私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(149)

Album: Our Favorite Shop
Artist: The Style Council
Genres: AOR, Soul, Jazz, Funk, Pops

our favorite shop


1983年にイングランド、ロンドンで結成され、1990年に解散したポップス・ソウルユニット。
従来のDr. Feelgoodに代表されるようなガレージ・ロックのパンキッシュなサウンドに、
モータウン、スタックスにみられるソウル/R&Bのエッセンスを加えた独創的な音楽性で
絶大な支持を受けたThe Jamのリーダー、Paul Wellerが同バンド解散の後、
The Merton ParkasのキーボーディストであるMick Talbotと共に結成しました。
1985年作の2nd。全英アルバム・チャート1位を獲得しています。
楽曲の多様さ、演奏技術、アレンジの全てが非常に高いレベルで完成された本作は、
余りにも有名な1st Cafe Bleu(こちらはジャズやボサノヴァの影響が色濃く、
アコースティックでウォームな音色を特徴としています)と共に
グル―ヴィーなソフト・ロックの大名盤だと確信します。
本作はR&Bやソウル色が強く、どちらかというとリズム主導でよくまとまった印象を受けます。
特にSteve White(Dr)の、Style Councilがロックであることを決定する要因とも言える
へヴィ―かつタイトなドラミング(#4Internationalistsでのソリッドなプレイが心地よいです)と、
Mick Talbotのよく練られた煌びやかなキーボードの音色は
聴きどころだと思います。
#5A Stones Throw Awayを初めとして、ストリングスのアレンジも非常に繊細で細部まで
明瞭に聴き取ることができます。
隙のない鉄壁な演奏のお蔭か、PaulのボーカリゼーションもThe Jamのころよりも
朗々と歌っているように聴こえます。
洗練された楽曲とは裏腹に、歌詞の内容は時のサッチャー政権へのアンチテーゼに富んだもので、
歌詞カードも読む価値が大いにあると思います。
コーラスとボーカルで参加しているDee C. Leeの柔らかく艶やかで正確なピッチ感の
ボーカリゼーションも、バンドアンサンブルの中に緊張感を与えています。
#1Homebreakerでは街の喧騒のSEから始まり、スリリングなホーンをバックに
力の抜けたボーカリゼーション、Mickのクールなオルガンのソロも洒脱です。
ボサノヴァテイストの#2All Gone Awayでもポップになりすぎず、徐々にボルテージを
上げていきます。
ファンキーなベースラインがうねる#6Stand Up Comics Instructionsも、
弾きすぎないキーボードソロが強烈な存在感を放っています。
#10Lodgersはゴスペルライクな分厚いコーラスワークにファンク全開の太いベース、
グル―ヴィーなトーンのリードも冴えわたっています。
#11Luckではフィリー・ソウルへの意識を窺わせるようなメロウなボーカリゼーションが堪能できます。
某情報番組のテーマ・ソングとしても起用されていた
#15Shout To The Topはアルバムの最後に配置されています。
ストリングスのキャッチ―なリフが生み出す強烈な疾走感とグル―ヴィーなリズムの中に、
上級階層へのプロテストを高らかに宣言するという社会的なメッセージが詰め込まれている
言わずと知れた名曲です。
「スタイル評議会」の名の通り、ポップス、パンク・ロック、ニューウェーブ、ネオアコ、
ソウル、ファンク、ジャズ、R&Bと数多くの音楽のエッセンスが結晶化した、
ポップスが芯にあるべき姿を体現したかのようなアルバム。

Homebreaker (Live)

Internayionalists (Live @Melbourne, 18/8/1985)

The Lodgers

Shout To The Top

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/05/11(土) 02:13:49|
  2. The Style Council
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: