私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(280)

Album: Spanking Hour
Artist: Freak Kitchen
Genres: Progressive Metal, Hard Rock, Heavy Metal

Spanking Hour


スウェーデン、ヨーテボリ・ブーヒュース県ヨーテボリ出身のハードロック、
プログレッシブメタルバンド。1992年結成。1996年作の2nd。
北欧出身のプログレッシブメタルバンドとして名の通った彼らですが、本作はメンバーが交代する
前の作品で、Mattias "IA" Eklundh(Vo,G)のテクニカルなギタープレイと、
楽曲に垣間見えるジャズやボサノヴァの影響が見受けられるコード感のある楽曲や、
ポップでキャッチ―な歌メロの楽曲を持つもの、シンプルなハードロックの強いビート感のもの、
Extremeに代表されるようなファンキーなノリのもの、
ゴリゴリしたリフで一気に聴かせる楽曲などがバランスよく配置されており、
随所に出てくる変拍子やポリリズムを効果的に用いたリズムワークはプログレ的とも言えますが、
楽曲はさほど長くは無く、すっきりと聴ききれるものが多いです。
3ピースでありながらサウンドの分厚さはそれをあまり感じさせません。
ギターのMattiasは、奏法として水道のホースを蛇口に留めるための金具を用いて
スライドギターのように弾くホースクリップ奏法を始めとする特殊奏法を用いたり、
ギターのジャックをラジカセに繋いで音を出すことで歪ませるといったような
(本作でも用いられています)、かなり創意工夫に富んだ音作りがなされていて面白いです。
ラジカセによるこの暴力的な歪みの音は意外や意外、とても自然でサウンドに溶け込んでいます。
ハードロックの定番でもあるハーモニクスとアーミングを組み合わせた奏法も得意で、
さながらSteve Vaiのようでもあります。
速弾きのフレーズは派手な両手タッピングを絡めたものが印象的で、
飛び道具的に使われることが多く、バッキングも通常のハードロックに見られる
パワーコードでのリフよりもテンションを含んだコードでのバッキングを多用しているようで、
歪んでいてもかなりジャジーなハーモニーや、エスニックな香りのするソロを
入れてきたり、不協和音の効果的な活用と、引き出しの多さを感じさせるプレイだと思います。
これほどまでのテクニックや難解なフレージングを見せながら、それをミスなく弾きこなし、
さらに音程差のあるフレーズや息の長いフレーズでもメロディアスに聴かせてしまうセンスは
恐ろしいものがあると思います。
彼らを代表する一曲のハードロック色の強い#1Walls Of Stupidityは、冒頭から始まる
太く、歪んだカッティングが心地良い音をしています。
コードも9th系のテンションがあってこれが良いです。
ミュートの弦がこすれる音が個人的には大好きです。
如何にもハイパワーのピックアップの音と言う感じで、ハーモニクスの巧みなコントロールや、
不思議なソロも個性が出まくっていて最高です。残り一分で緩急を付けながら
テンポアップして盛り上がっていく展開も、一曲目にして早くもクライマックスです。
#2Haw, Haw, Hawは、前半のスラッシーなリフとキャッチ―なサビの対比、
分厚いタムの創り出すへヴィ―なグルーブが駆け巡る肉体的な一曲。
高速フルピッキングが冴えわたるソロもまた緊張感満載です。
イントロのキャッチ―なリフで掴まれる#3Jerkも、歪んでいながらコードのヴォイジングが
非常に粒だっていて美しいです。
このクオリティで歌いながら弾いているというのは信じられません…
ソロでは激しさを極めるピロピロなタッピングをひたすら聴かせてくれます。
ホント良い音です。これもお気に入りです。ソロ後の盛り上げ方も上手い。
#4Taste My Fistは、変拍子の絡んだリフを軽やかに弾きこなしていきながら、
テンポチェンジを効果的に挟んで聴き手を攪乱していきます。
これも演奏難度は極めて高い一曲だと思います。またこのソロの音遣いも不思議です。
トレブリーなカッティングと、ベースラインが際立つすっきりとしたオケで、
軽めのドラムスが作るグルーブが少し異質な#5Burning Bridgesは、柔らかいファルセットの絡んだ
サビでの歌唱やそのバックでのジャジーなChristian Grönlund(B)のフレージングが堪りません。
#6Inner Revolutionは、ラテンっぽいノリのサンバ・キックが作るリズムに、
囁くような低音のコーラスで怪しく進行し、轟音のギターが入ってくる、
これもとても個性的な一曲です。ドラムの作るジャングルビートの中で、
スラップベースが出てきたりと、歪んだギターの鳴るメタルの音像でありながら、
こうしたリズムが嵌っているのは本当に面白いです。
冒頭からメタルっぽくない進行の表題曲#8Spanking Hourは、サビメロの響きが一風変わっていて
面白いです。ソロはブルージーな香りが湧き立ちます。
重々しく始まっていきミュートの効いておりピッキングハーモニクスのコントロールが耳に残る
バッキングの#9Proud To Be Plasticのソロは本作の中でも一番好きかもしれません。
このHoldsworthともつかぬフュージョンっぽいアウト感が堪りません。
バックで少しお茶目にスキャットしていたりするのも気になります。
ラストを飾るバラードの#11The Bitter Seasonは、重厚なJoakim Sjöbergのタム回しをバックにして
静かに進行していきます。ギターリフは変拍子でありながら、キャッチ―で
あまりそれを感じさせない曲だと思います。
どの楽曲にもメタリックなリフや重いリズムがありながらも、メロディーはキャッチ―で、
コードワークやリズムワークには様々なジャンルからのミクスチャーがあって興味深い、という
どの角度から見ても文句のつけようのないプログレッシブメタルの傑作だと思います。

Walls Of Stupidity

Jerk

Taste My Fist

Inner Revolution

Proud To Be Plastic

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/04/07(月) 23:59:32|
  2. Freak Kitchen
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。