私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(304)

Album: 3 Feet High and Rising
Artist: De La Soul
Genres: Hip Hop, Alternative Hip Hop

De La Soul


アメリカ、ニューヨーク、ロングアイランド出身の3人組ヒップホップユニット。
1987年結成。メンバーはPosdnuos, Dave, Maseoの三人です。
多様な音楽からの影響を取り入れて肥大化していったヒップホップの中で、
R&B, ソウルやレゲエに加えてカントリー、ジャズ、フュージョン、ソフトロックなどまで
取り入れて1980年代後半に大きなムーブメントを起こしたイーストコーストの
オルタナティブ・ヒップホップを代表するグループとして、
A Tribe Called Questなどと並んで挙げられることの多いグループと言われています。
彼らの影響を受けたグループとしてはCamp Lo, The Black Eyed Peas, Digable Planets,
Mos Defなどが挙げられ、現代のヒップホップを牽引しているグループ/ラッパーに
与えた影響は計り知れません。ジャジーヒップホップなど、クロスオーバー的な音楽性を指向
するようになっていったOutKast, Kanye Westといったビッグネームからも影響が窺えます。
2006年にはGorillazとのコラボレーションシングルFeel Good IncでGrammy Awardを受賞しています。
80年代中ごろからヒップホップのメインストリームを成していたギャングスタ・ラップは、
反社会的行為の推奨とマッチョイズム、ドラッグに象徴されるような、ストリート独特の精神性を
有した音楽として、ともすれば攻撃的で排他的な印象を与えかねなかったわけですが、
彼らに代表されるようなオルタナティブ・ヒップホップはこうしたイメージを払拭し、
軽やかで底抜けに明るくスムースで、浮遊したグルーブが充満しており、とても魅力を感じます。
これは、彼ら自身が比較的裕福な家庭環境で育った人物であることと、
無縁ではないのかもしれません。乗せられたライムも決して下品な言葉は無く、
サンプリングにもSteely DanやらHall & Oates, Rascalsと、とても耳に
優しい音楽がセレクトされており、ヒップホップ素人の筆者にとっても驚きの連続といった
感のあるアルバムです。EmotionsにP-FunkにOtis Reddingなど、ソウルやR&Bの
有名どころが多数取り上げられていて、元ネタが分かりやすくニヤニヤ出来ますし、
メロディもキャッチ―で聴きやすいと思います。1989年作の1st。
打ち込まれたビートにはディスコミュージックの影響が見られるものから、
ブレイクビーツの配された複雑なものまであり興味深いです。
ハモンドのローファイな音に始まり、観客の熱狂をよそに自己紹介を続ける#1Introから始まります。
本作のタイトルの元ネタとなったJohnny CashのFive Feet High And Risingからサンプリングした
#2The Magic Numberは、後半になるにつれてスクラッチが激しくなり、ヴォイスの加工が幾重にも
施された作りになっています。 お気に入り。
#4Cool Breeze on the Rocksは、極めて短い時間に、テレビのチャンネルをザッピングするかのように
曲が詰め込まれています。MJのRock With Youの使い方には思わず笑みがこぼれます。
Got to Get a Knutt/New Birthが流れる中で囁くように歌う#5Can U Keep a Secretを挟んで、
Isley Brothersの初期の名曲Shoutをサンプリングした#6Jenifa Taught Me (Derwin's Revenge)では、
レイドバックしたリズム感のラップと、ブレイクを上手く挟んでいて、グルーブが腰に来ます。素晴らしい。
JBのビートにKraftwerkの電子音を取り入れてしまうという強烈なセンスで惹き込まれる#7Ghetto Thangも
これまたお気に入り。ベースリフのダークな感じがピッタリです。
彼らの楽曲の中でもとりわけ有名な#9Eye Knowは、Steely Dan/Peg, Otis Redding/The Dock Of The Bay,
Sing A Simple Song/Sly & The Family Stoneという誰もが知る楽曲をふんだんに織り交ぜながらも、
見事な調和を見せています。
続いてHerbie Hancockの同名アルバムにレコーディング参加したメンバーによる
ジャズファンクバンドThe HeadhuntersのGod Make Me Funkyのビートを入れた#10Take It Off,
R&Bのスタンダード Ben E. King./Stand By Meのベースラインの入った#11A Little Bit of Soap,
#13Potholes in My Lawnでは、Parliament/Little Ole Country Boyのヨーデルをそのまま入れた
牧歌的な雰囲気が楽しい。
まさかのI Can't Go for That (No Can Do)/Hall & Oatesをサンプリングした#14Say No Goは、
断片的にEmotionsのコーラスが入り、細かくスクラッチが入ってきます。お気に入り。
Billy Joelのピアノが形を変えられて不穏な音になって挿入された#16Plug Tunin,
Parliamentに続いてFunkadelic/(Not Just) Knee Deepをほとんどそのまま使った#20Me Myself And Iは、
シンセのフレーズのキャッチ―さで殆どポップスのようです。これも最高。
The Rascals/My World(Once Upon A Dream収録)を使った#23D.A.I.S.Y. Ageは、
スクラッチとソリッドなリズムにラップを乗せていきながら、途中で原曲のゆったりとしたグルーブが
見え隠れしてくるバランスが堪りません。
基本的にはJBやP-Funkのようなレイドバックしたファンクのリズムトラックを絶妙に用いながらも、
所々にポップスやソフトロックの印象的なテーマやリフレインが散りばめられていて、
元ネタの分かる人は勿論楽しめますが、これだけ多彩な曲を混ぜておきながら一切の違和感なく
ポップでありながら洒脱で気怠いラップで聴かせてしまうセンスの良さに、
オルタナティブ・ヒップホップの面白さに誰もが目覚められるのではないかと思ってしまいます。大傑作。

The Magic Number

Jenifa Taught Me (Derwin's Revenge)

Ghetto Thang

Eye Know

Say No Go

Me Myself And I

D.A.I.S.Y. Age

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/06/05(木) 22:11:03|
  2. De La Soul
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: