私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(372)

Album: Starting Over
Artist: Kere Buchanan
Genres: AOR, Soft Rock, R&B, Fusion

Starting Over

ニュージーランド、クライストチャーチ市出身のセッションドラマー、音楽プロデューサー。
1968年生まれ。2009年作の1stソロアルバム。日本では2011年に発売されました。

幼いころからTOTO, Steely Danを始めとするAORの楽曲に合わせてドラムを叩いていた彼は、
ニュージーランド国内で12歳の頃にはセッションドラマーとして活躍するようになり、
ジャズのビッグバンドを中心に演奏、カナダで行われたバンクーバー万博では国の選抜バンドの
一員として演奏していた様です。作曲家として最も影響を受けたのはQuincy Jonesであると話しており、
他にもJay Gradon, David Fosterなど、本作は70s後半から80s前半にかけてのアメリカ西海岸の
音楽に強く影響を受けたサウンドとなっています。

87年にセッションドラマーとして本格的に活動を始め、翌年88年にはオーストラリアに移住、
David Mathewsのバッキングなど、オーストラリア国内でのセッションワークをこなす傍ら、
約10年間の歳月をかけて曲を書き溜めて行ったようです。彼自身とボーカリストのGlenn Bidmeadの
ユニットであるKeroscene, Quincy JonesのトリビュートユニットBack On The Block,
Steely DanのコピーバンドBodacious Cowboysと言ったプロジェクトの中で交流を深めてきた
スタジオミュージシャン達による息の合った演奏が楽しめます。
ボーカリストは曲によって変えるスタイルを取っており、自身はボーカルを取っていない辺りも、
ドラマーのリーダー作らしい冷静さが見受けられます。

彼自身のドラムのニュアンスやフレーズ構築の傾向は、明らかにJeff Porcaroのそれに影響を
受けており、スネアやタムの音色や重厚なグルーブはかなりJeffのそれに近い音で、
かなり手数を抑え目に叩いており、まず歌、曲構造の緻密さを聴かせようという意図窺われます。
ゲストボーカリストの選択も素晴らしく、繊細で透明感のあるMichelle Martinez,
ソウルフルでDonny Hathawayを思わせるような暖かみのあるKimi Tupaea,
伸びやかでパワフルな中高音で器用さも兼ね備えたGlenn Bidmead(幾つかの曲では
co-produceも担当しており、本作での貢献度の大きさを物語っています)、
滑らかなハイトーンと煌びやかで軽い声質の中に、Bobby Caldwellを思わせるような、
ブルーアイドソウル色豊かな、表題曲を歌うGeoff Robertsonなど、どれをとってもクオリティの高い
歌が詰まっていて、素晴らしいと思います。

ディストーションの掛かったギターが唸りを上げている#1Never Be Another Next Timeは、
ギターの単音リフを中心に重厚に進行していきます。ギターソロもSteve Lukatherを思わせるような
弾きまくり泣きまくりで素晴らしいです。
続いてTOTOの2ndを思わせるようなジャジーで物憂げなミドルテンポの#2More Than You Knowは、
クリーントーンのシャキッとしたカッティングと単音リフ、枯れたギターソロも良いです。最高。
#3Waiting For Loveでは、へヴィーで存在感の強さを見せるドラムス、
ハモリの心地よいドラマティックなサビ、サビ前の捻った展開が洒脱です。
フリューゲルホルンの柔らかい音のソロもあってお気に入り。
再びウェストコーストロック色の強くなった#4Heartbreaker、
スロウテンポのバラード#5Love's Strongerは、単音カッティングとリムショットの乾いた音が
印象的なリズムパターンで渋く進んでいき、中間部でコーラスが入り一気に盛り上がっていきます。
ピアノの煌びやかなバッキングやコーラスの音処理には、Bobby Caldwellのそれを思わせるような
懐かしさが漂っています。お気に入り。
表題曲の#5Starting Overは、スウィンギーなドラムスとメロディアスでモータウン的なベースラインに
暖かいバラードのメロディ、ハーモニーが乗った一曲。
アウトロに入ったギターソロも弾き過ぎずエモーショナルで最高。
#8Easy Does Itは、James Mullerによる歯切れの良い単音カッティングと多人数による分厚いコーラス、
ハーモニカによるロングソロが入った妖しげな一曲。Kere Buchanan自身による
Rhodesの音も良いです。お気に入り。
ブラスによるメロディアスなイントロで掴まれる#9Through The Tearsは、意表を突くキメを取り入れ
SD風のサウンドにしつつ、遠くで鳴っているギターのコードバッキングはハードロックよりな歪みで、
このバランスが素晴らしいです。ギターソロの出来もNightwalker, Brother To Brotherなど
Gino Vanelliのソロアルバムを髣髴とさせるようで最高。
#10Preludeは、Bill RisbyによるFender Rhodesとシンセによる幻想的なスキットで、
そのままシームレスに打ち込みのリズムとBuchanan自身によるスキャットを
中心としたメロウな#11Hymn For Andresへと繋がって行きます。
やはりここでもオクターブ奏法を効果的に用いたJames Mullerのギターソロが
ジャジー、メロディアスで好みの音です。その後はCraig Waltersによるテクニカルな
サックスソロが交互に収められています。

David Foster流のバラードあり、コード進行の複雑なSD風の楽曲もあり、
70sハードロックに近いサウンドのものもあり、ギターソロなど演奏の完成度も高く、
かなり密度の高い、高品位な本物のAORだと思います。佳作。

Waiting For Love

Starting Over

Through The Tears

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2015/02/20(金) 14:38:03|
  2. Kere Buchanan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: