私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(297)

Album: Needless Freaking
Artist: Dwayne Ford
Genres: Soft Rock, AOR

Needless Freaking


カナダ、アルバータ州エドモントン出身のシンガーソングライター、キーボーディスト。
1953年生まれ。両親はアメリカ人で、カナダとアメリカの二重国籍を所持しています。
1980年代には、同郷のDavid Fosterとの繋がりから、Foster自身のプロデュースにより
TOTOのメンバーとのレコーディングを始めとして、アメリカン・プログレハード寄りの
優れたソフトロックの作品を世に送り出しています。
自身のバンドであるBearfootではJUNO Awardを受賞しており、プロデューサーとしては、
以前妻であったPasty GallantのミリオンヒットシングルとなったFrom New York To L.A.を
プロデュースするなど、縦横無尽の活躍を見せていました。
80年代から2000年まではカリフォルニア、2000年からは故郷エドモントンに住んでいた彼ですが、
近年は再びカリフォルニアに移住し、映画音楽のスコア作成や、ドキュメンタリー番組、
スポーツ番組、CM音楽などのアメリカ国内のテレビ番組の音楽制作を中心として活動を続けています。
自身とBearfootの名義による作品は5作品に留まる彼ですが、1981年作のこの1stソロアルバムは、
隠れた名盤としてAORファンの間でも評価の高い作品だと思います。
プロデュースは殆どが彼自身とDavid Fosterによるものですが、一部は
Ken Friesen(#6,#7)が行っています。レコーディングには、Mike & Jeff & SteveのPorcaro兄弟を
中心として結成された、当時のLAを代表する超一流スタジオミュージシャン集団であるTOTOの
メンバーで、Mike Porcaro(B), Jeff Porcaro(Dr), Steve Lukather(G)が参加しています。
(当時はちょうどアルバムHydraのレコーディングが行われていた時期に当たります)
それに、Foster自身によるキーボード、彼と人気を二分するプロデューサーであるJay Graydonの
ギターという、正に最強、非の打ち所のないメンバーとなっています。
その他にも、最近では日本のメタルコアバンドであるcoldrainや、Paramore, In Flames,
Papa Roach, As I Lay Dyingなどのプロデュースで知られる若き日のDavid Bendeth(G)や、
Kenny Loggins, Hall & Oates, 松任谷由美のバックで叩いていたMike Baird(Dr)、
同じく松任谷由美に加えてQuincy JonesやAl Jarreau, Barbra Streisandのバックで弾いていた
Neil Stubenhaus(B)など、名の通ったスタジオミュージシャンを起用しています。
アルバムのうち2曲(#6, 7)はFosterのプロデュースではなく、アルバム制作の全権を握れなかった
彼は満足いかなかったらしく、クレジットに名前を乗せることに反対したという逸話もあるようです。
これほどの完成度と演奏を見せていながら、本作はアメリカ国内ではリリースされず、
カナダ国内でもそれなりの売り上げだったというから驚きです。
Jeff Porcaro(Dr)の最も得意とするシャッフルのグルーブと、あの鳥肌が立つようなフィルを
ビシビシ決めてくる#1Lovin' and Losin' Youは、David FosterのRhodesのイントロリフに、
Steve Lukatherの歪んだギターの音はTOTOのハードロック色の強い曲でのあのトーンを思わせます。
Mike Porcaroのベースは抑制されたフレージングですがこれも最高。お気に入り。
ミディアムテンポのハードロック#2Am I Ever Gonna Find Your Loveは、
David BendethとSteve Lukatherのツインギター編成の分厚いディストーションサウンドが
楽しめます。曲後半にかけてLukatherがエモーショナルに弾きまくります。
Mike Bairdのボスッとしたドラムスも良い音です。これも最高。
#3Stranger In Paradiseは、女性ボーカリストPatricia Gallantとのデュエットになっており、
すっきりとしたオケでMike Porcaroのベースラインが際立ったアレンジになっています。
タッチノイズの入りながらも、リバーブの掛かったような音のアコギも良い。
歌が入ってくる直前のドデカい音のタムを絡めたJeffの力強いフィルも涎もの。
#4The Hurricaneは、クライマックスでシンコペーションの入った派手なユニゾンをかましたり、
キーボードが疾走感のあるリフで曲を引っ張る展開と、見事にTOTOしています。完璧です。
近い雰囲気の#5Midnight Rideは、Mike Poracro(B)のハイが綺麗に出たトーンが心地良いです。
ギターとベースの緊張感あるユニゾンのフレーズもクールです。
キーボードの弾き語りを中心に据えたバラードの#6There's A Life In Me,
本作の中でもゆったりとしたアコギのアルペジオとブルージーなメロディが映える
#7The American Bluesの二曲は、Fosterプロデュースでないこともあって
サウンドがだいぶ異なりますが…
#8The Best Will Surviveは、Mike Baird(Dr),Neil Stubenhaus(B)のリズム隊の作る
堅いグルーブに、多重録音による分厚いコーラス、歌メロの間を、これしかないというフレーズで
埋めていくJay Graydon(G)のギターが泣きまくっていて、感動で言葉が出ません…
プロデューサとしてスターダムを駆け上がっていくFosterの若き日の情熱が、
形となって表れた、まさにAORの隠れた名盤の一つ。

Lovin' and Losin' You

Stranger In Paradise

Am I Ever Gonna Find Your Love

The Best Will Survive

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/05/20(火) 22:24:43|
  2. Dwayne Ford
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: