私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(329)

Album: Cleaning Up The Business
Artist: Smooth Reunion
Genres: Soft Rock, AOR

Cleaning Up The Business


スウェーデン出身のAOR, ソフトロックユニット。
メンバーはマルチプレーヤーのJosef Melin(Vo, G, B, Key)とSamuel Andre(Dr, Perc,Vo)の二人です。
Melinは1987年生まれで、ハイスクールに通って音楽を学んでいた際に、
Steely Dan, Jazz Crusaders, Yellowjackets, EWF, Chaka Khanなどをはじめとする
ファンク、ソウル~フュージョン/クロスオーバー、Miles, Coltraneなどのジャズに影響を受け、
作曲を行うようになっていきます。相方のAndreは1986年生まれで、ウエストコーストの音楽に
強い影響を受けて育ってきたようです。二人はスウェーデン大学(と思われます)のITM
(応用環境科学部)で2006年に出会い、その年にSmooth Reunion結成に至ります。
本作は2008年作の1stフルアルバムで、リリースはBill Champlin, Robbie Dupree,
JaR(Jay GraydonとRandy Goodrumのユニット)など、アメリカ国内のAOR作品を
数多くリリースしている他に、同じスウェーデン出身のギタリストである
Peter Friestedt(The LA ProjectはネオAORの佳作です), Daniel Andersonなどの作品も
リリースし、AC/AOR再評価の文脈で重要なZink Musicからのリリースとなっています。
日本ではP-Vine Recordsから発売されており、このフルアルバムの前に発表された
ミニアルバムの時点から、AOR人気の高い日本での知名度が高かったようです。
作曲は主にギターで行っているようで、複雑なハーモニーやコーラス、ブラスのアレンジ
のセンスから、かなり細部にわたって近いクオリティーを持つSteely Danフォロワーとして
扱われることが多い彼らですが、特にドラムの音色やグルーブと、
派手なギタープレイ、ファンキーなリズムギターの感覚はロックやファンクに近く、
サウンドとしてはアシッドジャズムーブメントを通過した、Samuel Purdeyのそれに
近い印象を持ちます。(詳細はSamuel Purdeyの項を参照)
ボーカルは二人が半分ずつ担当するスタイルで、線の細く繊細な感じがありますが、
この辺は好みが分かれる部分かもしれません。クレジット以外の楽器隊は全て彼らの
周囲にいる知人に頼んでいるようですが、それにしてもこのクオリティの高さ、
グルーブの感覚は、彼らの年齢を考えると奇跡的なものがあると思います。
Steely Danのフォロワーは数多しと言えども、このレベルで解釈したポップスは
少ないと思います。以前紹介したTalc(Talcの項を参照)はクラブミュージックの界隈で
語られることが多く、Ole Borud(Ole Borudの項を参照)はアメリカンプログレハードの
界隈で語られることが多いのに比して、彼らが一番本家SDに近い感覚があると感じます。
もっとも、もう少しギターオリエンテッドなサウンドで、ドラムは手数が多く、
曲の構造もポップスに近しいものになっていて、そのあたりに彼ら特有の個性があります。
ジャジーで丸い音のカッティングをテーマとして始まる#1BMPDは、繊細なコーラスを
中心としたサビと、メロ部分では徐々に上昇していくメロディックなベースラインが
素晴らしいです。アウトロのサックスソロは西海岸のフュージョンという感覚です。お気に入り。
16ビートのトレブリーなカッティングを中心としたスウィンギーな#2Further Offenceは、
細やかにアクセントの付けられたハイハットの刻みが疾走感を作ります。
ハーモニカのロングソロはMelinが吹いています。
ピアノのコード弾きはあくまでオブリガート的に使われています。
アカペラのコーラスで始まる落ち着いたテンポの#3When You Hit That 6th Noteは、
単音カッティングを中心としたギター、オルガンのバッキングでどっしりと進み、
フィルを起点にコーラスの入ったサビへと繋がっていきます。
ギターと、囁くようなファルセットのスキャットがユニゾンするパートは楽しい。
冒頭のカッティングのリフから、疾走感たっぷりな単音カッティングでファンキーに
進行する#4Video Bandは、歪みのリードギターが入ってサビで一気にポップに変化していきます。
曲後半ではAndreの短いドラムソロが入っており、ここを起点にしてリードギターも
エモーショナルになって行きます。お気に入り。
ピアノと、トレブリーなベースから入り、リムショットの透き通ったリズムとピアノの高音が
煌めくイントロで掴まれる#5Mr.Mulletは、パーカッシブなホーンでソウルフルなサビ、
それとは対照的な泣きのギターソロが堪りません。お気に入り。
続くインストの#6Very Symmetetrical Placeは、派手にエフェクトの掛けられたエレピや
ギターソロをフィーチャーした一曲です。
本作のリードトラックである#8The Connectionは、かなりSteely Danを意識したハーモニーに対する
メロディラインの付け方、コーラスの用い方をしており、リズムギターやドラムスも
そういうプレイですが、サビに向かっていくキメや曲後半のドラムのハットの入れ方には
彼らの個性を強力に感じます。お気に入り。
#9You're Out Of Businessは、Fagenのソロにありそうなファンキーなドラムプレイや
(よりももう少し手数が多いです)キメが印象的な一曲で、中間部で繰り返されるサビのパートは
やはりポップスに近いフィーリングです。
ピアノ弾き語りによるバラードの#10Difficult/Dangerous/Beautifulは、Laura Nyroのような
60sのシンガーソングライターっぽい香りがしていて、これもまた素晴らしいです。
#11The Believer's Keyは、彼らのEPに収録されていた楽曲の再録で、
シルキーな歪みのギターソロが堪能できる一曲に仕上がっています。
SDフォロワーとして紹介されていますが、彼らなりの個性が演奏の細かい部分に表れており、
ヴォイシングやアレンジのセンスの高さ、それで且つポップさを失わずに仕上げた才能は、
間違いなく本物だと思います。暫く活動の様子が分からない彼らですが、是非とも
新しい作品が聴いてみたいです。
00sAORの傑作だと思います。

BMPD

When You Hit That 6th Note

The Connection

You're Out Of Business

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/08/30(土) 01:49:43|
  2. Smooth Reunion
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。