枚のアルバムを残して解散した、
伝説のロックバンド、Sugar Babeのリーダー、山下達郎。都会的でクールなコード感と、
フィラデルフィアやシカゴのソウルを基調としたファンキーなリズム。
今から35年以上も前から今に至るまで、これ程までに洗練されたポップ・ミュージックを生み出す
人物はいただろうか?
彼が居なければ、今のJ ポップはあり得ない、と僕は思います。
彼の作品は、今後も少しずつ紹介していくつもりです。Circus Townは、
ソロ1stアルバムで、山下氏弱冠22歳の頃の作品です。
二十歳そこそこのミュージシャンとしては異例の海外レコーディング(NYC、LAにて)を敢行し、
当時超一流のスタジオミュージシャンを集めて作られた本作は、
ボーカルなど未熟な部分も見られながらも、既に非常に高い完成度を見せています。
チャーリー・カレロ氏による緻密なアレンジは、抜けが良く、重厚な音を生み出しています。
山下氏本人によるリマスタリングもあいまって、2012年の今聴いても全く古さを感じさせません。
リフを刻むファンキーでうねりまくるベースから始まる本曲は、
やはり滑らかで洒脱なGeorge Young氏のAlto Saxによるソロが聴きどころです。
ブラス隊の息の合った演奏と、バックに流れるストリングスの味付けも、
当時としては大変斬新なものですね。快作。

Windy Lady

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2012/12/23(日) 16:40:47|
  2. 山下達郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: