私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(318)

Album: Le Polaroid
Artist: Andre Solomko
Genres: Soft Rock, Jazz Funk, Fusion

Le Poraloid


ウクライナ出身のサックス奏者、作曲家、編曲家。1965年生まれ。
現在はフィンランド、ウーシマ―県ヘルシンキを中心に音楽活動を行っています。
彼はスムースジャズ~フュージョンバンド、Vinyl Jamのリーダでもあり、
本作はソロ名義での2014年作、2nd。父親がクラシックの世界で活躍する
プロのトランペット奏者であったことの影響で、幼少期からミュージシャンを目指すように
なります。サックスを始めたのは、1987年に旧ソ連のオムスク大学に入学してから
のことでした。当時のゴルバチョフ政権の政策により積極的な援助を受けて
音楽にのめり込むようになり、大学を中退してプロとして活動するようになります。
旧ソ連国内でEquinoxというバンドを組み、音楽活動をしていましたが、
ソ連崩壊に伴う財政難の影響を受けて支援が得られなくなった彼は、
やむを得ずバンドを解散し、フィンランドへと移住することを余儀なくされます。
その後、音楽を学ぶため専門学校に通う傍ら食いつなぎ、自身のスタジオである
Vinal Jam(70年代当時と全く同じヴィンテージの機材を用いた、
アナログレコーディングの設備を備えた)を設立した頃には、
彼は既に40歳となっていました。2007年, 2008年にはVinal Jamとして
アルバムを2作リリースし、マニアたちの間でその名が知られるようになって行きます。
フランスのFavorite Recordings(http://www.favoriterec.com/を参照)
というプロジェクトのリーダーであるPascal Riouxにその才能を見抜かれ、
ここから1stソロアルバムであるOù es-tu maintenant ?(2012)をリリースする
することとなり、P-Vine Recordsの支援もあって、日本でも少しずつ
認識されるようになっていきました。今回も前作同様Favorite Recordingsからのリリースで、
プロデューサにはPascal Riouxを迎えて製作されています。
本作では女性ボーカリストとしてStiinaが三曲で歌っていますが、
彼女の切々とした歌唱がこの完璧なアナログの音の混ざった感じにマッチしていて堪りません。
アナログシンセの音も、当時を思わせるエフェクターの掛かり方まで
非常にそのままで最高です。とても2014年の作品とは思えない音をしています。
#1Teasing Youは、Fender Rhodesのアタック音やジャリっとしたスラップのトーン、
手数の多いドラムスが鋭いバッキングを見せる中で、シンセの音の柔らかさ、
波に揺蕩うような感覚があるジャジーな一曲。Timo Vihavainenのオクターブを
絡めた長いギターソロが個人的には最高です。
曲の中間部4:40あたりからはサックスソロがあり、バックで鳴るストリングスの
安っぽい音、ノイズの混じった感じが堪りません。最後はAlain Mionの反復の多い
エモーショナルなピアノソロで終わっていきます。お気に入り。
#2Last Day At Home-Melancolieは、Andreによるファミコンのシンセ音のようなトーンでの
短いソロから始まり、哀愁漂うサックス、長いブレイクを挟みつつ、
トレブリーで枯れたトーンのギターソロがやはりかなり良いです。
フランスを代表するブラジリアン~ジャズロックバンドであるCortexのキーボーディスト、
Alain MionのRhodesでのソロをフィーチャーした#3Paraphraserは、
録音の関係もあってか、本作の中でもかなりモダンな音像になっていて、
少し雰囲気の異なる一曲です。
ダンサブルでビートの強い#4Living in a paper houseは、Andreによる
サックスソロが中心となった、キメの多いフュージョンライクな一曲で、
アーミングの絡んだギターソロを起点にリズムチェンジした後は
クラビネットのフレージングもさらにファンキーになって行きます。お気に入り。
表題曲の#5Le Poraloidは、高音が若干歪んでノイズが生じたシンセ、
ゆったりとしたカッティングとリムショット、Lili Wagnerの囁くような歌唱の作り出す
グルーブの危うげな空気は、この録音でこそ表現されるという感があります。
#6Afternoonは、Stiinaのボーカルをフィーチャーした一曲で、
アウトロのエモーショナルなロングトーンの嗄れた感じ、激しさを増すドラムのフィルが
良い味を出しています。
ボーナストラック扱いとなっているインストバージョンの#8Teasing Youは、
ワウの掛かったカッティングや蕩けるようなサックスのリードプレイが
際立ちます。後半からはトークボックスによる加工されたボーカル音が導入されていて
遊び心を感じます。
兎にも角にも、今の時代に、この音とアレンジでジャズファンクを
やるために、彼がどれほどの努力と歳月を賭けて、執拗なまでの拘りを見せて
制作してきたかは想像に難くないと思います。
これからも古い音の素晴らしい「新作」を作り続けていってほしいです。

Le Poraloid

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/07/20(日) 16:10:00|
  2. Andre Solomko
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: