私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(367)※

Album: Funky Diva
Artist: En Vogue
Genres: R&B, Soul, Hip Hop, New Jack Swing

Funky Divas

アメリカ、カリフォルニア州オークランド出身の女性ボーカルグループ。1989年結成。
1992年作の2nd。アメリカ国内でClub Nouveau, Tony! Toni! Toné!, Alexander O'Neal,
Regina Belle, Madonna, Swing Out Sisterなど、ソフトロック~R&B,ブラコン関連の優れた
アーティストに楽曲提供、プロデュースを行ってきた二人組のプロデュースユニット、
Foster & McElroyによって行われたオーディションの結果、Cindy Herron, Maxine Jones,
Dawn Robinson,Terry Ellisの四人が集められました。全員がリードを取れるだけの力強いボーカルと
優れた容姿、知性ある人物に絞って集めるというオーディションで、
Foster & McElroyの構想としては、50s~60s的な、古典的なガールズボーカルグループとして
成功させようという考えであったようです。

結果としては、80s末から90sにかけて、アメリカ国内の女性R&Bグループを代表する存在として
本作は全米R&Bチャートで1位を獲得するに至り、TLC, Destiny's Child, Sisters With Voices(SWV),
Jadeなど、後に優れたソロシンガーを輩出した女性R&Bグループたちの先駆者的な役割を果たしています。

音作りとしては、当時最先端であったニュージャックスウィングの影響がかなり強く見て取れ、
シンセの特徴的なアーティキュレーションやトーン、リズムボックスによる乾いた、
レイドバックしたビートに、複雑なハーモニーをいとも簡単に生み出すテクニカルなコーラス、
曲によってはラップをWayne Jackson、ポエトリーリーディングをChuckii Bookerが担当したり、
ホーンやベース、ドラムでは一部に生音が取り入れられています。

コーラスワークのニュアンス、メロディの豊かさには懐かしいソウルの感じが内包されていながら、
トラックには鋭い打ち込みで腰に来るグルーブが構築されており、絶妙なバランスでブレンドされています。

M1This Is Your Lifeは、ワウの掛かったシンセベースはChris Jasperのそれを思わせるような
粘りのあるプレイで、ファンキーなトラックと柔らかいコーラスの定位が最高です。
キーボードソはフュージョンっぽい感覚があって、安っぽいストリングスの音はSwing Out Sisterの
それを思わせるようでもあります。
全編を通じてディストーションギターとベースリフの力強いバッキングに絶妙にフェイクした
挑発的なボーカルが情熱的なM4Free Your Mindも良いです。
Curtis Mayfield作曲によるAretha FranklinのM6Giving Him Something He Can Feelのカヴァーは、
クリスピーなギターの牧歌的なフレージングとレゲエに近いグルーブのある一曲。
一転してループされたボイスサンプリングとスクラッチにラップが絡みつく
ヒップホップM7It Ain't over Till the Fat Lady Singsも最高。
ベースがモータウンっぽさを残していて素晴らしいです。
如何にもFoster & McElroyのプロデュースらしいM8Give It Up, Turn It Looseは、
メンバーたちのトークから始まって徐々にリズムボックスとパーカッションが入って来て、
ブリブリしたシンセベースとピアノのレイドバックしたコードバッキング、
サビ前で徐々に入って来るカッティングから、サビでは筆者の大好きなコード循環が連発される一曲で、
聴いているだけで切なくなる一曲です。シンセベースとピアノの低音部のユニゾンも良いです。最高。
誰もが知るBeatlesの名曲カバーM9Yesterdayは、冒頭のアカペラによるコーラスの一切淀みのない透明感、
Cindy Herronのリードボーカルの、完璧にコントロールされたビブラートのニュアンスなど、
シンプルなアレンジながらこれも名カバーだと思います。
再びCurtis Mayfield作曲のカバーM10Hooked on Your Loveでは、暖かみのあるホーンと
ソウルフルなコーラスに、微かに鳴っているリズムボックスのでじたるな音が完璧に混じり合っています。
少し毛色を変えてハウスに寄せたダンサブルなM12What Is Loveは、大仰なシンセの音が時代を感じさせて
くれます。サンプリングされたサックスのワンフレーズがコラージュされ、音数少なく盛り上げていく
ピアノも、決して他のストリングス系のシンセやホーンに被らずすっきりとしており、
素晴らしいセンスです。

簡易版レビューと言いましたが結局はいつもと同じくらいの長さになってしまったので、
これからどうなるかは分かりませんが、生暖かく見守って頂けるとありがたいです。

彼女たちの大成功の後、無数のガールズR&Bグループが活躍していくことになる訳ですが、
その中でも一際輝きを放つ実力を備えた、90sR&Bを代表する傑作の一つだと思います。
誰が聴いても良いと思えるような一枚でしょう。

This Is Your Life[Live]

It Ain't over Till the Fat Lady Sings

Give It Up, Turn It Loose

Yesterday

What Is Love

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2015/02/07(土) 19:39:44|
  2. En Vogue
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。