私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(250)

Album: Hell's Kitchen
Artist: Ming+FS
Genres: Electronica, House, Breakbeats, Hip Hop, R&B

Hells Kitchen


本名はAaron Albano(MING)。アメリカ、ニューヨーク、ロングアイランド出身の音楽プロデューサー、
DJ、作曲家。1972年生まれ。90年代後半に、Z-Trip, DJ Spooky, DJ Crazeなどと並んで、
アメリカのハウスやドラムンベース界隈でその名が知られるようになり、
現在ではアメリカの有名テレビ番組やドラマのBGM,CMソングを作曲
(ドラマではCSI: NY, CSI: Miami, Sex and the Cityなど、CMでは日産自動車やバーガーキング
が知られています)したり、若手のアーティストの発掘にも
積極的に関わりながら、活発に活動しています。
初期はMing+FSというデュオで活動しており、ブレイクビーツによるリズム構成を基礎としながら、
ハウスやR&B,ヒップホップを取り入れた実験的な音楽性を有していました。
専門誌では彼らの音楽性を指してjunkyardと呼ばれていたようです。1999年作の1st。
表題曲の#1Hell's Kitchenは、台詞主体に進行する前半部から、
忙しないブレイクビーツとスクラッチのパートを経て複雑にパーカッションが鳴る中間部を経て、
メインテーマで終わっていきます。
#2U NI SON Feauring BLESTeNATIONは、うねるようなエフェクトの掛けられた、
極めて入り組んだラップと、ピコピコしたシンセがクネクネしたグルーブを作っていきます。
後半の3分間に差し掛かると、歪みが掛かりローファイなスネアの音と、
シンセベースがひたすら繰り返され、腰に来るグルーブがあります。
#3CLS Featuring Mack & Youngbloodは、非常に軽いスネアの作るリズムに
不気味に蠢くベースと昔のプッシュ式電話機のボタンの音のようなシンセが耳に残ります。
#4Brain Dead Amphibian Twinsは、超絶テクニックのターンテーブルが楽しめます。
途中でメタリックなギターリフが入ってきたり、アンビエントな電子音やインベーダーゲームの
ようなSEが入ってきたり、得意のブレイクビーツが炸裂したりと、かなりハチャメチャ
ですが不思議と一貫したグルーブがあるとても面白い一曲です。お気に入り。
#6Electro Space Modulatorは、女性が電話で話すような声が左右に振り分けてありながら、
ご機嫌なベースのリフでゴリゴリと押す冒頭、2分30秒くらいから歪んだスネアが入った
パートがあり、幻想的なピアノのパートを挟んで、インドの香りが漂うシンセをバックにして、
最後は留守電になって終わります。
ピアノループが入ったジャジーヒップホップに高速ドラムンベースが絡みつく
#7Family Featuring Werdplayは、Robert Glasperが出していても全くおかしくない音像だと
思います。こちらはジャズ色は希薄ですが、かなり先進的な一曲だと思います。最高。
#8The D&B Beat Boxはボイスパーカッションによる短いインタールードです。
#10 80 Watt Parkerは、背ハットの刻みと、浮遊感のあるキーボードがテーマをメロディックに
奏でていて聴きやすいです。こういう静謐でアンビエントな曲でも、
ベースの音は太く、キックやスネアの音もドライブ感があってギラギラしていて、
個人的にはとても好みの音です。ジャコみたいなコンプの強めにかかった音の
ベースソロも歌心があって、心地の良い音です。これも良曲。
#11Bonus Roundは、モータウンっぽい空気を感じさせるキーボードのループと、
高速スクラッチでファンキーな冒頭部からスタティックになったかと思いきや
徐々に堅めのドラムが強さを増していき、シームレスにトレブリーなカッティングと
キーボードが流麗にフレージングしていきます。
#13Hijack The Disco Featuring TC Izlamは、サックスの吹くフュージョン風のメロディを
中心として、音の隙間を縫うようにしてターンテーブルとタイトルを囁くヴォイスがリフレインします。
ジャジー・ヒップホップやエレクトロニカ、ファンク、ソウルと様々な音楽からの影響が
融合していますが、どの曲もブレイクビーツやプログラムで作られたリズムや
ベースラインが非常にくっきりとしているので、ハウス的な側面が強い作品と捉えられる
でしょう。リズムコンシャスな電子音楽の好きな方ならきっと嵌れる作品だと思います。
ハウスの愛聴盤です。

Brain Dead Amphibian Twins

Family feat. Werdplay

Hijack The Disco

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/01/28(火) 00:47:41|
  2. Ming + FS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: