私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(170)

Album: Alter Native
Artist: Stevie Salas
Genres: Funk Rock, Heavy Metal

Alter Native


アメリカ、カリフォルニア州サンディエゴ出身のギタリスト、シンガーソングライター。
ネイティブ・アメリカンの血を引く。1964年生まれ。
1996年作の7th。P-Funk, ParliamentのリーダーであるGeorge Clintonに才能を見いだされ、
彼のソロアルバムであるR&B Skeletons in the Closet('86)にギタリストとして参加したことが
デビューのきっかけとなります。
基本的にはFenderのストラトかワッシュバーンのシグネチャーモデルを使用しています。
シングルコイルの音で、揺れ感のある歪みの音が特徴的です。
プレイスタイルとしては、真っ先にファンクの影響が挙げられると思います。
コード・カッティングの前のめりで攻撃的なグルーブが非常に印象的です。
音色自体はモダンなハードロックの歪みの音でありながら、
このドス黒いノリで一つ一つの音を鳴らしていて、一聴して彼と判る個性的なギタリストだと思います。
ソロではブルースの影響を色濃く残したペンタ中心のフレーズが多く、
歌心のある音使いです。
アドリブでは、ジャズ系のプレーヤーのように理論に乗っ取って
コード進行に合わせて弾くというより、感覚的に音を選んでいるようです。
本作ではStevie Salas (Vo, G), Melvin Brannon (B), Dave Abbruzzese (Dr, ex Pearl Jam)
の3ピース編成で演奏されており、肉体感と疾走感のあふれる演奏を堪能できます。
#1Break It Out(The Legend of Johnny Pverco)から荒々しいファンク・ロック色全開のバッキングに
引き締まったドラミングのハネたリズムが絡みついてテンション上がりっぱなしです。
#2Make Me Blankの如何にも70sのハード・ロック的なリフに粘っこいソロも素晴らしい!
他にも、ワウの絡んだ、揺れの大きいサイケデリックなトーンが印象的な#3Fear、
左チャンネルの、ガラスの弦を弾いているような、弾けるようなトーンのブルージーなリードが
キャッチ―な#4I'm Missing Youなど、ファンキーで熱い楽曲が続きます。
冒頭にアナログ・レコードのスクラッチ・ノイズが入る#6Hootchie Toadは、
ワウの掛かった荒々しいソロや鬼のようなカッティングにシャウトするボーカルと、
正に現代のJimi Hendrix"Crosstown Traffic"とでも言うべき無尽蔵のエネルギーが爆発しています。
アルバム後半部には、前作のBack From The Livingにはあまり収録されなかったような
バラード系の楽曲が収録されています。
ミドル・テンポのキャッチ―なロック・バラードの#7May God Bless Youや、
アコギのザクザクとしたリフに、メロトロンのジェット機の飛行音を模したような
スペイシーな空気を生み出す#8Alter Nativeがこれに当たります。
JBのようなクリーン・トーンのカッティングにホーンが重厚なグルーブを形成する
#11What Do I Have To Do Prove, My Love To Youも、お気に入りの曲の一つです。
声の歪んだエフェクトでさらにオールドなファンクの雰囲気を感じることができて
思わず体が動いてしまいます。
超絶なテクニックを持ちながら、ファンクの、頭をからっぽにして聴けるような分厚いグルーブや
ノリをこれほどまでに弾き出すことのできるギタリストは、彼をおいていないと思います。
大好きなギタリストの一人です。

Break it Out

May God Bless You

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/07/06(土) 18:09:24|
  2. Stevie Salas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。