私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(377)

Album: Mishaps Happening
Artist: Quantic
Genres: Electronica, Funk, Soul, Bossa Nova, Crossover

Mishaps Happening

イングランド北部、ウスターシャー州ワイアフォレスト地区ビュードリー出身の音楽プロデューサー、
エンジニア、DJ, トラックメイカー、マルチプレーヤー。本名はWill Holland。2004年作の5th。
現在はコロンビア在住という解説もありますが、公式サイトによるとニューヨークのブルックリンに
Sonido del Valle Studioというスタジオを構えて音楽制作を行っているようです。
スタジオにはヴィンテージの機材を数多く備え、サウンドエンジニアとしての業務も行っています。

16歳の時にウェールズ出身のミュージシャンである父と、フォークミュージックマニアの母の影響で、
自宅にてシーケンスソフトの扱いやプログラミング、レコーディング技術について学ぶ傍ら、
ギター、ベース、ピアノ、サックス、アコーディオン、パーカッションなど楽器を修め、
レコードコレクターとして収集も行い、セバン川の畔にある自宅の敷地内に
小屋を建てて音楽制作にのめり込んで行くようになります。

その後、ロンドンにあるBreakin Bread Recordsに見出され、作品をリリース、DJとしても
活動を始めるようになり、イングランド南部のブライトンを訪れた際にTru Thoughtsと言うレーベルと
契約、環境音のサンプリングと生楽器の音を効果的に調和させたデビューアルバムThe 5th Exoticを
リリースします。

その後は、ファンク、ソウルを中心としながらも、ジャズ、ボサノヴァ、キューバ音楽、
ハイチ音楽、サルサなど様々な音楽のエッセンスを吸収しながら、
60s~70sのソウル、ファンクに焦点を当てたThe Quantic Soul Orchestra,
レゲエ、ダブとラテン音楽との融合を図ったプロジェクトFlowering Inferno,
The Limp Twinsなどの名義を使い分けて活発に作品をリリースしています。
現在までに、他のアーティストの作品のリミックスでは30作品以上に関わり、
自身のレーベル、Magnetic Fieldsを立ち上げています。

彼自身が得意とするブレイクビーツの手法が本作では積極的に用いられており、
暖かな歌ものもあったり、サンバのリズムが取り入れられたもの、
ホーンの入ったジャジーなトラック、ファンキーでゴリゴリと進行するトラックなど、
ソリッドなビートが全体を支配しつつも、生音が効果的に取り入れられた洒脱な作品となっています。

#1Mishaps Happeningは、ブラジリアンなパーカッションと女性ボーカルのスキャット、
ウォーキングベースで静かに進行し、ファンキーなコードカッティングが絡みついて行きます。
後半ではスネアの音色も派手になりアシッドジャズ的な雰囲気を醸し出します。最高。
JB流の真っ黒なファンクにクラブサウンドが融合した#2Use What You Gotは、
70sそのままなエレピのローファイな音色とヴォイス、それに対して生々しく歯切れのいい
打ち込みのドラムがマッチしています。お気に入り。
一転してマシン然とした安っぽいリズムと粘りがあり訥々としたラップが入った#4En Focusは、
ギターのコードカッティングでひたすら同じパターンが繰り返されながらウネウネと展開します。
#5Trees And Seesは、電子音とクッたリズムのベースライン、エレピのリフがミニマルに組み合わせられた
一曲で、ブレイクを起点にコズミックな電子音が前に出てくるアレンジとなっています。
後半ではさらに静かでレイドバックした展開となり、遠くで鳴っているハイパスフィルターの掛かったような
シンセの音が押し寄せてくる波のようで心地良いです。お気に入り。
#7Furthest Momentは、冒頭から繰り返されるクリックのリズムパターンに合わせながら、
シンセのコード弾きと高音のコーラスが重ねられています。後半部では断片化され、
ミュートの効いたサックスのフレーズやカッティングが散りばめられます。
#8Don't Joke With A Hungry Manは、ソウルフルな女性ボーカルとモータウン的なベースライン、
音数少ないリズムギターに、後半にはグロッケンシュピールのジャジーなソロが用意されています。
再びオールドファンク~ジャズファンク路線に戻った#10When You're Throughは、
ピアノのオブリガートが人間味あるバッキングなのに対して、揺るぎのないリズムと
サンプリングによるホーンの音ネタが配置されます。お気に入り。
高速のドラムンベースにソウルフルなボーカルを組み合わせた#11Perceptionは、
後半でスネアロールのみとなり、さらに加速していきます。
#12So Longは、再び単音リフと16分のハット、エレピの浮遊感のあるコード弾きから始まる
フュージョン色の強い一曲で、ボーカルが入るとリズムはレゲエに変化します。
この二つのパターンを繰り返しながらねっとりと進行していきます。最高。

こうしたソウルフル、ファンキーなハウスは短いパターンを繰り返しながら進行していくため、
途中で聴き疲れしてしまう傾向にあるのですが、古典的なファンクやモータウンの要素が
ゴツゴツとした形を残して入っていて、暖かみのある音に仕上がっています。佳作。

Mishaps Happening

Use What You Got

Trees And Sees

When You're Through

So Long

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2015/03/12(木) 21:53:30|
  2. Quantic
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: