私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(320)

Album: Everybody Got Their Something
Artist: Nikka Costa
Genres: Alternative Rock, Funk, Blue-Eyed Soul

Nikka Costa


日本、東京都生まれのアメリカ人シンガーソングライター、1972年生まれ。
父親はアレンジャー、プロデューサーのDon Costaで、
Frank SinatraのアルバムSinatra and Strings(1962)のプロデュースを行ったこと、
とりわけそのオーケストレーションの技術の高さで知られています。
他にもSarah Vaghun/Snowbounndや、Tony Bennett/If I Ruled the World:
Songs For The Jet Setなどを手掛けています。
夫はプロデューサー、作曲家のJustin Stanleyであり、
The Vines, Beck, Daniel Merriweaatherなどのプロデュース、
Noiseworks, Electric Hippiesの作曲などが知られています。
彼女自身は幼少期から父より音楽的な教育を受けて育ち、
父のソロアルバムで歌ったり、9歳の頃にはSinatraと共演しています。
81年に発売されたセルフタイトルのアルバムはヨーロッパと南米で1位を記録し、
ワールドツアーまで行っています。父の突然の死を乗り越え、
高校卒業後はポップスからモータウンに影響を受けたファンク、ソウルへと傾倒して行きます。
Justinとの結婚を期にオーストラリアへと移住した彼女は、自身で作曲を行うようになります。
そしてLittle Mona & The Shag Daddies, Sugarboneといったバンドを組んで活動した後、
オーストラリア国内のMushroomというレーベルと契約を結び、1996年にソロデビューを果たします。
本作は(オーストラリア移住後の)2001年作の2ndソロ(US#120, UK#53)。
その後はLenny Kravitzとのレコーディング、ライブと共演したり、
スタックスとの契約を結んで活動を続けています。
ファンクやソウルとは言っても、夫であるJustin Stanleyの助力もあって、
UKのオルタナティブロックのようなダイナミズムと、
彼自身によるエッジの効いた、激しく歪んだバッキングが特徴的な音像になっています。
他にも、リズム隊にはThe Roots(詳細はThe Rootsの項を参照)のドラマーとして、
ヒップホップのメインストリームやネオソウルの界隈で、
縦横無尽の活躍を見せているQuesolve
(Elvis Costello, Common, D'Angelo, Jill Scott, Erykah Badu, Jay Z, John Legend)、
John MayerとのトリオやThe RH Factorなどでの活動や、
The Who, Genesis, Eric Claptonのサポートの経験も豊富な
Pino Palladinoを起用しており、非常に緻密に計算され尽くした音作りとなっています。
ローファイなギターとエフェクトの掛かったボーカルがファルセット気味に
歌う中でベースリフを中心として展開していく#1Like A Feather、
乾いた歪みのギターが左右に振られたオルタナティブロックの#2So Have I For Youは、
Quesolveの澄んだ音のドラムスは、アウトロでこそ彼らしいフィルを叩いていますが
全体としてラフな感じがあり、Pino Palladinoのベースもいつもよりも太い音で、
クラシックロック的なドライブ感があります。素晴らしい。
#3Tug Of Warは、揺れのあるエレピのバッキングとソウルフルなボーカルに、
エレクトロなテイストもある前半部から、曲後半にかけてホーンが入り、
ハードな音へと変化していきます。その後はストリングスのサンプリングや
細やかなハイハットの刻みが不安感を煽るパート、そしてコーラスの艶やかな
定位が心地良いパートへと目まぐるしく展開します。
表題曲の#4Everybody Got Their Somethingは、抜けの良いベースと、
もたれかかったドラムスの作るグルーブに、心なしかSlyを意識したような
フェイクに遊び心を感じるコーラスでゴリゴリと進行していくファンク。
ホーンのサンプリングやコーラスの音処理は極めてモダンで面白いです。
David Campbellのアレンジによるチェロの低音が哀しさを湧き立たせる
バラードの#5Nothing、激しいスクラッチとラウドなドラムスが鳴り響く
インタールードの#6Nikka What?を挟んで、
本作の中でもとりわけパワフルなハイトーンの歌唱が印象的なファンクロック、
#7Hope It Felt Goodへと繋がって行きます。強くワウの掛けられたリズムギターに
メタル張ばりに歪んだディストーションギターのリフ、重いキックのドラムスが
絡みつきます。その中で緩いホーンのフレージングが目立ちます。お気に入り。
ひたすらにドロドロのファンクが満ちている#8Some Kind Of Beautifulのような曲でも、
やはりPino Palladinoのベースの存在感は凄まじいものがあります。
僅か5歳の時の歌声をそのまま流したインタールードの#9Nikka Whoを挟んで、
スローバラードの#10Just Becauseでは、The Beatles/Let It Be, Abby Roadの
二枚のオリジナルアルバムのレコーディングに参加した他、70年代にはThe Rolling Stonesの
サポートメンバーを務め、グラミーとUS#1を獲得したキーボーディストの
Billy Prestonがゲストで参加しており、華麗なストリングスとサザンソウル的な
(より音色はモダンですが)グルーブのあるトラックの中で、左チャンネルを
流れるワウの掛かったクラビネットがファンクネスを感じさせてくれます。お気に入り。
アメリカの市民活動家であるJesse Jacksonの演説がサンプリングされた
#12Coners Of My Mindは、重ねられたチェロ、ノイズの入ったコーラスが
作り出す頽廃的な空気が印象的です。
乾いたロックを基礎としながら、ファンクやソウル特有の泥臭さがサウンド全体を
貫いていて、アナログな音作りと相まって、時代に左右されない作品に仕上がっています。

Like A Feather

So Have I For You

Everybody Got Their Something

Hope It Felt Good

Just Because

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2014/07/26(土) 00:27:17|
  2. Nikka Costa
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(140)

Album: Songs About Jane
Artist: Maroon 5
Genres: Alternative Rock, Funk Rock

Songs About Jane


2001年にアメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のAdam Levine(Vo, G)を中心として
結成されたオルタナティブ・ロックバンド。2002年作の1st。
Maroon 5としてNYの新設レコード会社であるOctone Recordsに注目されデビューを
果たすまでは、Kara's Flowers という名義でバンド活動し、アルバム1枚を残しています。
その当時の、メインのソングライターであるアダムの音楽的な指向は、BeatlesやBob Dylanといった
典型的な白人のロックサウンドに影響を受けつつ、NirvanaやPearl Jam, Weezerのような
オルタナティブ・ロックやメロディック・ハードコアへの憧憬を感じるようなものでしたが、
大学時代のNYでの生活の中で、フリー・ソウルやファンク、R&B,ヒップ・ホップ
といったブラック・ミュージックに触れるにつれて、それらの影響を強く受けるようになり、
大きな変化を起こしていきます。
本作では、既にグランジ的な乾いたロックのイメージというよりも、
Michael JacksonやPrinceのような煌びやかなポップネスを帯びたR&Bであったり、
Stevie Wonder(ことあるごとに影響を公言している)のような、モータウン・ミュージックのいわば
「洗練された」アーシーさを持った(これらは、キーボードのプレイの独特さによるところがとても
大きいと言えます)中に、良く動きうねりを生み出すベースラインや
カッティングの心地よさもそうですが、ギターも随所随所を抑えた少ない音数と
多彩なトーンでスペイシーなプレイをしています。
アダムの枯れた感じのチェストや、透明でメロウなファルセットが哀愁を醸し出していて、
どことなく懐かしさを感じるボーカリゼーションで堂々と歌っています。
日本でもラジオでヘビー・ローテーションとなった、男女の別れを描いた
#2This Loveのキャッチ―さは群を抜いています。
バラードの#4She will be lovedではThe Policeの名バラードたちをを思わせるような
メロディや特にベースラインにダークで甘い美しさがあります。
ここでも無垢で伸びやかなボーカルがとても良く映えています。リズム隊の安定感も抜群です。
本作の中でも、Stevieが書いたと言われても全く違和感のないほどにスムースで
洗練された、ソウルフルな#8Sunday Morningでも、やはりキーボードの上手さが際立っています。
曲間ではリズムの上質なグルーブ感を存分に楽しめます。彼らのキャリアの中でも最高の名曲の一つ
だと思います。
#9Secretでは、ヒップ・ホップ的なソリッドなリズムやギターのタッチ・ノイズや
キーボードの一音一音が空間に整然と定位してあって、異色な、モダンなグルーブを作り出します。
ブラック・ミュージックを取り入れたグル―ヴィーなロック、と言えば他にもたくさんの
バンドが居ますが、その中でも本作や2ndを初めとするMaroon 5の作品群は
演奏のタイトさや、アレンジの周到さ、ボーカルの表現力の高さ、メロディーのキャッチ―さ
のどれをとっても非常に優れてると思います。
時代を経ても聴かれ続けるであろう、現代の優れたポップ・ミュージックのエバー・グリーン。


This Love

She Will Be Loved

Sunday Morning

Secret

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/04/17(水) 01:58:47|
  2. Maroon 5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今日の一枚(109)

Album: Blood Sugar Sex Magik
Artist: Red Hot Chili Peppers
Genres: Alternative Rock, Funk Rock

blood sugar sex magik


1983年にカリフォルニア州ロサンジェルスで、結成された
オルタナティブ・ロック、ファンク・ロックバンド。
日本では「ミクスチャー」と言われるタイプのバンドですが、基本的な音楽性は、
ファンクとヒップ・ホップという黒人音楽に起源を持っています。
恐ろしく手数の多いChad Smith(Dr)のへヴィでありながらもタイトでファンキーなリズムと、
Anthony Kiedis(Vo)の、歯切れの良いラップとボーカルのバランスが心地よく混ざり合って、
ファンクともパンクとも、メタルとも違う、RHCPにしかない個性的なグルーブを生み出しています。
Flea(B)の、あのLarry Grahamにも匹敵するような極太のスラップと、
ツーフィンガーによる非常に粒立ちの良い、絶妙にもたれかかった、
リズム感やリフのカッコ良さは、このバンドの最大の魅力といっても過言ではないと思います。
本作では、前作のMother's Milkよりも、スラップや速弾きを多用した
ファンク・メタル色は意図的に抑え、休符を意識させるようなタイム感で、
より「黒い」グルーブを生み出すことに集中しているようです。
個人的には、#2If You Have To Ask noのようなファンキーでありながらもテクニカルで、
John Frusciante(G)のJB'sばりのカッティングが作り出すグルーブと、
ラップのそれぞれが「音」と「音」、「声」と「声」の空間を心行くまで楽しめる音作りが最高ですね!
ブルース色の満載の泣きっぷりを見せたかと思えば、
乾いたカントリーを思わせるような哀愁のあるプレイを見せたり、
或いはJimi Hendrixのような、ワウを噛ませたファズっぽくサスティーンの長い歪みを鳴らしたりと、
これぞストラトキャスター!というべき、まさに良い意味で「枯れた」音色を、
一音一音を丁寧に聴かせようという意図がくみ取れるJohn Frusciante(G)のプレイも見事だと思います。
テクニック的な部分ではさほどのものでもないですが、
クリーンやクランチのサウンドで、薄っぺらい音にならず、芯のありつつ、
抜けの良いサウンドを作り出す音作りには感服します。
90年代以降のロックの、ブラック・ミュージックとの
クロスオーヴァ―路線を決定づけた非常に重要な作品だと思います。

If You Have To Ask

Give It Away

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/03/11(月) 15:38:24|
  2. Red Hot Chili Peppers
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日の一枚(87)

Album: Superunknown
Artist: Soundgarden
Genres: Alternative Rock, Grunge

superunknown.jpg


1984年シカゴで結成されたオルタナティブ・ロックバンド。
1997年一度解散した後、2010年に再結成し、2012年にアルバムを発表するなどしている。
90年代初頭にPearl JamやSmashing Punpkins、Nirvanaらと共に、グランジ黎明期からその存在が
知られていました。
しかし、彼らの音楽性は、典型的なグランジの音像よりもへヴィ・メタル的であり、
楽曲も、ギター・リフから膨らませて作曲するというよりは、どちらかというと変拍子も多く、
低音の強調されたベースと、Black SabbathのBill Wardのようなパワフルなドラム
(現在はPearl Jamで活動するMatt Cameron)のため、
リズム主体で作曲されている印象を受けます。
うねりの激しいギター・トーンが、(フェイザー使ってるのかな)空間的な広がりを演出して、
「グランジらしさ」を物語っていると言えると思います。
とは言え、最も評価すべきはChris Cornellのボーカリゼーションかもしれませんね。
オルタナのバンドの中ではトップクラスの音域の広さと、ソウルフルなトーンのボーカルが、
彼らにしか生み出せない深いグルーブを作り出しています。
へヴィメタリックなサウンドから、パンキッシュなサウンド、さらには中近東、アジアライクな音色に
至るまで、ある種のサイケデリックさを湛えながら、これらの要素が完璧に溶け合った、
至高のロック・グルーブを収めたオルタナティブ・ロックの一つの到達点。

Mailman

Black Hole Sun

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/02/23(土) 00:26:20|
  2. Soundgarden
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(22)

arminice.jpg
Album: Armistice
Artist: Mutemath
Genres:Alternative Rock
Goodbye


ニューオリンズ出身の、若手オルタナティブロックバンド。2004年結成。
こんなグルーヴィーなオルタナは、聴いたことがなかったですね。まず、
このバンドはDrum&Bassが上手いです。聴いていて耳が気持ちいいです。
それに加えて、奇妙なほどにポップなんです。枯れたボーカルと、ファンキーな、図太いベース。
本曲はその最たるもので、とってもキャッチーで覚えやすいメロディなのに、
何度も聴くうちに、音作りへのこだわり(アナログっぽい、太い音といいますか…)や、
さりげないフレーズの難しさに気付くのです。私的には、今後に最も期待しているバンドの一つです。
黒人音楽のビートは、永遠に不滅と言って良いでしょう。
最新作のタイトルはOdd Soulと言いますが、これまた、彼らの音楽性を良く表した言葉です。
奇妙な、とは実験的(例えばRadioheadのような)な側面を指し、ソウルとは、古き良き、ビート感をさしているのでしょうね。



Goodbye

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2012/12/24(月) 00:26:27|
  2. Mutemath
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。