私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(245)

Album: 天鵞絨症奇譚
Artist: KENSO
Genres: Progressive Rock, Fusion

天鵞絨症奇譚


1974年に現役の歯科開業医、大脳生理学者の清水義央(G)を中心として、
神奈川県相模原市で結成された日本のプログレッシブ・ロック/フュージョンバンド。
2002年作の7th。本作まではドラマーとして村石雅行(Dr)が参加しています。
他にもバークレー音楽大学のジャズ作曲家出身の三枝俊治(B)や
東京音大作曲科出身の光田健一(Key,ex Stardust Revue,小田和正etc)など、
現代を代表するスタジオミュージシャンやソングライターを有する彼らは、
フュージョン指向のスムースな音像でありながら、変拍子を多用した緻密なリズム構成と
キャッチーでメロディアスなテーマが同居した非常に独特な音楽性を見せています。
特に本作は、以前に紹介したフュージョン、アンビエント色の強い時の丘(1991)
と比較して、ハードロック色の強くエッジの効いた清水義央のギタープレイが
印象的なものになっています。
しかしながら、テクニカルでキャッチーであるだけでなく、
楽曲ごとにガムランやフラメンコなどの民族音楽やテクノ、ノイズからの影響が見て取れ、
かなり興味深いことをしていると思います。
今回はゲストとしてフラメンコ歌手の川島桂子が参加しています。
タイトルの天鵞絨症(びろうどしょう)とは、Bombycosisという珍しい精神疾患のことを
指しているようで、白昼夢と幻視を伴う遺伝性疾患ということだそうですが、
筆者は聞いたことがありません。
(CD付属のライナーに精神病理学的な詳細がご丁寧に説明されていて思わず笑みがこぼれます)
#1精武門は、いきなり強く歪んだギターリフから始まるハードロックインストです。
徐々にテンポアップしていきながらキーボードの速弾きソロへと繋がっていきます。
アウトロはアコギのゆったりとしたストロークで終わっていく展開の多い一曲。
#2禁油断者マドリガルは、レスポールらしい艶のあるクランチでの
キーボードとのユニゾンに始まり、SEが僅かに入って終わっていきます。
#3韜晦序曲は、揺れるキーボードの印象的なキメの多い前半部から、
パーカッションが入りポリリズミックに展開します。
#4木馬哀感は、ブルースロックっぽいテーマを中心としながら、ピコピコしたキーボードがあり、
クラシカルで澄み切ったなピアノソロが飛び出してきます。
#5Tjandi Bentarは、環境音がそのまま入った冒頭から、東南アジアっぽいと言えばいいのか
何と言えばいいのか解らない不思議なフレージングのキーボードが頭に残ります。
2分50秒あたりから一気に早くなってベースラインが際立ちます。
村石雅行の軽快で歯切れのいいドラミングが冴えわたっています。名曲。
#6謀反は一転してシンプルなロックインストかと一瞬思わせますが、
やはりギターのフレーズは捻くれております。
#7夢想用階段は、ボイスサンプリングの早回しと思われるループと、
(何を言っているかは聞き取れません)ノイズが所々に入ってきながら、
シタールがメロディを弾いていくなんとも不気味な一曲です。
#8Echi Dal Foro Romanoは、キラキラしたシンセのアンビエントで柔らかい前半から
フィルを起点にして激しく展開します。抜けの良い三枝俊治のベースは最高です。
クリーンのカッティングでバッキングされたキーボードソロから
シンフォニックに、ドラマティックに終わっていきます。
#10太郎と言う生き方は、ドラムンベースのようなフレーズをマシーンのように叩く
ドラムスに対して、キーボードのテーマは伸びやかです。
ビブラフォンのような音のシンセも耳が心地いいです。
#12Isolated Jiroは、如何にも彼ららしいフュージョン寄りのプログレといった感じで、
溜めるようなドラミングでどっしりと進行していきます。
ここでも途中で奇怪なキーボードソロが一際目立っています。
#14陰鬱な日記は、ベースラインが動きまくりバキバキのスネアの残響が空間を支配しています。
このピアノソロは短いですが圧巻だと思います。
テーマを弾くギターの艶のあり太いトーンは好みの音です。
曲の最後には川島桂子の、ハスキーで渋いカンテが完璧に嵌っています。これも名曲。
#15自他融解は、幻想的なキーボードに覆いかぶさるようにして、
アナログテレビのスノーノイズのような音が入ったこれまた不思議な一曲。
ともすれば変わったリズムや民族楽器の使用といった特徴をなぞっただけで、
形骸化していると批判されがちなプログレの中で、彼らの作品は常に独創的な視点と
示唆に富んだ、好奇心をくすぐるようなコンセプトがアルバム全体を流れており、
最高の演奏テクニックがその心を完璧に形にしている、
真の意味で「プログレしている」プログレバンドの一つだと思います。
清水氏のブログによると、今年は新作を出す予定があるようで、
筆者はとてもとても楽しみにしております。

禁油断者マドリガル

Tjandi Bentar

Echi Dal Foro Romano

太郎と言う生き方

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/01/15(水) 23:35:06|
  2. KENSO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の一枚(52)

Album: 夢の丘
Artist: KENSO
Genres:Progressive Rock, Fusion
月の位相Ⅰ
夢の丘

清水義央(G)を中心として1974年に結成された日本を代表するプログレッシブ・ロックバンド。(アマチュアバンド)
清水氏は、現役の歯科医師であり、大脳生理学者として博士号を取得していますが、
そのためかメンバーがライブで白衣を着用して演奏している姿をよく見かけます。
フュージョンの香りのする幻想的なシンセサイザーの音(ツインキーボード)と、
軽めのドラムス(村石雅行(Dr)は椎名林檎や松任谷由実のサポートでも知られています。
「勝訴ストリップ」での演奏は白眉だと感じます。)が小気味いいアンサンブルを生み出しています。
#1では変拍子バリバリのリズムに、ディストーションを強めにかけたギターがドライブ感を与えています。
ジャズ・ロック的(特に清水義央(G)のプレイは、Pat Methenyを思わせるようなフレーズを
かましてくれます。)なアプローチに加えて、随所に中近東調の音やアジア的(歌謡っぽい湿り)な音を
混ぜていったような個性的な音作りだと思います。アルバム全体を通して、統一されたコンセプチュアルな作品ですね。
#7 地中海とアーリア人では、フュージョン系の音からメタリックで攻撃的な音へと変わり、
多彩な曲調で、ダレることなく楽しめると思います。キーボードとギターの高速ユニゾンがテクニカルで素晴らしい!
アルバムごとに、様々な地域の音楽を取り込んでいて、良質でテクニカルで、前衛的な「プログレ」を作り続けている、希少な、日本が世界に誇れるバンドの一つだと思います。

月の位相 Part1

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2012/12/28(金) 16:00:02|
  2. KENSO
  3. | コメント:0

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: