私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(240)

Album: 演出家出演
Artist: パスピエ
Genres: Pop Rock, Pops

演出家出演


2009年に結成された日本のポップ・ロックバンド。2013年作の1stフルアルバム。
東京芸術大学でピアニストになるためクラシックを学んでいた成田ハネダ(Key, 作曲)を中心として
結成されて以来、下北沢のライブハウスを中心として精力的にライブ活動を行い、
2012年にワーナー・ミュージック・ジャパンからメジャーデビューを果たします。
ボーカル担当の大胡田なつきは作詞の他に、アルバムやホームページのアートワークを
手掛けており、音楽以外の要素でのファン層獲得に一役買っているようです。
彼らについては、Twitterでフォローさせて頂いている方やリンク先のブロガー様の
記事を読んで興味を持ったという経緯があります。
大胡田なつき(Vo)の声質や音作りからして、やくしまるえつこ率いるロックバンドの相対性理論と
比較されることが多いですが、成田自身がコンセプトとしている、
印象主義音楽とニューウェーブ、テクノ・ポップとの融合を試みた楽曲を、
バンドによるアレンジでポップ・ロックに昇華していると捉えられるでしょう。
演奏面では成田ハネダ(Key)の演奏力の高さや音色の多彩さは特筆すべきものがあり、
リズム隊も安定感がありながらフュージョンっぽい軽快さを備えており、
ライブでのアンサンブルも堅いようです。
#1S.Sは、堅めのスネアと音数の多くスラップを絡めた饒舌なベースラインの作る
ソリッドなグルーブに対して、まくしたてるようにメロディを歌う、
甘く浮遊感のある大胡田のボーカルが対照的で、一気に引き込まれます。
シンセは一曲目から極めて自由にフレージングしていて個性的です。お気に入り。
#2名前のない鳥は、左チャンネルを流れる透き通ったギターと、忙しないピアノが派手に鳴る中で、
ノートベンド入った幼げなサビや伸びやかなハイトーンで様々な表情を見せる
ボーカルも聴き飽きないようなトーンマニュピュレーションがされています。
#3フィーバーはイントロから入るシンセの奇怪なリフにプログレっぽさを匂わせながら、
ローファイなギターの刻みと、わざとらしいサビ前のキメといい、
メロディの捻くれ具合と言い、この曲を聴いて只者ではないと感じました。
ギターソロはクサクサですがそれもまた良いです。
#4シネマは四つ打ちのバスドラムと、サウンド全体を包むようなオルガンが際立って聴こえますが、
アルペジオを絡めながらのギターのフレージングは如何にも相対性理論の曲にありそうです。
#5On The Airは、ゆったりとしたイントロからクランチのカッティングと突っ込み気味のベースが
心地よい疾走感を生み出すポップな一曲です。
キラキラしたシンセは弾きすぎずゆったりしたタイム感を残していてこれも良い。
続いて#6くだらないことばかりは、囁くようなコーラスの生々しさと、
脱力した歌唱の柔らかいスローテンポなロックバラードです。
#7デ・ジャヴは、クランチのジャリジャリした音作りやカッティングと、
太いベースの音色、イントロのコード進行から東京事変を意識したようなジャジーな
サウンドに仕上がっています。ボーカルのトーンも若干意識しているのか音域的に椎名林檎っぽく
聴こえるだけなのかは分かりません。
サビでトレモロするギターや短いリフを繰り返すキーボードが個性的です。
#8はいからさんは、如何にも彼らの楽曲らしいメロディラインに意味不明な歌詞を載せ
パンキッシュなドラミングとトレブリーで金属的な音色のリズムギターは歯切れの良いカッティングで
良い仕事しています。ソロは癖が出まくりという感じです。
#9△は、イントロからファンキーなシンセのフレージングと細かいシンバルの刻みが作る
グルーブがあり、キメも複雑で演奏難度は高いと思います。歌詞も言葉数が多く入り組んでいます。
#10ワールドエンドは、ストリングスのように壮大に広がるシンセのバッキングと
透き通ったコーラスワークが印象的ですが、リズム隊は非常にタイトでドラムスは手数が多く
荒くカッティングするクランチの音も綺麗です。淋しげな歌詞も素晴らしい。
#11カーニバルは、ローファイなギターをバックにして始まり、徐々にワウの掛かった
キーボードとへヴィーに叩くドラムスの疾走するパートから、
ロングトーンを起点にしてシンフォニーのテーマのようなフレーズをシンセで弾く勇壮なパートに
なり、(交響曲のような壮大さ)またドラムの手数が増えていきながらも、先ほどのテーマを弾く
キーボードが前に出て来て終わっていくという非常に展開の多い大作です。
どの楽曲もメロディーがキャッチーで、かつ良く練られた構成になっていて、
メンバーそれぞれが影響を受けてきた音楽の空気が見事なバランスで
フュージョンしているように感じます。
歌唱もスタイルを意識した表情、抑揚に富んだもので巧みだと思いますし、
リズム隊も堅い演奏でグルーブもあります。
特徴的なジャケットイラストや、あまり顔出ししないバンドのコンセプト、
そして大胡田の声質やボーカルスタイルで色物に見られるかもしれない不安はありますが、
演奏力は高く、音楽性も非常に興味深いことをしているバンドだと思います。
彼らは現代日本のロックシーンを変えるバンドになるかもしれないと、密かに思っています。

S.S

フィーバー

シネマ

はいからさん

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/12/24(火) 15:10:54|
  2. パスピエ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: