私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

社会人になって「自分」を見失ってしまう怖さ、「NPC」になってしまった人たちへ

いつも私的名盤紹介をご覧くださっている皆様、ありがとうございます。
管理人の@privategrooveです。

初期研修の2年間が終わり、4月からはいち内科医として、自分の専門とする診療科の道へ本格的に
進むことになります。

学生時代から、悩みごとがあると、銭湯に友達同士で集まって話し合う習慣がありました。
「裸のつきあい」とはよく言ったもので、働き続けることの意味や、各々の恋愛、結婚観、哲学や、
お互いの家族の悩みまで、隠すことなく開陳できた時間は、自分にとって宝物ですし、
今でも悩んだときは友人と銭湯へ繰り出しています。

20代も後半となり、30歳が近づくにつれて、友人たちも様々なライフステージを迎えています。
そんな中、僕と親友の間でよく話題に出ることととして、
「働きだしてから、「本来の自分」を見失ってしまっている人が多くなっていないか?」
という話題がよく出るようになりました。

社会人が忙しく、自分の好きだった趣味や遊びに取り組めなくなったり、
たまの「飲み会」だけを楽しみにする様子はよく見受けられます。

医師という職業は特殊です。当直や夜勤、待機で家から呼び出されることもしばしばであり、
仕事と病院の中での価値観が、如何にしても人生の中心に据えられがちです。
ICUの患者さんのために何日も泊まり込みで働いたり、睡眠不足の中、救急初療室で働いた記憶をはじめとして、
仕事を通して胸が熱くなったり、あるいは強い自責の念や無力感に苛まされることもあります。

たった3年間の経験ですが、されど3年です。仕事を通した人間的成長というものは、たしかに存在するだろうと思います。

しかしながら、学生時代に輝いていた目に生気がなくなっていたり、個性に富んだエキセントリックな性格の医学生
(医学生というのは変わった性格の人が多く、それがまたいいところでもあります)
が、僕から主観的に見て、「面白み」や「クセ」がなくなってしまう過程を目の当たりにしました。

仕事以外の趣味その他の活動に取り組んでいることが、「自分を見失わないこと」とイコールである、
という短絡的な理論に終止するつもりはありません。医学生の頃思い描いていた生活と、
実際の勤務医の生活にギャップを感じ、進路に深く悩んだり、時には選択を変えたりする人も多いです。
また大抵の場合、優秀な医学生は「与えられた役割をこなす」ことが「出来てしまう」ことが多いので、
本来この仕事がやりたかったのか、自分にとっての仕事の位置づけ、相対化が出来ずに忙殺される人が多いように感じます。

以下では、「自分を見失ってしまった人」をテレビゲームの用語を用いて、NPC(non player character)と定義しようと思います。
ここでは、仕事を始めるにあたってNPC化した人たちについて、銭湯で僕と友人諸氏で話し合った内容を、
纏めてみたいと思います。

あなたは、「NPC化」していないでしょうか?これは、自分にとっての自戒でもあります。
僕も、懐疑的に思索し続ける人間であろうと思います。

Q1 仕事を人生の中心にしている人について、本当にあなたが取り組んでいる仕事は、「進んで取り組みたい」と
思えるものでしょうか?


・人間は、仕事にせよ、家庭や趣味、芸術や友人づきあいにせよ、
何事かに取り組む際には、モチベーションや体力といった「リソース」が必要です。
仕事で失っているリソースがもし、余っていたとしたら取り組みたいことはないでしょうか。
・仕事に人生のリソースをつぎ込むことが血肉化すると、その他のことにリソースを割くことが
「おっくう」になっていきます。最終的には、それまで好きだった趣味や気晴らしが、「興味をそそられないもの」へと
変化してしまいます。やや飛躍した論理ですが、これは抑うつ状態またはその前段階と似通っています。

Q2 あなたは、今の生活を「俯瞰的」に見られていますか?

・自分が内発的感情に基づいて取り組みたいこと(仕事でも、恋愛でも、趣味でも構いません)が、
これといって存在せず、職場や周囲の人間と同様の行為を行っていく(入局、当直、大学院進学、専門医etc)、
あるいは、「常識的なライフステージ」に合わせて日々を送っていませんか?これが、NPC化の過程です。

・今、自分が日々リソースを割いている行動を明文化しましょう。その一つ一つが、自分の自己実現や
モチベーションを伴った行為なのかどうか、社会構造に迫られて「強迫」されていないかをまず考えましょう。

・それをもとに、行動や生活を変えてみるのも、よいかもしれません。一つ言えることは、これまでの習慣や行動を
変更するのはストレスを伴うことなので、強い意志を持つことが大切となるでしょう。

・時には職種や部署を変更することが正解かもしれません。

・いちばん大切なのは、まず現状を見直すことです。その結果、もしこれまでと「リソースを割く内訳」を
変えないとしても、自分が、いわゆる「社会の歯車化」していないかについて自覚的になることが大切です。
(これは、結果として組織の歯車となっていることが悪と断じているのでは決してなく、与えられた役割を、
内発的な感情やモチベーションに基づかないで、ただ「こなしているだけ」になっていないか、問いかけ続けるということです。)

・一言でいうと、「無知の知」を得ることが大切だということです。

・自分がリソースを割く行動を決める際(例えば、絵を描く仕事につきたい、ミュージシャンになりたいなど、何でも結構です)
には、「自分が特別(才能を持った)な存在である」という自覚を捨てることが大切です。
どんな分野でも、そしてそれをどんなに極めたとしても、常に自分より実力が上回る人というのは存在します。
努力することは大切ですが、ある程度、自分の気持ちや自尊心と適切な折り合いをつけることが大切です。

Qあなたは、「余暇」の時間に、何かやりたいことがありますか?
(「余暇」とは、仕事や、ライフステージに合わせたやるべきDuty(家事や子育て、介護なども含まれるでしょう)がない、
あるいは直ちに取り組む必要がないとき)


・休みがあっても特にやることがないので、仮に仕事で忙殺されてもなんとも思わない、という人がいた場合、これは危険です。
あなたがやっているその仕事は、身を削って取り組みたいことですか?一度立ち止まって考えましょう。

・人間にとって、何か新たな行動を起こすためのモチベーションや体力、知識を得るための時間などをリソースと定義すると、
一人ひとりにとって「リソース」は有限のものです。そのリソースを何に割きたいか、を何度も自分に繰り返し問いかけましょう。

・ただ日々を周囲の人やライフステージに流されるがままに過ごし、社会人として与えられた役割を果たし続ける歯車は、
ヒットした=TVアニメAngel Beats!に現れたNPCと同一です。

以下は、さらに僕の主観的な価値観を書きます。

例その1
医師は、同調圧力が強い、いわゆる「体育会系」な価値観を中心に据えている人が一定数いるようです。
つまり、エリートとして大学を卒業し、ハードに働いてキャリアを積み重ねていく流れこそが「正解」であると規定する価値観が
共有されがちであると思います。

例えば「専攻医を途中で辞め、新たな分野へ切り替わる」などの事例では、
「研修をやり通す精神力や責任感がない人間」と評価されることが間々あります。
(実際にこのようにハッキリと述べる人は居ませんが、このように見なされることも多いようです)

しかし、実際本人は、様々な患者さんや人々と、新たな業務を介して人間的成長を得ていたりして、
「本人から見て」(ここが大切)充実した毎日を送っていることもあるでしょう。

この事例では、「彼なりの辞めた理由があるのだろう」「むしろ、その理由は何であろうか、専攻医のシステムに問題がないか、
そもそも、専攻医を続けることの意義は何だろうか」と熟慮する姿勢が、生産的なものの見方ではないでしょうか。

例えば、これが医師以外の世界であれば、転職は比較的一般的なことで、
上記のような考え方の人は相対的に少ないのではないかと思います。

例その2

上司が部下に仕事を振り分ける際に、「勉強になるから、役に立つから苦労してもやっておこう」と発言したとします。

この言葉は、部下が「この仕事は誰かがやらなければならないことであり、そして自分はこの仕事をやりたい、
またやることは自分のスキルアップにつながる、そして私は自分のスキルをアップしたいと心から思っている」
という考えであることを前提していることにはならないでしょうか。

部下は、仕事に対して「食い扶持を稼ぐために行っており、不要な仕事は避けたいなぁ」と考えているかもしれないし、
「スキルアップは望ましいが、今日は仕事をしたい気分ではない」と考えているかもしれません。

この場合、部下のキャラクターをよく知っていれば全く問題ないこともあるでしょう。
しかし、「Aの仕事をお願いしてもいいですか?」に留めるのがよいように思います。

何事においても、他者のある行為に対するモチベーションや姿勢を透視することは出来ないでしょう。

つまり、あなたはやりたい事が無かったのではない、やりたいことに気付いていないだけかもしれない、
或いは、心から100%やりたいことではないにせよ、まずまず取り組んで、折り合いをつけて生きていくというように、
自分の置かれている状況を俯瞰的にみて、謙虚に、自分を過信しないように生きていくことが大切ではないかと思います。
(相手の気持がわかるなどと勘違いをしない、人の気持ちを決めつけない)

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2020/02/24(月) 23:38:00|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的名盤紹介管理人が選ぶ「名古屋市ラーメン名店10選―番外編」

私的名盤紹介/私的名盤放送/私的名盤紹介アネックスをご覧頂いている皆様、ありがとうございます。
@privategrooveです。

寒さが厳しい季節になってまいりました。こんな寒い時にこそ、身体に染み入るソウルフード、ラーメン。
2017年に「私的名盤紹介管理人が選ぶ『名古屋のラーメン名店10選』」を編集しました。
2年半ほどの時間が経った今も、おおむねこのベスト10は変わらないところなのですが、
学生時代を含めてそれなりの数のラーメン店に通ってきた自分の経験を生かして、
「名古屋ラーメン名店10選 番外編」をお届けしようと思います。

食べログやRettyなどのランキングは様々な人がレビューを投稿していますが、その分評価者による差が出やすいかと
思います。実際にいち個人が足で稼いだ記録も、それなりにお役に立つのではないかと思い、増補を執筆することを
思い立ちました。今後も、よいお店の発掘に注力して参ります。

私的名盤紹介管理人(名盤さん)が自信をもってお勧めする、10の至高のラーメンです。どうぞ。

※職場の病院で若手医師のみで構成される「拉麺部」を結成し、日々新店や名店を味わっています。
 情報を提供してくれる同期や後輩医師に感謝いたします。

ラーメン 八龍 千代田店
DSC_0070.jpg

地下鉄上前津駅と鶴舞駅のほぼ中間にある住宅街で、昼のみ営業している味噌ラーメンのお店です。
駐車場は店前に2台ほどありますが、コインパーキングの利用が便利です。
2019年版ラーメンWalker東海で味噌ラーメン部門入賞のお店でもあります。
40年以上の歴史があるお店で、当時と変わらないクラシカルな味を維持しています。
ぷりぷりとした中太ストレートの麺は、角が立ち過ぎず、スープを非常によく吸って濃厚な味をダイレクトに伝えます。
トッピングのバターとラードが表面を覆うスープは舌が焼けるほどに熱く、強い塩味と唐辛子の辛みが立ち、
後味のさらりとした味噌の風味が広がります。叉焼は脂身が少なく、しっかり火が通った薄切りで、
濃厚なスープと合わせるにはこのくらいさっぱりした肉がよいと思います。
もやしの火の通り具合も絶妙で、みるみるうちにスープが減っていきます。ライスを頼むのも忘れずにどうぞ。
地元のサラリーマンたちで毎日いっぱいになり、少し強面の店長さんが切り盛りする、そんな昔ながらの人気店です。

徳川町 如水
DSC_0194.jpg

2002年のオープン以来、名古屋の淡麗系塩ラーメンの人気店として君臨し続けるお店です。
食べログ百名店(2017~2019)、ラーメンWalker東海殿堂入り(2016)など輝かしい実績もあり、
毎日深夜まで客足が絶えません。しかし客の捌きの速さが素晴らしく、いつ訪問してもそれほど待つことなく
ラーメンにありつけるのもさすがです。駐車場は裏手に10台分程度あり、コインパーキングもあり充実しています。
無化調とは思えぬほどの強いコクがあるスープは、鶏ガラをベースに昆布と鰹だしの味がしっかり香り、
かつえぐみのない味わいです。人気メニューの「香そば」では大蒜で香り付けした香油が垂らされていて食欲をそそります。
ほかの淡麗系の人気店と比較しても塩味をしっかりと感じさせるパンチの効いた味付けで、
細く少し硬めに茹でられた麺を啜ると素晴らしい香りが鼻を満たします。叉焼は少し脂身多めで柔らかく、
すっきりしたスープにコクを与えます。半熟の卵は非常に柔らかく、箸で少し強く摘まむと黄身が溢れてきます。
サイドメニューの炊き込みご飯や叉焼丼も是非どうぞ。しかし食べ始めはボリュームを感じないものの、
意外なほどに満腹感があるのも、如水のラーメンの不思議なところです。
支店が出来てもずっと変わらないおいしさを提供し続ける名店です。

らーめん奏

DSC_0883.jpg

DSC_0884.jpg

吹上の中道交差点から瑞穂方面を目指して南へ車を走らせると左手にある淡麗系塩ラーメンのお店です。
駐車場は近隣にコインパーキングがありサービスを受けられます。
名古屋コーチンのほか魚介と昆布のうまみが前面に出たスープは非常に優しい味わいで、
脂っこさやしょっぱさとは無縁でありながら、深い味わいです。細くもっちりとした自家製麺は、
小麦の香りをしっかり感じさせてくれます。低温調理のチャーシューはもっちり、しっとりとした食感で、
噛むほどに旨味が滲み出てきます。チャーシュー増しにすると、さっぱりとした鶏むね肉チャーシューも載ってきます。
これも逸品です。醤油はもう少し太く縮れた麺と、香油をまとって少し濃厚な味わいのスープは、
塩ラーメンよりも鶏の味を強めに感じます。人気ジャンルの淡麗系のなかでも取り分けさっぱりとした、
しかし出汁の美味しさを感じられる人気店です。

萬来亭
DSC_0460.jpg

左京山の住宅街の中にあり、20年余の歴史がある名古屋の家系ラーメン人気店です。鳴海駅からも距離が離れており、
車でないと訪問しにくいところがネックですが、ファンも多いお店です。駐車場は広く停めやすいです。
鶏油の香りはそこそこに、ミルキーさが少ない、べたつかず、醤油のキレを強く感じるスープは吉村家を思わせる
ベーシックな味わいです。店長は壱六家で修行された方だそうです。豚骨特有の臭みもほぼ感じられず、
濃厚な味なのにもたれる感じも全くありません。トッピングのうずらは噛むとぷちぷちと弾け、
スープと合わせるとご飯が進みます。辛く味付けされた葱も人気のトッピングで、よいアクセントになります。
麺は硬めに指定すると、徐々にスープを吸って食感が変化するのを楽しめます。硬めでも粉っぽさが少なく、
わずかに縮れてコシがある麺もスープと非常によく絡みます。「緑区の宝」の異名を持ち、その名にたがわぬ名店です。

極太濁流らーめん ら・けいこ 東片端店

DSC_9739.jpg

東片端高速入り口の近くにある二郎インスパイア系のお店です。
二郎インスパイア系と言いながらも非常に個性的なお店で、極太でおそるべく歯ごたえのある麺と、
強い塩分を感じさせるたれ、大量のキャベツ、もやしを、豪快に混ぜ合わせて食べる
汁なし「デブセブラーメン」は他では絶対に味わうことのできない逸品です。焼豚はなんと油で揚げられており、
仕上がった外側をカリリと噛み締めると、中から熱々の肉と脂身が顔を出してきます。
にんにくは生のニンニクを刻んだタイプで、強い辛みと鋭い刺激が全身を駆け巡ります。
同じく汁なしの「デブセブハイパーライト」では肉を一度蒸してから揚げているため、柔らかくトロトロにとろけた食感となり、
これもまた最高です。麺の量は1kgまで増やせるらしく、爆食家たちが日々しのぎを削っています。
一度食べたら病みつき、名古屋ラーメン界の無冠の帝王と呼ぶにふさわしいお店です。

太陽食堂

DSC_2645.jpg

DSC_9736.jpg

地下鉄東山線「中村公園駅」から大鳥居をくぐって暫く歩くとある醤油ラーメンのお店です。
ご主人と奥様の2人で切り盛りする小さなお店で、毎日19:30頃を過ぎると
スープが売り切れになることも多いので気をつけましょう。
透き通った鶏ガラベースのスープは僅かに魚介のほろ苦さが感じられ、
とろりと溶ける脂身のバランスが絶妙な焼豚、細く少し縮れた麺と合わさると非常にクラシカルな中華そばが完成します。
焼き飯も名物として知られ、ラードで炒められた、米粒のしっとりとした、昔ながらのチャーハンです。
細かく刻まれた豚を噛み締めた時の旨味は最高です。
今の時代だからこそ求められる懐かしいチャーラーが食べられる、貴重なお店だと思います。

中華そば 親孝行

DSC_3453.jpg

DSC_3714.jpg


以前は中川区の名古屋駅とそれ以西の街を繋ぐ黄金跨線橋のほど近くにあり、
現在は八熊通沿いに移転した無化調をうりとする鶏白湯のお店です。
最近流行りの鶏白湯系のスープは、ともするとドロドロとしてくどくなりがちなのですが、
親孝行の鶏白湯はすっきりとした口当たりであるにもかかわらず、飲み進めるほどに鶏のうまみが広がり、
さっぱりと食べられます。
野菜や豚骨などを加えた複雑な味わいのスープではなく、あくまで鶏と魚介系を中心にして、
シンプルにしているところが良いのかもしれません。
やや加水率が高い細めの麺は非常によくスープと絡み、食べ終わるころには自然と
スープが底をついているほどです。鶏チャーシューの柔らかさも見事で、非常にしっとりとしています。
白湯のほかに、鰹節の出汁を強く感じる金の中華そばやカレーラーメンも人気メニューで、どれもお勧めです。

中華蕎麦 生る

DSC_1995.jpg

今池駅からナゴヤドーム方面へ向かって北へと進むと環状線沿いにある魚介つけ麺のお店です。
ラーメンWalkerなど各雑誌でも常連のお店で、平日の昼夜問わず行列が出来ています。
トロリとして表面がわずかに泡立つつけ汁は、豚骨のまろやかさと食欲をそそる香りに、鶏と魚介を加えた、
濃厚でありながら脂っこくなく、すっきりとした後味があり、飽きのこない味です。
真っ直ぐに伸びる太麺は、輝いていて小麦の香りが自然と鼻を突き抜けていきます。
麺だけで食べても十分に小麦と卵の風味が感じられ、もちもちとした強いコシがあり、これほど見事な麺が
食べられるお店はなかなかないと思います。
特製のトッピングには、辛さを加えるもみじおろしや、提供の直前に炙って香ばしさを出す叉焼、葱と海苔が付いてきます。
叉焼は、薄切りですがサクサクとした食感があり、気付いた時には蕩けてなくなっています。味の濃いつけ汁を邪魔しません。
最後にはだしでスープを割って飲めます、もったいなくてついつい飲んでしまいます。
誰が評価しても間違いのない、名古屋のつけ麺の名店でしょう。

らぁめん翠蓮

DSC_7699.jpg

DSC_2705.jpg


地下鉄鶴舞線いりなか駅の近くにある焼き干しラーメン、海老まぜそばのお店です。夫婦で切り盛りする小さなお店です。
トビウオの焼き干し(あご出汁)をメインにしたスープは他では味わえない、香ばしく濃厚で、わずかなほろ苦さが
後からやってくる独特な風味があり、魚介系のつけ麺やラーメンとは一線を画しています。
魚粉のパンチの効いた旨みもあり、つるりとして縮れた麺がスープをよく絡めます。
具には豆苗が入っており、濃厚なスープに爽やかさを加えています。細切りの叉焼もわずかに焦げ目が付いていて、
香ばしいスープとの相性抜群です。
もう一つの人気メニュー、まぜそば海老鶏油は数量限定のメニューで、大量の干し海老を豆苗や葱、
半熟卵と混ぜて頂く変わった逸品で、辛めの味付けで刺激的です。


信長ラーメン 清洲本店

DSC_1199.jpg

DSC_8535.jpg

名古屋のマニアックなローカル線No1ともいえる城北線尾張星の宮駅、清州東ICの近くにある、
昔ながらな家族経営の豚骨ラーメン、「赤いラーメン」のお店です。
通常のラーメンは白濁した豚骨と鶏ガラのスープで、さらりとした舌触りに優しめの豚骨の風味が香る
懐かしいラーメンで、寿がきやに慣れ親しんだ名古屋人ならお馴染の味わいです。
細めで縮れた麺もつるりとしていて重さがなく、さっぱりと食べられます。
人気メニューの「赤いラーメン」は、このラーメンのスープをもとにして、たっぷりの唐辛子と豆板醤で辛く味付けされています。
見た目ほど唐辛子の刺激は強くないものの、食べ進めるほどに汗が出てきます。
たっぷりと入った葱、胡麻、ニラと大蒜の香りが湧きたち、意外なほどにさらっとした舌触りとは裏腹に、
パンチの効いた爽やかな刺激と深い味わいを感じます。こってりとした角煮の叉焼が入ってもくどくない絶妙なバランスです。
立地の関係から各種媒体に取り上げられることが少ないお店ですが、店の前にしっかり駐車場もあり、店内も広いです。
正確には名古屋市外ですが、もっと知られても良いお店だと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2019/12/15(日) 18:54:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的名盤紹介ANNEX「東海地方・名古屋市ショッピングモール写真集」

私的名盤紹介ANNEX「東海地方・名古屋市ショッピングモール写真集」

私的名盤紹介をご覧下さっている皆様、お世話になっております。

今年の初めより開設した「私的名盤紹介」のもう一つのアカウント/プロジェクト、
「私的名盤紹介アネックス」も、あと少しで開設から丸一年が経とうとしています。

当初は建築(主に1960-1980年代に建てられたもの)やグルメ、ラーメン情報などを発信する予定でしたが、
この1年間でいわゆる「商業施設」(GMS)の建築やデザイン、吹き抜けの構造などに関心が偏ってきており、
休日を利用して相当な数の商業施設を訪問してきました。

そこで、これまで訪問してきた商業施設の写真を整理しました。
名古屋市内および愛知県内の施設が中心ですが、一部岐阜県や三重県の施設も収録されています。

バブル時代の香りが残るモールや、郊外のこじんまりとしたスーパー、
モダニズム建築の影響を感じる百貨店など、それぞれが個性を持った魅力的なお店ばかりです。
なかなかこの楽しさを共有できる友人は居ないところですが、
「吹き抜けマニア」「渋ビルマニア」「昭和なスーパー好き」の方々、またそうしたバブル建築に関心のある方の
一助となれば、これほどうれしいことはございません。

ショッピングモールはその地元の人々に愛され、人々の生活と共にあり、歴史を重ねていくものだと思います。
人々が過ごした年月に思いを馳せる、ある種ノスタルジックな楽しさや、買い物をする空間としての機能性を維持しながら、
その時代の流行のデザインを取り入れた機能美を鑑賞する楽しさを、少しでも伝えられればと思います。

東海地方、名古屋市の昭和なスーパーの美しさを残した写真集、ぜひ、ご覧下さい。


続きを読む

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2019/12/02(月) 23:20:32|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的名盤紹介Instagramのお知らせ

いつも私的名盤紹介/私的名盤放送をご覧頂いている皆様、ありがとうございます。
管理人の@privategrooveです。

新たな私的名盤紹介の企画として、昨今話題となっているInstagramのアカウントを作成いたしました。
普段、音楽以外の趣味について発信することは少なかったのですが、
以前より収集していたモダニズム建築や、機能美に溢れる集合住宅など、
建築物を「発見」するのが好きで、見つけるたびに写真を撮るようにしていました。

名古屋市内にある美しい建築物を特集した同人誌、「名古屋渋ビル手帖」を丸善栄店で購入し、
こうした美しいビルを見てみたいと思う方々が自分以外にも相当数いることを知りました。
そこで、これまで撮りだだめたビル写真をInstagramでまとめることを思いつき、
年末企画として公式アカウント作成の運びとなりました。

名古屋の渋ビル代表格、中日ビルや中産連ビルなどの有名なものから、
半田市パワードームなどの渋スーパー、バブル時代の遺構などを中心に、
私的名盤紹介管理人の感性に訴えかける建築物を、次々とご紹介したいと思います。

ぜひ、ご期待ください。

「私的名盤紹介Instagramアカウント」
(アカウント名:nm7groove)

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2018/12/30(日) 15:27:12|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妊娠糖尿病が出産後に糖尿病に進展しないために―レビュー

引き続いて、昨今わが国でも社会的な問題となっている糖尿病は妊娠中の女性において
妊娠糖尿病と、糖尿病合併妊娠、妊娠中に発見された明らかな糖尿病に分類されます。

以下は2017年にDiabetes/metabolism research and reviews誌に掲載された、
GDM既往のある女性が、出産後糖尿病へ移行するのを予防するための薬物/非薬物療法について纏められた、
非常に示唆に富んだレビューです。

これも原著論文が無料で公開されています
以下は私的名盤紹介管理人による同レビューのまとめです。
近年話題となるトピックの新しい知見が分かり易く纏まっています。

※本記事の複製、一部の使用、改変しての使用はご遠慮ください。
  それにより生じたいかなる不利益についても、責任を負いかねます。

原著:Preventing Progression from Gestational Diabetes Mellitus to Diabetes: A Thought-filled Review,
Diabetes/Metabolism Research and Reviews, 2017 May 19 
Kasher-Meron M, Grajower MM (Division of Endocrinology, Albert Einstein College of Medicine, Bronx, NY)

【Abstract】(日本語訳、意訳)
妊娠糖尿病(Gestational Diabetes Mellitus, GDM)を既往に持つ女性は、将来的に2型糖尿病(T2DM)へと進展するリスクが高いことが知られている。長期間のフォローアップに関する研究の成果として、糖尿病発生率は最大で70%にも及ぶことが報告されている。

GDMを既往に持つ女性の、適切なフォローアップの方法についての研究は、いまだ本格的に行われていないのが現状である。ガイドライン上では、産婦人科医が年に一度の健康診断で出産後の女性の血糖値をモニタリングし、糖尿病の早期発見に資することが推奨されている。しかし実際には、そうしたスクリーニングを行っている施設は少ない。

GDMを既往に持つ女性の糖尿病発症を予防するために有効な介入に関して、良質な、あるいはクリアカットなエビデンスは何一つ提示されていない。生活環境に対する介入プログラムをこうした女性患者の群に適応しても、良い結果は得られなかった。メトホルミン、ピオグリダゾン、リラグルチド、そして肥満外科手術が考えうる選択肢の一部となるが、データが不足している。その他、様々な薬物治療を評価するためのRCTを、生活環境への介入群、非介入群に分けた上で今後行っていく必要があると考えられる。
【introduction】(以降は全訳ではなく要約)
①2009年から2012年の調査においては、米国の成人のうち37%が前糖尿病状態にあると言われており、2012年の調査では、20歳以上の米国人において推定86万人もの前糖尿病状態の患者が存在しているといわれている。
②GDM既往のある女性患者のうち、将来的に糖尿病を発症しやすい患者には共通する特徴がある。それは患者および患者家族の年齢が比較的若いことである。若い家族は忙しく、生活環境改善のための介入に参加するための時間がないことが、大きな障壁となっている。
③若い母親であれば次の妊娠・出産をいずれ迎えていくことであろうし、そもそも、その母親のこれからの人生も長い。そういった母親を、高血糖や次なるGDMの状態に曝すのは避けねばならないから、患者の年齢層の問題はとりわけ重要であると言える。
④GDM既往があることは、2型糖尿病には至らないまでも、将来的にメタボリックシンドロームや心血管イベント、NASHなどを含めた様々な疾患のリスクとなることも知られている。
【GDM Diagnosis, Incidence and The Risk of Developing T2DM】
①米国でのGDM発症率は9.2%にも及ぶという報告がある。
②過去30年間でGDM発生率は増加しており、1979-1980年では0.3%であったが、2008-2010年の調査では5.8%となっている。この増加は妊婦の高齢化、BMIの増加のみでは説明がつけられない。
③GDM既往のある女性では、将来的に2型糖尿病となるリスクが高いことが知られている。長期間に及ぶフォローアップを行った研究では、糖尿病発生率は最大で70%にまで及ぶことが報告されている。
④GDM後のT2DM進展率は報告によって値が様々であるが、これは人種や民族によって発生率が異なること、フォロー開始時期と継続期間が異なること、適応される診断基準が異なること、フォローアップを自己中断する人が多いことなどが原因であるだろう。
⑤GDM後のT2DM発症患者の特徴は、通常のT2DM患者の特徴と類似しており、肥満、DM家族歴、インスリン抵抗性、インスリン分泌能の低さが重要となる。
⑥妊娠前のBMIだけでなく、出産後の体重増加が多ければ多いほど、GDM後にT2DMへと進展しやすいことが知られている。「ベースラインBMI≧30かつGDMにて出産後≧5kgの体重増加があった患者」では、「ベースラインBMI<25かつ出産後<5kgの体重増加があった患者」よりもT2DMへと進展しやすいことが明らかとなり、補正ハザード比で43%増加すると報告されている。
⑦GDM患者のうちGAD抗体または抗インスリン抗体を有していた患者は全体の5%未満であった。
【Current state of follow up】
①ADA(米国糖尿病学会)のガイドラインでは、出産後4-12週でOGTTを行うことを推奨している。OGTTを行って耐糖能異常(IGT, impaired glucose tolerance)がない場合でも、1-3年ごとに再検査を行うことが推奨されている。
②スクリーニングにはOGTTを行うほかにHbA1c測定による方法があり、HbA1c測定であればアドヒアランスが高く、高いスクリーニング受診率が期待できる。したがってOGTTの代わりの選択肢として考えられる。
③しかしながら、GDM既往のある女性の産後1年のスクリーニング結果(n=231)では、OGTTで46%異常が検出されたのに対して、HbA1c測定では僅か19%しか異常が検出されなかった。(両者共に感度、特異度の低い検査であるにもかかわらず)
④以上のことから考えられるスクリーニングのプランとして、産後1年のDMスクリーニングとしてOGTTを行い、その後OGTTは行わず、1年に1回のHbA1c測定または空腹時血糖測定を組み合わせていくという方法が合理的ではないか。
⑤実際の臨床では、GDM既往のある女性の血糖スクリーニング検査はあまり行われていない。
⑥2000年から2012年にかけて保険会社によって行われた調査では、50州から集められた32000人にも及ぶGDM既往女性が調査の対象となった。しかしそのうちの75%は産後1年でDMの検査を行われていなかった。
⑦1994年から2008年にかけてカナダで行われた調査では、GDM既往女性のほぼ全員が家庭医や産婦人科医の診察を受けているにもかかわらず、そのほとんどがOGTTを行われていなかった。
⑧近年の研究では、GDM既往女性の長期フォローアップに関する不備に焦点が当てられている。The National Health and Nutrition Examination Surveyの2007年から2012年にかけての調査(n=284)によると、20歳から60歳の女性のうち、産後3年以内にDMのスクリーニングを受けた女性はわずか67%に留まった。さらにそのうちの約3分の1が初発の糖尿病または前糖尿病状態であった。

【Strategies to Prevent T2DM in Patients with Prior GDM】
①GDM既往のある女性をDMへと進展させないための予防戦略に関して、どういった方法がベストであるか、現在のところはっきりとしたエビデンスは存在しない。ただ早い段階で介入を行った方が良い結果が出やすいといえる。
②T2DMの累積発症率は産後5年間にかけて上昇していき、10年でほぼプラトーに達することが知られている。
③メキシコ系アメリカ人女性に対する産後4年間の研究では、GDM群ではGDMのなかった女性群よりも、より早くインスリン分泌能が低下し、感受性の低下も早かったという結果であった。
Lifestyle Changes and Metformin
①ADAのガイドラインによれば、糖尿病初発の患者に対する第一選択として食事運動療法とメトホルミンを推奨しており、これは長期にわたる研究の結果、安全性が高いことに基づいている。
②この戦略はDiabetes Prevention Program(DPP) Studyに基づいて定められたものであり、DPPは耐糖能異常を示した患者に対するメトホルミン、食事運動療法、プラセボの効果をDM発生率で比較したRCTである。
③DPPの事後解析として、GDM既往群と非既往群を設定し、その相違点が比較されている。
④GDM既往群においては、食事運動療法とメトホルミンでは効果に有意差はみられず、どちらも同程度に効果的であった。(プラセボ群と比較して約50%DM発症率を抑制)
⑤それに対して、GDM非既往群においてはメトホルミンよりも食事運動療法の方が効果的であった。(食事運動療法:49%, メトホルミン:14%抑制)
⑥以上の結果より、DPP studyに基づけば、GDM既往女性においては食事運動療法またはメトホルミン内服のいずれかを行えばよいということになる。
⑦しかしこのDPP studyの事後解析による結果を実臨床にそのまま応用するには、いくつかの問題点がある。
⑧まずGDM既往女性は非既往女性よりも年齢が平均8歳若く、さらにDPP studyに登録していたGDM既往女性は、出産後DM発症までに平均12年もの期間を有していることである。これより出産後間もない女性にDPP studyの結果を適応することには疑問が残る。
⑨GDM既往女性は非既往女性に対して食事運動療法のアドヒアランスが低く、体重コントロールも不良であり、治療からのドロップアウトが多いことも考慮する必要がある。
⑩The Mothers after Gestational Diabetes in Australia(MAGDA) studyでもこれに近い結果が得られている。この研究ではGDM既往のある女性に対して、生後1年で食事運動療法群と非介入群を比較している。結果として体重増加は1kg程度の小さな差に留まった。しかしながら、出産後1年間で食事運動療法への参加率は低く、すべてのプログラムを完遂したのは介入群のわずか10%であった。
⑪以上のことから、DPP studyに参加しているGDM既往女性群での結果は、実臨床でのGDM既往女性に対する治療効果の乏しさを正確に反映していないといえる。そして最も大きな問題は、食事運動療法への参加率の低さであり、それゆえ薬物療法による介入が、DM発症予防のためにより重要性を帯びてくるということになる。

Thiazolidinediones
①Troglitazone in the Prevention of Diabetes(TRIPOD) trialは、GDM既往女性におけるβ細胞機能低下に対するトログリタゾンの効果を研究したものである。
②GDM既往があり、出産後4年以内のヒスパニック系女性に対してトログリタゾン400mg群とプラセボ群を設定して行われており、ベースラインにおいて約70%の女性に耐糖能異常がみられていた。
③30ヶ月間のフォローアップにおいて、トログリタゾン群ではDMへの進展率が低いことが示された。(5.4% vs 12.1%)
④トログリタゾンは治療開始3ヶ月後の時点でインスリン需要を低下させ、その効果は投与終了後8ヶ月間持続していた。(トログリタゾンは肝毒性のため現在では米国、欧州で発売中止となっている)
⑤続いてピオグリダゾンを用いたThe Pioglitazone in the Prevention of Diabetes(PIPOD, non-controlled trial)では、89名のGDM既往のある女性(25-54歳)を対象に試験が行われた。
⑥ピオグリダゾンはTRIPOD studyと同様にβ細胞機能低下を阻止し、DM進展率を4.6%へと減少させた。ピオグリダゾンに関しては今後のさらなる研究成果が望まれている。
Other interventions
①その他の薬物治療に関するエビデンスも、これまで幾つか提示されている。
②アカルボースはSTOP NIDDM studyにおいて、ピオグリタゾンはACT-NOW studyにおいても、リラグルチドはSCALE study (table1)においてDMの予防または進展を防止することが示されている。
③肥満外科手術は、特に肥満が強い女性に対して、将来的に有望な手法として注目を集めている。Swedish Obese Subjects studyにおいて、BMI>36の患者において肥満外科手術がDM予防に効果を発揮することが示された。
④以上の研究結果も、DPP studyと同様に、より若く痩せているGDM既往女性に対してそのまま結果を適応できるものではないであろうが、対象とする患者をよく選べば効果を期待できるであろう。
⑤例えば、リラグルチドと肥満外科手術は肥満のある患者に、ピオグリダゾンは脂質異常の強い患者やNASHの患者に効果を期待できる。
⑥あらゆる薬物治療は出産後早期に行われることが推奨されているが、当然のことながらその母親は授乳しているかどうかはつねに考慮しなければならない。
⑦それに加えて、哺乳行為それ自体がGDMからT2DMへの進展を予防する可能性があるという報告に関しても、さらなる研究が必要となってくるだろう。
【Conclusion】
GDMを既往に持つ女性の糖尿病発症を予防するための有効な介入方法に関して、現在のところ明らかなエビデンスは全く存在しない。この出産後の糖尿病への進展のメカニズムが、母親のみならず、次に生まれてくる子供にも影響を与えてしまう、という事実がこの問題をより複雑なものにしているのである。GDMを既往に持つ女性に対して、産婦人科医が年一回の健診で空腹時血糖とHbA1cをフォローアップしていくことが推奨されていくべきである。フォローアップのための健診に来ない患者が多いこと、生活環境への介入に対するコンプライアンスが低いこと、そして既に高血糖となってしまった状態で、次の妊娠を迎えることのリスクを考慮すると、メトホルミンやピオグリダゾン、リラグルチドといった薬物療法を行っていく選択をすることも必要かもしれない。症例によっては、出産後のBMIを含めた包括的な内分泌代謝学的評価を踏まえた上で、外科手術による介入という選択肢についても、考慮していくべきであるだろう。GDMを既往に持つ女性の糖尿病発症を予防するために、生活環境に対する介入を行った群と行わない群を設定し、様々な薬物療法の効果を評価するRCTを今後実施していく必要があると考えられる。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2018/12/27(木) 21:22:31|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: