私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(181)

Album: Relentless, Reckless Forever
Artist: Children Of Bodom
Genres: Melodic Death Metal

Relentless, Reckless Forever


フィンランド、ウーシマー州エスポー出身のメロディック・デスメタルバンド。1993年結成。
2011年作の7th。クラシカルでオーセンティックな北欧メタルを基礎として、
Alexi "Wildchild" Laiho(Vo)のデスヴォイスとタイトな演奏で、
荒々しいリフ展開と、キャッチ―で透明感のあるメロディ、
グル―ヴィーなベースラインと綺麗に歪んだ高音寄りのスクリームと、聴きやすくて楽しい良作を
生み出し続けています。今作も前作までと同じで多く路線変更したわけではないですが、
全体的に音の密度が高く、アレンジも分離が良くてごちゃごちゃしていないため、
よりギターリフの疾走感やメロディックさが際立って、ピロピロキーボードとギターの火が付くような
息つく間もないバトル、というよりはギター・オリエンテッドなスラッシュ・メタルの色が強い、
重心の低いグルーヴが素晴らしいです。
あまりにもポップすぎたりキラキラとし過ぎた音作りよりも、
こういった低音域の強い響くようなサウンドやグルーブ感も、チルボドの演奏力を考えれば
合っていると思いますし、この路線は誤りではなかったと思います。
#1Not My Funeralからノリノリで、ブラストというよりは重く疾走している感じです。
メロディは哀愁漂う如何にも北欧テイストなものになっています。
#2Shovel Knockoutは極悪なベースラインからブラストでパワフルに叩きまくりのドラムスが
聴き所でしょう。凶悪でありながら端正でシングアロングなスクリームがクールです。
ギターソロもメロディックでクサクサですね。良い曲です。盛り上がります。
#3Roundtrip to Hell and Backはミドルテンポのへヴィ―なタム回しと
大仰なシンセのバッキングが心地いい楽曲ですが、ライブで激しく叫べる箇所もあって良いですね。
ギターソロもエモーショナルで弾きすぎず完璧です。
へヴィ―なグルーブに満ちたドラムスとロングシャウトから始まる表題曲
#5Relentless Reckless Foreverは、スラッシーなリフとクラシカルなキーボードとの
ユニゾンが堪りません!
#6Uglyはツーバスドコドコしまくりのリズムにロングトーンの多いボーカルは本盤の中でも
一番難度の高いものと思われます。
タメのありメリハリのついたリズムの#7Cry of the Nihilistは、テクニカルなリフ、
ギターソロも良いですがその前のフィルが本当に格好良いですね。
#8Was It Worth It?はお馴染みのキーボードとギターの熱いソロバトルが聴きどころです。
今回のギターソロはハードロックっぽくブルージーで渋いです。
#9Northpole Throwdownは、キーボードのリフや刻みまくりのリズムギター、
ピックスクラッチや派手なアーム奏法など、典型的なメタル・ギターの激しい演奏がクールな
モダン・へヴィネスな一曲です。
疾走曲もそうでない曲も、それぞれに練られたリフとリズムワーク、メロディに
安定感抜群のボーカルで非常に高品位に、キャッチ―にまとまっています。
キャリア20年にもなる彼らの作品は、作風の変化も含めて、
いつでも安心して聴くことができます。本当に貴重な存在です。

Not My Funeral

Shovel Knockout

Roundtrip to Hell and Back

Ugly

Northpole Throwdown

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/08/05(月) 23:10:19|
  2. Children Of Bodom
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: