私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(352)

Album: CIRCUIT of RAINBOW
Artist: Anri(杏里)
Genres: Pops, AOR, Funk, Fusion

Circuit Of Rainbow


神奈川県大和市出身の歌手、シンガーソングライター。本名は川嶋栄子。1961年生まれ。

歌手デビュー以前はモデルの仕事をしており、1978年に
尾崎亜美作詞作曲によるシングル、"オリビアを聴きながら"でデビューを果たします。
この曲は発売当初こそさほどヒットしなかったものの、
現在では稲垣潤一、徳永英明、河村隆一、Stardust Revueなど
様々なミュージシャンやアイドルにカヴァーされ、
近年ではバンダイナムコゲームズによるテレビゲーム、アニメシリーズの
"アイドルマスター"で、如月千早(CV:今井麻美)によるバージョンなども存在しています。

デビューからしばらくはアイドル/タレント路線での売り出しが強かったようで、
ヒットにはなかなか恵まれませんでしたが、1982年に当時バックバンドを務めていた
小林武史作曲のシングル、"思いっきりアメリカン"がヒットとなります。
この時期からサーフミュージック、ドライブミュージック路線で売り出しをかけるように
なり、良質なシティ・ポップの作品を発表していくこととなります。
1982年作の"Heaven Beach"は小林武史、角松敏生、ブレッド&バターのプロデュース、
翌年のBiKiNiではA面全てのプロデュースを当時まだ無名であった角松に任せ、
テレビアニメ"Cat's Eye"の主題歌となった同名曲が初のオリコン1位となり、
これが彼女のブレイクスルーとなりました。その直後には当時流行であった
ディスコミュージック的なベースライン(青木智仁による)を取り入れたシングル、
"悲しみが止まらない"も大ヒットとなり、紅白歌合戦の出場も果たしています。

1984年以降のソロ作品では海外レコーディングによる作品が増えていくこととなり、
シンセサウンドとダンスミュージックに傾倒したWave,
久保田利伸、原田真二の参加した派手なダンスポップのTrobule In Paradise,
オリエンタリズムを強く打ち出した歌謡ポップスのMystiqueなど、
アルバムごとにコンセプトのある作品を連発しています。

1987年以降のソロ作品では自身による作曲、プロデュースで作品を
リリースするようになり、作詞には吉元由美、アレンジには小倉泰治を迎えて
制作することが増えていきます。1991年作のNeutralは唯一のミリオンヒット
となりました。本作はセルフプロデュースによる1989年作の13th。
参加ミュージシャンは正に恐るべきメンバーで、
Philip Bailey(Cho), John Robinson(Dr), Jeff Porcaro(Dr), Freddie Washington(B),
Neil Stubenhaus(B),Paul Jackson Jr.(G), Dean Parks(G), Alan Pasqua(Key),
Lenny Castro(Perc),などです。第13回日本レコード大賞アルバム大賞を受賞しています。
フュージョン~AORサウンドへと大きく傾いた本作は、優れたスタジオミュージシャンによる
グル―ヴィーな演奏が、CD初期の録音とは思えない滑らかで生々しい音で収められています。
曲ごとのPersonnelが参照できないため、筆者の耳による推測であり正確でない部分も
あると思われますが、見ていきましょう。

#1The Break Of Dawnは、コズミックなシンセとアフリカンなパーカッションの絡みつく
幻想的なインスト。SEには波の音が入れられています。
表題曲の#2Circuit Of Rainbowは、鋭くトレブリーなカッティングと、
キメを連発するフュージョンライクなリズム隊がファンキーな、Earth, Wind & Fireを
思わせる一曲です。メロウなサックスソロがありフェードアウトして行きます。最高。
一転して打込みのビートにぶっといシンセベースの絡むダークなブラコン風味#3Asian Girlは、
Dean Parksの歪みのギターソロが熱いです。
アジアっぽさはコーラスやシンセのオブリガートに散りばめられています。
Jeff Porcaro(Dr)のへヴィ―でもたれかかったリズムパターンに鋭いハットのフィルが堪らない
#4Shoo-be Doo-be My Boyは、うねるベース、サックスソロに、もはや彼女のボーカルを
圧倒的に凌駕するソウルフルなコーラスが聴き所です。最高。
ダンサブルで疾走感溢れるシティポップス#5失恋ゲームが終わるまでは、
ホーンのオブリガートは実にフュージョン的で、緊張感のあるインストパートでは
Porcaroの手数の多いドラムスがクールです。これもお気に入り。
バラードの#6Who Knows My Loneliness?は、スウィンギーなリズムと派手なホーン、
コーラスのアレンジが少し時代を感じますがこれも良いです。Philip Baileyはこの曲のみ参加。
#7Havana Beansは、Freddie Washingtonと思われるスラップベースと、
Dean Parksのスケールライクな、歪んだ鋭いソロが楽しめるスキット。
再びJeff Porcaroが叩いていると思われる#8Groove A Go Goは、
ジャリついたスラップベースとシンセベースを合わせたラインに、
長くジャジーなピアノソロ、アウトロではホーンが唸っています。お気に入り。
#9P.S.言葉にならないは、煌びやかなアコギのアルペジオに単音カッティング、
John Robinson(Dr)の叩きだすゆったりとしたリズムに柔らかくて無垢なボーカルが映えています。
エモーショナルで暖かいギターソロはPaul Jackson Jr.のものと思われます。
山下達郎/いつかの伊藤広規のベースラインにクリソツな#11センチメンタルを捨てた人は、
Freddie WashingtonとJohn Robinsonのリズム隊と思われます。
夏や海をテーマとする歌詞とキラキラとしたバックトラックに
やはり彼女のボーカルはよく似合っています。
アウトロのギターソロはDean Parksで弾き倒しています。お気に入り。
キーボード弾き語りにストリングスを加えたバラードの#12Lovers On Venusで
ドラマティックに終わって行きます。

バブル時代も終焉を迎えつつある時期の作品で、当時の熱狂していたらしい日本を知らない
平成生まれの筆者ですが、この作品を聴いているとその空気、残り香を感じられるようで、
元気になるような、切なくなるような気分です。

現在再評価されているシティ・ポップスのフラッグシップと言ってもよい音だと思います。
紛れもない名盤。

Circuit of Rainbow

Shoo-be Doo-be My Boy

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/11/28(金) 01:45:26|
  2. 杏里
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。