私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(195)

Album: Dedicated To You, But You Weren't Listening
Artist: The Keith Tippett Group
Genres: Jazz Rock, Progressive Rock

Dedicated To You, But You Werent Listening


イギリス西部、ブリストル出身のジャズピアニスト、作曲家。1947年生まれ。
1971年作の2nd。1969年にはKing Crimsonのキーボディストとしてレコーディングに参加し、
シングル、Cat Foodを含めて合計3つのアルバムでピアノ演奏を披露しています。
本作は、彼の作品の中でも最もよく知られた一枚と思われますが、
発売当時はほとんど評価されず、プレスされた枚数が少なかったようで、
一時は入手するのも大変難しく高値で取引される状態が続いていましたが、
今年の1月にリマスターののちCD化されて、ようやく一般にも手に入るようになりました。
イギリスにおけるフリー・ジャズの発展に重要な役割を果たしています。
本作は、知る人ぞ知るプログレッシブ・ロック/ジャズ・ロックバンドであるSoft Machineの
メンバーを招集し、制作されたハードなインプロビゼーションが炸裂した、
ジャズ・ロック寄りの作品に仕上げています。
68年から70年にかけてKeithのSixtetに参加していたElton Dean
(Sax, Elton Johnの名前の由来となった)のSoft Machine参加を受けて、
豪華なメンバーが集まったと考えられます。
Keithの存在を知ったのは、雑誌のジャズ批評「ジャズロックって何だろう?」の特集を読んで
本作の紹介を読んだことでした。
その時に本作のジャケットを見てあまりのカッコ良さに衝撃を受け、探し続けていました。
この雑誌をきっかけにWeather Reportも聴き始めたので、本当に雑誌の情報には助けられています。
というわけで、内容の説明に入っていきたいと思います。
難解そうなジャケットですが、演奏の内容としてはむしろ典型的なジャズ・ロックの
アルバムという感じです。
シャープで手数の多いトリプル・ドラムスと、基本的にはインプロでブロウしまくっているホーン、
そして音の隙間を埋めていくように
引き倒すエレキギターと、Keithの変態的なソロが異様な複雑さで絡み合って
クラクラするような疾走感のあるグルーブを作り出しています。
ベースラインやドラムのリズムのとり方を見ていると、所々にファンクっぽさが滲み出ているところも、
個人的には非常に好みの点です。
リマスターとステレオアレンジのおかげで分離がよく聴きやすい音になっています。嬉しい!
#1This Is What Happensは、Mark Charig(Cornet)とKeithの流麗で陽気なソロが聴き所の
ファンキーな一曲。
のっけから叩きまくりの激しいドラムスと動きの多いベースラインがジャズとは思えないドライブ感のある
グルーブを「炸裂!!!」させています。
#2Thoughts To Geoffは10分越えの大作主義な一曲。
疾走するウォーキングベースにアヴァンギャルトに吠えるNick Evensのトロンボーン、
Gary Boyle(G)の、クリーントーンで刻まれる奇怪で浮遊感のあるフレージング、
そして6分ごろから始まるKeithの狂気を感じるソロが凄まじいです。
開いた口が塞がらないフレーズとしか言いようがありません。
こういう音楽こそ即興音楽と呼ぶのでしょう。
火花が散るような、とは正にこの曲を指して言っているようであります。
#3Green And Orange Night Parkは、コルトレーンのようなフレーズを吹くEltonのサックスに
リードされるスロウテンポなパートから始まり、テーマに向かって徐々にテンポアップしていきます。
テーマ前のドラムスのフィルは鳥肌ものです。ベースラインも朗々と歌うようなフレーズで面白いです。
#4Gridal Suiteは譜面にしたら真っ黒になってしまうであろうドラムスの激しいぶつかり合いにより、
絶え間なく水の流れる滝のようなリズムをバックにして、謎のノリで
(どうしてこのリズムに乗れるんだろうか…)引き倒すベースとホーンセクション。
何度聴いても「理解」はできませんが不気味な気持ちになる不思議な曲です。
#5Five After Dawnは当時流行していたサイケデリック・ロックの影響を感じる音使いのホーンや、
人の声や金属音のようなSE、パーカッションを巧みに取り入れてリズムに多方向の奥行きを出すような、
いわゆるノイズ・ミュージックの奔りのような手法が取り入れられていて、
非常に興味深く、おそらく本作の中でも最も聴き手を選ぶであろう一曲。勿論私は大好きです。
#7Black Horseは、一転して陽気なジャズ・ロックという感じで、
エレクトリック・ピアノのリフと、リードギターのブルージーなソロがロックンローラーにも
堪らない、ジャズとロックの最高のフュージョン。ギターソロはここぞとばかりに弾き倒しています。
トロンボーンも相変わらずバンドの音を引っ張っているようでいい仕事しています。
即興音楽として難解な部分もあるとはいえ、
全般的に伸び伸びとして安定感のある演奏で、陽気でハイテンションな楽曲ばかり収録されているため、
ジャズロックに初めてどっぷり浸かるのに最高のアルバムだと思います。
熱い!熱過ぎる名盤!!!

This Is What Happens

Thoughts To Geoff

Green And Orange Night Park

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/09/16(月) 15:26:24|
  2. The Keith Tippett Group
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: