私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(292)

Album: Mini Skirt
Artist: カジヒデキ
Genres: Pops, Folk

Mini Skirt


千葉県、富津市出身の日本の音楽プロデューサー、シンガーソングライター。本名は加地秀基。
1967年生まれ。小山田圭吾、小沢健二の二人を中心として結成され、渋谷系を代表するユニット
であったフリッパーズ・ギターの前身であるロリポップ・ソニックのライブを見たことを
きっかけにして、ブリッジというバンドを結成します。小山田圭吾の運営していたレーベルである
Trattoria(カヒミ・カリィ、コーデュロイ、ROVO, ルミナス・オレンジなど多数の
ミュージシャンがここから作品をリリースしています。)から数作品をリリースした後、
バンドは解散し、1996年にソロデビューを果たします。
その後の活動では、2008年のデトロイト・メタル・シティでエンディングテーマを
プロデュースしたことなどが知られているかと思います。
他のアーティストへの曲提供では、花澤香菜の1st(詳細は花澤香菜の項を参照)やChocolat、
加藤紀子、HIROMIX、フェイ・ウォンといった役者、モデルやタレントとして
活動する傍ら音楽活動を行う女性アーティストへの楽曲提供が目立ちます。
2008年からは自身のイベントであるBlue Boys Clubでの活動や、
2009年にはSummer Sonic, 2010年にはフジロックフェスティバルに出演するなど、
近年再び活動が活発になっています。
音楽性としては、渋谷系の中でも一口で言えばネオアコースティックやギターポップ寄り
ということになるのでしょうが、もう少し深く言えば、彼のサウンドの重要な基盤となっているのは
90年代中盤ごろからBonnie Pinkのプロデュースでも知られるスウェーデン人のプロデューサー
であるTore Johanssonのサウンド、すなわちスウェディッシュ・ポップであろうと思います。
或いは、ブリッジ時代にはジャズ寄りのハーモニー構成の楽曲もあるなど、
ニューウェーブの精神性とフォークの生々しく爽やかな音像の中にも、
60年代的なソフトロックに見られたような練られた構造の楽曲が多い印象があります。
1997年作の1st。
テレビCMにも起用された#1La Borum-My Bloom Is Me-は、Yoshieの性急なドラミングと、
ぶりぶりとしたベースに対して、小山田圭吾によるコーラスの作るハーモニーと甘くて
青さの残ったトーン歌のメロディはかなり捻くれていて面白いです。
ロングトーンで絞り出すように歌っているのも味があって良い。
広末涼子の出演したDocomoのポケットベルのCMソングとして知られる彼の代表曲である
#2Muscatは、軽く疾走感のある16ビートと、オルタナっぽい響きがあるASHの歪んだギターの
バッキングでロックグルーブがあります。長いトランペットソロがあってアコースティックな
サウンドに落とし込んでいます。良曲。
シームレスに続く#3"Baby Baby, Me Me Me"は、サビのコーラスワークの
緩やかさやビブラフォンの音の丸さが心地良いです。アコギのストロークで巧みにリズムチェンジを
繰り返してゆったりとしたグルーブを作ります。
饒舌なハープシコードとハーモニカで聴かせる#4Forever Youngから、
ジャジーなギターリフから一転してPer Sundingの太いベースラインとパーカッシブなシンセ、
Patrik Bartoschのカッティングが不思議な調和を見せる#5Tokyo To Londonの流れはお気に入り。
短いインストの#6Lipstereoは、より一層肉体的なサウンドになってファンキーな一曲。
前のめりなドラムスにシンプルなリフレインを弾くアコギが対照的な
#7ウィークエンダーズは、サビメロの捻くれ具合に彼の個性が出ています。
Ivan BakranのうねりのあるRhodesの音が長いソロを取るサイケデリックなトラックに、
歌謡っぽさを湛えたポップなメロディの乗せられた#8Heartも面白い。
Rasmus Kihlbergのドラムス以外は全てTore Johanssonによる打ち込みの
#10You And Me Song(For Kinks)は、フェイザーを掛けたギターソロの音づかいなんてのは
彼のセンスを感じます。
後半の大仰なサビのキメと言い空気に少しナイアガラを感じる#11Eggstoneは、
切なさのあるコード感の中にロック色の強いダイナミックなリズム隊が絡みついていて最高です。
のんびりとした手拍子の入った#13Siestaは、気怠いボーカルと枯れたカッティングが鳴り渡ります。
流麗なストリングスが印象的なクライマックス#14Green Ramberに続いて、
スウィンギーなリズムとブライトなピアノのイントロから始まる
#15Here Is Our Street!!!は、鼻にかかったようなボーカルのトーンで歌われる意味不明なようで
興味深い歌詞を歌っていてそちらが気になってしまいます。
左チャンネルを流れる流麗なピアノソロから、徐々にアンビエントなシンセが前に出てくる
アレンジが少し不気味な空気を醸し出しています。
全体的にすっきりと聴けてしまうポップネスがありながらも、その中身やアレンジには
周到な工夫が張り巡らされていて、共同プロデューサーとしてのTore Johanssonの
働きも素晴らしいものがあると思います。
時代に左右されない良質で洒脱な、日本製スウェディッシュ・ポップス。

La Borum-My Bloom Is Me-

Tokyo To London

Eggstone

Here Is Our Street!!!

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/05/11(日) 23:41:48|
  2. カジヒデキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: