私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(101)

Album: Nemesis
Artist: Stratovarius
Genres: Heavy Metal, Power Metal

Nemesis.jpg


発売されたばかりの、北欧メロディック・スピードメタルの雄、Stratoveriusの14th。
ドラムスのヨルグ・マイケルが癌のため(公式では個人的な理由のためとされていますが)脱退という、
非常に大きい痛手をこうむった彼らですが、新たなドラマーとして、弱冠25歳のRolf Pilveを加え、
今年ニュー・シングルとアルバムの発表に至りました。
本作も、基本的にはMatias Kupiainen(G)とJens Johansson(Key)の二人により作曲され、
Timo Kotipelto(Vo)が作詞を担当するという編成になっています。
変態キーボードとギターの高速ユニゾンを聴かせる#1Abandonや、
不協和音が怪しく鳴り響く#3Stand My Ground
(#3のソロの完璧さと安定感は聴いていて安心します。良質なパワーメタルです。)
のような疾走曲も勿論健在で素晴らしいのですが、
(ドラムスが変わったため、以前よりもスネアやシンバル類は耳の上で鳴っている印象です)
#2Unbreakableのように非常によく練られた複雑な曲構成のものから、
#5Fantasy(Lauri Porra(B)作曲)ではこれまでにないようなポップネスを獲得しています。
Matiasの清澄なギタートーンはとても好みの音です。PHの音なんかは素晴らしい!
一方では、#10One Must Fallのようにモダン・へヴィネスよりのリフを掻き鳴らすものや、
バラードの#13If The Story Is Overでは、Timo Kotipeltoのボーカルにさらに磨きが掛かっていて
エモーショナルなものになっています。キーも、以前と比べると(若干無理をしてハイ・トーンを
歌わせているような感じがあったかなと思います。)チェストの響きがよく伝わってくる音域に
設定してあるので、実力を100%引き出せているようで、朗々とした歌唱が聴けます。
幾度もの危機を乗り越えてきた彼らですが、やはり今回もメロディックかつキャッチ―でありながら、
曲ごとに様々な仕掛けがしてあって、飽きさせない良質なパワー・メタルを生み出しています。
ストヴァリからメタルを聴き始めた私は幸運だったと思います。

Unbreakable
関係ありませんが、水樹奈々さんのUnbreakableもキャッチ―なパワー・メタルです(笑)

Halcyon Days

Fantasy

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2013/03/05(火) 19:51:14|
  2. Stratovarius
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(99)

Album: Temple Of Shadows
Artist: Angra
Genres: Symphonic Metal, Progressive Metal

Temple Of Shadows


1991年ブラジルサンパウロ州で結成された、ブラジルを代表するメロディック・スピードメタル/
シンフォニックメタルバンドの5th。2004年作。
前任のボーカルであったAndre Matosが、Eduardo Falaschiへと交代した新体制となってから
2枚目のアルバムとなっています。アンドレ期のAngraは、クラシック色の強い音楽性で、
ストリングスのアレンジも、かなり味付けの濃いものとなっていましたが、
エドゥが参加してからは、同じようにジャーマン・メタルのスピード感と、叙情的なメロディアスさを
保ちつつも、より大作主義、コンセプト・アルバム指向へと変化していき、プログレ・メタルの
諸バンドと比較しても引けを取らない重厚な内容になっています。
その後期Angraの中でも、コンセプト・アルバムとして最も評価されているのが本作かと思います。
ゲストにはGamma RayのKai Hansenなど、超一流の面子を揃えてレコーディングされています。
アルバムのストーリーとしては、11世紀の十字軍騎士であるShadow Hunterが、
エルサレムへの遠征をしていく中で、宗教戦争への痛烈な批判、
それを通して現代人への警鐘を鳴らすという、大変に思想的な要素が強い一大絵巻となっています。
#1Deus Le Volt!から#2Spread Your Fireへと疾走しながら流れ込んでいく、といういつもの
ツーバスドコドコのネオクラシカル的な曲展開
(コーラス・ワークの美しさは特筆すべきものがあると思います。溜息が出ますね)も、勿論ですが、
#8 No Pain For The Deadのようなミドルテンポの楽曲はエドゥのエモーショナルなボーカルが聴け、
#10Sprouts Of Timeのようにブラジル音楽の影響の色濃い濡れたメロディと、
Kiko Loureiro(G)の粒立ちが良く丁寧で厚みのあるトーンが楽しめます。
やはり個人的にはクサクサの速弾きツインギターが楽しめる#6Temple Of Hateのような曲に
アスリート的なカッコよさを感じずにはいられません。
ただ、曲間のインスト部分はプログレを匂わせる音使いが多く、
Dream TheaterのMetropolis Part2-Scenes From A Memoryを聴いているのに近い
カタルシスを覚えます。
コンセプト・アルバムとしての統一感をより一層際立たせていて、素晴らしい快作だと思います。

Spread Your Fire

The Temple Of Hate

Sprouts of Time

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/03/04(月) 00:12:45|
  2. Angra
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(19)

Album: Elysium
Artist: Stratovarius
Genres:Heavy Metal
Black Diamond(Live)
Elysium.jpg


北欧を代表するメロディックスピードメタルバンド。1984年結成のフィンランド出身。
シンフォニックな点は、Halloween, Rhapsody Of Fire, Angraと同系統といえます。
北欧ならではの、どこかノスタルジーを感じるクサいメロディは、
'70年代の日本のフォークや歌謡曲に通じる部分があります。現在では、彼らの影響を受けた
フォロワーバンドが多く存在しています。Sonata ArcticaやNightwishなどは、その代表例ですね。
Visionsは、メロスピ史に残る必聴盤であると言えると思います。彼らは、
演奏力の高さにも定評があります。特にイェス・ヨハンソン(Key)の超絶早弾きと、
ヨルグ・マイケル(Dr)の精密機械のようなドラミングは、聴きどころですね。
実質、作詞作曲を全て行っていたティモ・トルキ(G)が2005年に抜けたため、
ファン達は心配していましたが、新たに参入した若手ギタリストの、マイク・クピアイネン(G)
が超絶技巧&作曲能力を持っていたんです。本曲は、知る人ぞ知るメロディックスピードメタルの
大名曲ですが、Visionsのバージョンよりも、さらに爆走しまくっている、ライブテイクを選択しました。音質も良好です。マイク・クピアイネンのプログレ掛かった高速ギターソロを堪能できます。


Black Diamond(Live)

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2012/12/23(日) 16:59:03|
  2. Stratovarius
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: