私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(319)

Album: Affection
Artist: Lisa Stansfield
Genres: Pops, R&B, Soul, House, New Jack Swing

Affection.jpg

イギリス、グレーター・マンチェスター出身のシンガーソングライター、女優。
1966年生まれ。14歳の時に地元のテレビ番組、Search for a Starのコンペティションで
優勝を果たしたことで、様々なテレビ番組に出演するようになり、
子供向け番組などでパーソナリティを務め、シングルも一枚発表しています。
1984年にはIan Devany(後に彼女の夫となります), Andy Morrisの三人で
ポップスユニットであるBlue Zoneを結成します。
Blue Zoneは、数枚のシングルとアルバムBig Thingを発売しており、
Billy Steinberg, Tom Kelly(Madonna/Like A Virgin, Cindy Loper/True Colors,
Whitney Houston/So Emotiionalなどで知られる)がプロデュースを手がけたシングル、
Jackieは全米でヒット(US#44, US Dance-Club#37)を記録しました。
しかしながらアルバムは本国イギリスでは発売されることなく、
Blue Zoneは88年に解散することとなりました。
彼女がソロキャリアをスタートさせヒットするきっかけとなったのが、
イギリスのエレクトロユニットであるColdcut(Matt Black, Jonthan Moreによるユニット)の
シングル、People Hold On(1989, US Dance-Club#6)のゲストボーカルとして
起用されたことでした。他にもColdcutはThe Only Way Is Upのヒットで知られる
Yazzなどを自身のユニットの楽曲に起用するなどして、才能を発掘しています。
この繋がりのために、本作に収められたThis Is The Right Timeは
彼らがプロデュースしています。
本作はArista Recordsから発売された1989年作の1stで、
全世界で500万枚以上の売り上げを残しています。
内容としては、当時シカゴでの誕生の後、イギリス国内のDJ達による輸入で
流行し始めていたハウスミュージックの影響をリアルタイムに受けた、
派手な音色で揺れの少なく、堅いグルーブのある打ち込みによるリズムトラックと、
ニュージャックスウィング的なダイナミックなシンセのアレンジが特徴的です。
しかしながら、フィラデルフィアソウルを思わせるようなストリングスの
流麗なアレンジや、彼女自身のソウルフルでありながら都会的でクールな
フィーリングのあるボーカルは、70sまでのソウルにあったような、
血の通った躍動感を与えています。
90sレアグルーブ評価の波がUKクラブシーンで訪れる時代の作品として、
本作の先進性を感じ取れると思います。
冒頭のシンセのフレーズで一気に掴まれるダンスナンバー#1This Is The Right Timeは、
サビのリフレインに被さったコーラスの、音の混ざり方が気持ち良いです。
打ち込みのスネア音はかなり時代を感じる音ですがこのチープさが
無機質な感じでまた魅力的です。後半にかけて前に出てくるストリングスがコズミックな
シンセのバッキングの中で際立っています。お気に入り。
ポエトリーリーディングから始まる#2Mighty Loveは、歯切れの良いスネアと
ブリブリしたシンセベースにパーカッシブなピアノでファンキーに進行して行く中で、
高音の煌びやかなストリングスが生々しくダークな雰囲気のある一曲です。
テンポを落とした#3Sincerityは、エレピのリフと高音のパーカッションの
落ち着いたリズムトラックをバックにしてブリッジでの物憂げで囁くような歌唱が映えます。
ハットの刻みが疾走感を生み出す#4The Love In Meは、キラキラしたシンセが
絶妙にウネウネとコードを動かしながら続き、一気にサビでホーンが入って
ポップになる劇的な展開が中毒性高くて素晴らしいです。
後半にはサックスソロもあって楽しい。お気に入り。
本作の中でもとりわけソウル寄りの一曲#5All Around Youは、フィリ―ソウル顔負けの
柔らかいストリングスと、無機質で堅いリズムの調和が完璧に実現されています。
低音で語りかける冒頭、絞り出すようにして出される高音といい、
彼女のボーカルも無垢な感じと艶やかで妖しい感じが同居していて最高です。名曲。
歌うようなベースリフが強烈な存在感を放つアップテンポの
#6What Did I Do To You?は、2:55あたりからのフィルなんかを聴くと凄くアナログ的で、
フルートとかも生でやって、バンドでやっても違った魅力があって良さそうです。
軽い音のドラムスがフュージョンライクな#7Live Togetherは、ストリングスの音遣いに
同時代のSwing Out Sisterのそれを感じずにはいられません。
もたれ掛かったビートにモコモコしたベースにオルガンのようなシンセ、
バックで微かに鳴る歪んだギターのような音が肉体的な#9Poisonは、
2:40前後の語りのパートから短いインストパートが
正しくニュージャックスウィングしています。
サビもシンプルでキャッチ―で良いです。お気に入り。
切ない冒頭のコーラスから、ぶっといベースとドラムの中で語るように歌うメロから、
モダンなR&Bのサビへと展開していく#10When Are You Coming Back?も面白いです。
#12Wake Up Babyは他の楽曲に比べ抑制されたビートと、フレーズごとに巧みに
ビブラートの掛かった歌唱がスムースな感覚があります。
シンセの透き通ったリードプレイもジャジーで聴き所です。お気に入り。
全体を通して打ち込みのビートが覆っており収録時間も長いため、
少し冗長な感は否めないですが、どの曲もメロディーはキャッチ―で、
プラスティックのように無機質なドラムや、シンセベースの作る
堅いハウスサウンドに完璧にマッチしたボーカルの魅力、と言う意味で傑出した作品だと思います。

This Is The Right Time

The Love In Me

All Around You

Poison

Wake Up Baby

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/07/22(火) 23:35:25|
  2. Lisa Stansfield
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: