私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(244)

Album: Soulrider
Artist: Glen Scott
Genres: Neo Soul, Soul, R&B, Funk

Soulrider.jpg


ロンドン出身のジャマイカ系移民二世のシンガーソングライター、マルチプレーヤー。
1973年生まれ。2002年作の2nd。99年にソニーからデビューを果たし、
00年代前半のいわゆるネオソウルムーブメントで注目を集めたシンガーソングライターです。
D'Angeloが鮮烈なヒットを生み出していた当時に、彼よりも温かみのあるオーガニックな
ソウルを指向しながらも、StevieやCurtisのような70sソウルのギラギラしたファンクネスとは
また違った独特な味わいを感じさせてくれます。
ソングライターとしてだけでなく、キーボーディストやバックコーラスとしても
UKソウル界隈で活躍しているようです。
今作でも1stと同様に、作詞作曲編曲に加えて全ての楽器を一人で演奏し、録音されています。
ボーカルは当時流行のウィスパーやファルセットを多用したような柔らかいものではなく、
泥臭さや暖かみのあるチェストが印象的です。
ジャジーヒップホップやクラブミュージック風の香りを漂わせるあたりが、
UKのソウルらしく洗練されたトラックに仕上がっています。
#1Do Somethingは、気怠くスペイシーなコーラスとハネるキーボードのフレージングが
印象的なノスタルジックな一曲。チャキチャキしたカッティングも良い。
打ち込み然としたリズムがモダンな雰囲気を漂わせています。
アウトロのボイスヴォコーダーの使い方は少し90sっぽさを感じます。
ダンサブルなリズムとシンセベースの作るトラックにキャッチ―なメロディが乗る
現代的でソリッドなR&Bの#2Lucky DayはサビでのAlaniの甘いコーラスが素晴らしい。
電子音とスクラッチが空間を占めるアウトロからシームレスに繋がる
ジャジーな#3I Want Itは、密室的に配置されたコーラスとサビのリフレインが頭に残ります。
サウンドコラージュとスクラッチが味付けする#5See U Againは、特にサビの
進行やメロディはオーガニックなソウルのそれになっていて懐かしさもあると思います。
太くシンプルなベースラインも存在感があります。
後半にかけてエモーショナルになっていくボーカリゼーションが最高です。
エフェクトが掛かって音が割れたり揺れたりするアレンジが洒脱です。
#6Sundazeblewはイギリスのフォーク系シンガーソングライターである
Nick Drakeの名前が出てくる複雑な含意を感じる歌詞と、
ハモンドのファンキーなバッキングに悲痛なファルセットのコーラスが説得力を与えます。
これもお気に入りです。
ラップを中心にして展開される短い#7 70's Childは、左右に定位されたコーラスが
生々しいです。歌詞はいたってシンプルです。
#9Simple Manは揺らめくようにして音量の変わっていき、次第に大きくなってくる
ゴスペルライクなコーラスとウネウネした電子音が浮遊感を作る不思議な一曲。
#10Burning Incenseは、街の雑踏のSEが入りアコギの鳴るパートと
ストリングスの幻想的なパートが対照的で社会に疲れた男の独白のような歌詞も秀逸です。
レゲエっぽいノリで緩いグルーブのある#Riziaを挟んで、
キーボーディストとしての実力を如何なく発揮したインストのジャズ・ファンク
#11Soul Riderで締めくくります。シークレットトラック扱いで
最後の3分間ほどはアコギ弾き語りにコーラスを加えたWastin' Timeが収録されています。
一人で録音、制作を行っているからこその内省的な歌詞や密室的なアレンジが、
心地よく彼の頭の中で鳴っている音をそのまま聴いているかのような感覚に浸らせてくれます。
もっとヒットしても良い才能の持ち主だと、筆者は思っております。
00年代ネオソウルの隠れた名盤。

Lucky Day

70's Child

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/01/14(火) 23:53:07|
  2. Glen Scott
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: