私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(394)

Album: Blue Avenue
Artist: 花澤香菜
Genres: AOR, Soft Rock, Fusion

Blue Avenue

東京都出身の日本の声優、歌手。1989年生まれ。
細かいバイオグラフィーに関しては以前の記事を参考にしてください。

渋谷系の時代に活躍した作家と多く組んだネオアコ色の強い1stのClarie、
オルタナやパンクロック、R&B、ファンクなど振れ幅大きく多彩な曲を収録した
2ndの25に続いて、今作のテーマとなっているのは、一言でいえば
「70s後半~80sにかけてのアメリカ西海岸のソフトロック、アダルトコンテンポラリー、AOR、
フュージョン」ということになると思います。

レコーディングはロサンジェルスと国内で行われており、LA録音のトラックには
海外のベテランスタジオミュージシャンが数多く参加しています。
名前を挙げてみると、
海外勢では
Steve Jordan(Dr, Eric Clapton, Keith Richards, Neil Young, John Mayer Trio, ),
Will Lee(B, David Sanborn, Steely Dan, The Brecker Brothers, Billy Joel, Diana Ross,
Natalie Cole, 山下達郎, SMAP etc),
David Spinozza(G, James Taylor, Donny Hathaway, Paul McCartney, Billy Joel etc),
Rob Maunsey(Key, )など
なお、Steve Jordan, Will Leeのリズム隊は、Hiram Bullock(G), Clifford Carter(Key)を加えて
The 24th Street Bandという、80sにスタジオでのレコーディングを中心に活動していた
バンドのメンバーで、日本で特に大きな人気を誇っていました。
その他でも、このメンバーは(ギターのHiram Bullockは故人となってしまいましたが)
日本のアイドルグループ、SMAPの初期作品のバッキングでも参加したりしています。
国内では
佐野康夫(Dr)、河村智康(Dr)、後藤秀人(G)、千ヶ崎学(B,キリンジ)、奥田健介(G, Nona Reeves)、
北園みなみ(Key)など、
なお先行シングルの#6こきゅうとすでは相対性理論が参加しています。

#1I Love New Dayは、録音のキメの細かさが良く分かる、繊細で柔らかいコーラスは、
前作までの密室的な音づくり、メロディーはネオアコ感のある感じに仕上げていますが、
ホーンによるテーマをはじめとして、バンドサウンドはLAらしくカラッとしたフュージョンに
なっていて、変化を感じさせてくれます。Will Leeのベースソロから始まるソロ回しは
完全に24thStreetの音になっております。最高。
打ち込みによる4つ打ちキックとエレピによるコード提示、サスティーンの短いシンセベースが
サイバーな感じを演出しつつ、ストリングスを薄く効かせたハウス#2ほほ笑みモードに続いて、

一聴すると竹内まりやの曲かと思ってしまうようなイントロに思わずにやけてしまう
#3Nobody Knowsは、Steve Jordanのクローズハットが特徴的な鋭いキメを繰り返しながら、
メロディアスなWill Leeのベースラインはお馴染みといった感じで、
ファンキーなAOR~フュージョンという感じです。Wuritzerとクラビネットはアレンジを担当している
北園みなみが弾いております。サックスソロも軽く音数の多い
フュージョンライクなものとなっています。今の邦楽ポップスでは決して味わえない
芳醇なグルーブのある一曲。最高。

#5Traceは、Saigenjiのアコギによるアルペジオと生のチェロ、バイオリンの音を
フィーチャーした悲しげなバラードで、分厚く重ねられたコーラスはゴスペルライクです。

深呼吸する音から始まってうねるシンセとニューウェーブ色満載な中華メロディ、
淡々としたベースラインで静かに始まる異色な#6こきゅうとすは、
聴いた瞬間に相対性理論の曲と分かるトラックです。一段とロック色の強いドラムスは
サビで16のハットの刻み、シンプルなフィルで、浮遊感のある上物の中でソリッドな
サウンドを作り出しています。ブレスリーな歌唱も、やくしまるえつこの投げやり歌唱と
高い親和性があって、違和感なくあの無機質な感じを演出しています。お気に入り。

再びホーンアレンジに北園みなみを起用したスウィングジャズ風の#7Night And Dayは、
佐野康夫のタイトで輪郭がハッキリとしたドラムスと、千ヶ崎学によるウッドベースによる
リズム隊のグルーブが前面に打ち出された一曲となっています。フリーキーなサックスソロから
ピアノソロへと一気に爆音になっていきます。最高。
#8タップダンスがの音が聞こえてきたらは、ドゥーワップ的な一人多重録音によるコーラスと、
ニューオーリンズなピアノ、タップの音を組み合わせたインタールードです。これも良い。

#9We Are So In Loveは、冒頭、間奏にちりばめられたフュージョンライクな後藤秀人の
ギターソロが印象的な、アッパーな打ち込みポップス。ドラムベースはかなり生音に近く
作りこまれていて、サビ前からサビの展開はリフレインの多いトランス的なつくりになっているので、
本作の中ではかなりキャッチーな曲だと思います。後藤秀人のストラトの音は音域的に美味しい
中高音が綺麗に出ていて、端正で素晴らしいと思います。お気に入り。

カチッとした堅いグルーブを好む傾向にある北川勝利には珍しく、レゲエのルーズなリズムを
取り入れた打ち込みレゲエ、#10プールは、あえてギターのカッティングを使わず、
低音域でリフを弾かせておいて、ピアノで淡々とコードを弾かせることで、
彼女のボーカルの冷ややかな感じとよく合わせていると思います。
ハーモニカのオブリガートはStevie Wonderのそれのような感じでこれも最高のセンスです。

Swing Out SisterのAndy Cornellがプロデュースした#11Dream A Dreamは、
冒頭にこきゅうとすのテーマをリフレインさせながらポエトリーリーディングで始まっていきます。
ミュートの効いたホーンのオブリガート、高い音圧のシンセベース、テレキャスターと思われる
カッティングの音は80sのリゾートミュージック(≒シティポップス)を思わせます。
中塚武作編曲の#12マジカル・ファンタジー・ツアーは生のストリングスをフィーチャーしており、
今までのソロアルバムの空気を一番良く伝えていると思います。
と思わせておいて、途中でローファイな電子音を混ぜてきたりと工夫が凝らされています。

北川勝利と岩澤祐穂の名コンビによる先行シングルのバラード#13君がいなくちゃだめなんだは、
美麗なストリングスの音の波の中で、へヴィーなタム回し、カラッとしたスネアなど
音色巧みにグルーブを作り出す河村"カースケ"智康のドラムスが際立っています。
アルバムのタイトル通り、青色に関わる海やプールといった表現がそこかしこに
見られている岩澤祐穂の作詞もこの曲では非常にシンプルで、
透明なボーカルと完璧に合っています。最高。

ラストを飾る#14Blue Avenue を探しては、Nona Reevesの奥田健介と西寺郷太の二人による
作詞作曲編曲の一曲で、#1に勝るとも劣らない滑らかなAORに仕上がっています。
千ヶ崎学のベースラインはシンコペートしたリフを中心に組み立てていて、
全体としては80s以降の堅めのグルーブになっています。打ち込みドラムとしては
随所でのフィルなどリアルに作ってあって、#1にはない、爽やかさの中にどこか暗くて
湿度のあるトラックとなっています。

国内外と正に贅を尽くしたミュージシャンを起用して作られた本作は、
フュージョン、AOR界隈でももっと注目されてもいいと思います。
ただし、プロデュースは基本的に北川勝利が担当しているため、
完全なる西海岸のスタジオミュージシャンの音という感じではなく、
モダンで、ニューウェーブやネオアコを経由した音になっています。
曲によっては打ち込み然としたものもありますが、アルバムの中で
さほど違和感を出さずに、むしろ良い清涼剤的な役割を果たしていて、
発売当初は賛否両論であったらしい、こきゅうとすも、
アルバムでは音が調整されて上手く溶け込んでいると思います。

オルタナティブロック前景化から90年代以降日本のポップスで勢いを
失っていたフュージョン~AOR/ACの系統のポップスが、声優のソロ作品という形で
世に出されることになるとは、世の中何が起こるか分からないと思いました。
兎にも角にも、声優ファンとかアニメファン、などという括りで見ることなく、
誰が聴いても良質と分かる一作になっていると思います。傑作。

こきゅうとす

君がいなくちゃだめなんだ

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2015/06/28(日) 03:03:58|
  2. 花澤香菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今日の一枚(269)

Album: 25
Artist: 花澤香菜
Genres: Pops, Soft Rock

25.jpg


東京都出身の声優、歌手。1989年生まれ。ネオ渋谷系の関連作品として前作も当サイトで
紹介しましたが、1年ぶりに待望のニューアルバム発売ということで中身を見てみて
2枚組ということでまず驚きます。2014年作の2nd。今作のタイトルと収録曲数は、
彼女の現在の年齢から決められたらしく、また今回は多くの楽曲で作詞を岩里祐穂
(今井美樹、坂本真綾、中山美穂、布袋寅泰、他多数)が担当しており、彼女と相談しながら
自身の思い出や具体的なエピソードを歌詞に反映させて制作するなど、
作家指向の強かった前作からより内省的な作風を指向しているように感じます。
サウンドプロデュースは今作もRound Tableの北川勝利が担当しており、
渋谷系の香りが湧き立つ楽曲も多くありますが、前作よりもロックグルーブのある
オルタナやシューゲイザーっぽい音作りの曲やボーカルとサックスのみの楽曲、
R&Bっぽい打ち込み系のトラック、パンクロックなど、大きく変化が見られています。
彼女自身のボーカル表現はかなり成長が見られ、楽曲ごとに演じ分けるが
如く曲のイメージに合わせた歌唱ができていると思います。
前作に続いて非常に音質が良く、特に打ち込み系の音は輪郭がハッキリとした音で、
密室的な音像が彼女の耳元で囁くようなボーカルと完璧に嵌っていて最高です。
得意のポエトリーリーディングも素晴らしいです。
作家陣は、北川勝利の他にあのポスト渋谷系の伝説的なバンドであるCymbalsの矢野博康と沖井礼二、
Nona Reevesの奥田健介、カジヒデキ、中塚武、宮川弾など、40台前半の、90年代から活躍し続ける
凄腕のポップス作家達が今回もこぞって参加しています。
収録楽曲が多いため、掻い摘みつつ解説していきます。

[Disc1]
一人多重コーラスによるドゥーワップ風のイントロダクション#1バースデイから始まり、
軽やかなポップロック#2 25 Hours a Day、リバーブの掛かったスネアとブレイクビーツ風に
配置されたハイハットの作るグルーブに、入り組んだメロディを軽やかに歌っていく
#3Brand New Daysは矢野博康作のR&B風な一曲です。お気に入り。
北川勝利作編曲の先行シングル#4恋する惑星は、パーカッシブで疾走感のある
ストリングスのアレンジと、サビの泣きのあるメロディが王道ですが素晴らしいです。
ドラムスは軽めでフュージョンライクです。
#5マラソンは、前作には無かったようなロック的なダイナミクスのあるパワフルで手数の多い
ドラミングに、スペイシーな定位感のコーラスとギターのバッキングでオルタナっぽく
進行していきます。異色な一曲。西寺郷太と奥田健介のNona Reevesペア制作の
#6Yesterday Boyfriendは、打ち込みの生々しいトラックと、後半部のサックスソロが
印象的なメロウなR&Bに仕上がっています。
ピアノのベースリフがキャッチ―でブラスが前に出た#7無邪気なキミと真夏のメロディは、
アニソンっぽいメロディラインと打ち込みに、ぬくもりのあるブラスの音と好対照を成しています。
少し歪んだシンセベースによるベースラインと、声の加工を施した電子音やコーラスが
ニューウェーブっぽさを滲ませる#8Make A Defferenceは、サビのバックでウィスパーによる
コーラスが入っているあたりが上手く彼女のボーカルを活用していると思います。良曲。
沖井礼二作曲の#9旅立つ彼女と古い背表紙は、キラキラとしたSEとコーラスの作るポップな音像の中で、
ドライブ感のあるドラムスとメロディックなベースが際立ちます。ストリングスアレンジは長谷泰弘です。
左チャンネルを流れるカッティングがグルーブを支配する#10Summer Sunsetは、
メロ部分のフレーズのカッコ良さに思わず耳が行ってしまいます。
ポップスのバッキングで、ミュート加減を調節しつつ単音カッティングを絡めながらジャジーに
弾いていくようなフレーズは、個人的に大好物です。気持ち良いです。
アウトロのキーボードのロングソロソロのバックでトレモロするギターもまた良いです。
宮川弾作曲の#11同心円状のディスタンスは、随所にキュートな台詞が入ったりしつつ
ネオアコ風にまとめています。アコギのバッキングも生々しい音です。
間奏部分の電子音の配置で個性的に仕上がっていて面白いです。メロディも結構捻りがあります。

[Disc2]
宮川弾作曲の#1片思いが世界を救うは、相変わらず音の重ね方が多彩で面白いポップスに
仕上がっています。断片的に用いられたコーラスと、フォーキーなアコギの中で、
クランチのギターサウンドが映えています。
カジヒデキ作曲の#3パパ、アイ・ラブ・ユー!!は、16ビートの軽やかなカッティングと
フュージョン風のビートの中で、高音の煌びやかなトーンで入り組んだメロディを巧みに歌っていきます。
やはりコーラスの定位感は鳥肌もの。
高校時代から個人的に親交のある、声優の浅沼晋太郎が作詞を担当した#4Eeny, meeny, miny, moeは、
ドラムンベースなリズムトラックに、ディレイとリバーブの掛かったギターのバッキングは
シューゲイザー的です。サックスとボーカルのみの編成で録音されたインタールード#5粉雪を挟んで、
北川勝利には珍しい作風の爽やかなパンクロック#6Young Oh! Oh!は、ボーカルの声量の少なさを
感じさせない透明なコーラスアレンジで聴かせます。
一転してジャジーなクリーントーンのカッティングと、フィルの心地よいベースラインで
妖しく展開する#7曖昧な世界は、途中で何度かテンポチェンジが繰り返されており、
ドラムスのベロシティの変化も伴って曲に見事な起伏が付いています。お気に入り。
サックスソロが入ってからの展開も渋いです。
打ち込み然としたリズムに、スペイシーなキーボードや、単音リフとアコギのバッキング、
サックスの温かさのあるバックでメロウにアレンジされた#8真夜中の作戦会議は、
オクターブを絡めたギターソロが白眉です。これも素晴らしい。
Base Ball Bearの小出祐介提供した#10last concertは、ノイジーなディストーションギターが
ノイズのように流れる中で、ストリングスが緩やかに流れる中で歌い上げるボーカルが異色な一曲。
曲後半に長いポエトリーリーディングが入った#11花びらに続いて、
耳に残るシンセのリフで始まるテクノポップ的なニュアンスが漂う#12Good Conversationへと
繋がっていきます。
25曲どれをとってもそれぞれに個性とコンセプトがあり非常に濃密な内容ですが、
彼女の25年間の人生の場面場面を鮮やかに切り取りつつ詩的に構築する岩里祐穂の作詞と、
軽妙で洒脱であり、彼女の声を殺さない絶妙なアレンジを見せた北川勝利の功績は、
さらに評価されるべきものだと感じています。 

恋する惑星

Yesterday Boyfriend(CM)

Make A Difference

Official Youtube(CMサイズの試聴が出来るようになっています)

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/03/15(土) 22:10:54|
  2. 花澤香菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の一枚(178)

同人誌とゲームと音楽のにっこにっこブログ」への書下ろし 

Album: claire
Artist: 花澤香菜
Genres: Pops

clarie.jpg


日本、東京都出身の声優、歌手。1989年生まれ。2012年2月に歌手デビュー。
2013年作の1st。声優として数多くの優れた作品にかかわってきた彼女ですが、
歌手としてはまだキャリアも浅く音域やテクニックに長けているというわけではありませんが、
その柔らかく倍音の多い声質を最大限に活用した曲作りが行われていて、
とても魅力的な作品に仕上がっています。
本作も、彼女の熱烈なファンである友人の方から薦められて聴くに至りました。
まず注目すべきは、フレンチ・ポップスに影響を強く受けたような
「ネオ・アコースティック」テイストの楽曲が大半を占めているということでしょう。
言い方を変えれば、90sのリバイバルとも言えますし、「ネオ渋谷系」の作品と紹介しても、
違和感はそれほどないかと思います。
作家陣も、神前暁などのアニメ・ソング界隈で名の通った作家の他に、
沖井礼二、カジヒデキ、北川勝利(アレンジでも参加,Round Table)といった
渋谷系/ネオアコを代表する作家陣が楽曲制作に関わっています。
ただ、渋谷系とは言っても、上に挙げた作家たちがムーヴメントのちょうど終わりを告げるころ
(具体的には96~99年ごろかと思われます)にデビューしていることを考慮すれば、
渋谷系の遺伝子を受け継いだ現代のポップス、すなわち00年代の、
アンチテーゼとしての「シンガーソングライター的」なポップス
と対極にある90年代の「座付き作家的」ポップスの、10年代への応答と捉えることもできます。
アレンジも非常に緻密でモダンな音像であるため、90s的な部分を持ちながらも現代のポップスのアルバム
としてそれほど古臭さを感じることなくすんなり聴けると思います。
#1青い鳥は、繊細な高音を鳴らすストリングスにSEとして随所に取り入れられる鐘の音が、
ポップなメロディを歌う線の細く脱力したボーカルと非常に上手くバランスが取れています。
#2Just The Way You Areは、ハネたリズムトラックと、R&B的なシンセのリフワークがキャッチ―で
お気に入りの一曲です。スラップベースを配した太いベースラインや、
耳元で囁いているようなコーラスの定位もこの楽曲に理想的で素晴らしいアレンジだと思います。
#3初恋ノオトは、ソフト・ロックっぽいブラスの使い方と機械的なリズムが好対照をなしていて
洒脱なポップスになっています。
曲展開自体はよくあるものですが、やはりコーラスのミックスは鳥肌ものです。
#4ライブラリーで恋をして! は聴いた瞬間にカジヒデキとわかるコード進行の
アップテンポで爽やかな一曲ですね。アコギのストロークが流れ続けるバックで
多彩な音作りのシンセが曲を盛り上げています。
#5星空☆ディスティネーションは一転して90sとはいっても歌謡的な展開をきっちり守った
打ち込みアイドル・ポップス然とした良曲です。得意のウィスパー・ボイスを活用した
ボーカリゼーション、リズムを印象付けるコード・カッティングも重要な役割を果たしています。
#7melodyは抜けの良くファンキーなベースラインとチャキチャキとしたカッティング、
打ち込みのリズムが印象的な異色な一曲です。ダンサブルでクールなトラックと、アンニュイに
悪戯っぽく歌うボーカルが魅力的です。
#10シグナルは恋ゴコロはスウィンギ―なリズムに絡みつくブラスと染み込むようなコーラスワークで
聴かせるグル―ヴィーなポップス。
#11新しい世界の歌は手数の多い軽めのドラムスと、速いテンポで刻むピアノのリフが
疾走感を作り出しています。
#12眠るサカナは、アンビエントに散りばめられた電子音が空間的な広がりを感じるグルーブを定位する
マイナーなポップス。スネアのいかにも打ち込み然とした音色が楽曲全体に説得力を与えています。
#14happy endingsはアニメ「絶園のテンペスト」のエンディング曲として作られた曲ですが、
アレンジのおかげでそれほどアニメソング色は強くないです。サビの歌謡曲らしいメロは結構好きです。
ジャジーなピアノソロ・ホルンソロもいい仕事しています。
(本作の中では一番アニソン的と言っていいですが)
本盤に限らず、声優個人名義のアルバムは作家指向の強い作品が多く、
しかも作家はある程度自由が約束された状態で楽曲制作に打ち込めるため、
(特にアレンジ面で)思いのほか気合が入った作品になることもしばしばあります。
彼女に適切な作家たちを合わせたプロデューサーの技量に、
そして期待に見事に、軽やかに答えて見せた花澤さんの素晴らしい才能は、とても得難いものに違いない、
と私は思います。

初恋ノオト

星空☆ディスティネーション

新しい世界の歌

眠るサカナ

happy endings

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/08/03(土) 00:13:49|
  2. 花澤香菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: