私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

おすすめ書籍 その3 「ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法―冨田恵一」

いつも私的名盤紹介にお越しくださっている皆様、
Twitterにて交流頂いております皆様、友人の皆さん、ありがとうございます。
今日は非常に寒い一日で、明日は雪も降るということだそうですがいかがお過ごしでしょうか。

医学部生活も4年目となり、CBT(コンピュータを使って行う全国共通の基礎医学、臨床医学に関する多選択式テスト)と
OSCE(臨床実習のための基本的な技術に関するテスト)を控え、徐々に忙しくなって来ており、
更新も滞っている状態(今年の夏までが暇だったというのが本当のところかもしれませんが)
です。

しかしそんな中でも、この私的名盤紹介は来る12月24日に開設2周年を迎えますし、
これまで訪問し、コメントや拍手を残して下さる方々のお蔭で続けてくることが
出来ました。ありがとうございます。

昨年度に続き、時間に余裕があれば邦楽ベストアルバムなどの記事も編集しようと
考えております。ご期待下さい。

さて、今回紹介しますのは、
北海道旭川市出身の音楽プロデューサー、作曲家編曲家である冨田恵一(1962-)の
著書である「ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法」(2014)であります。



ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法
(2014/07/18)
冨田 恵一

商品詳細を見る

(Amazonへのリンクです。)

タイトルの通り、本著で取り上げられている作品は、Steely Dan活動休止後、
メンバーであったDonald Fagenによって1982年に発売された、
Nightflyという作品であります。

この作品については以前に私的名盤紹介でも取り上げており、
(昨年の4月の記事ですのでクオリティが低くて恐縮ですが、クレジットの確認程度には
使えると思います。
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/blog-category-152.html)
自分自身、何度聴いたか解らないほどに手放すことのできない、
大切な、「一生モノ」のアルバムであります。

そして、AORやソフトロック、フュージョンなどのクロスオーバミュージックを好む
多くのリスナーによって聴き継がれてきたNightflyについては、
数多くのホームページや書籍でその解釈やレビューが、大抵は最大限の賛辞と共に
語られています。

筆者としても、この作品については語り尽くされているという感があったのですが、
日本の現代のポップスに関する編曲家、プロデューサーとしてその名が知れ渡っている
冨田恵一氏が今このタイミングで何を語るのか、予想だに出来ていませんでした。

因みに冨田恵一氏はこれまで、キリンジ(キリンジの項を参照)、MISIA(MISIAの項を参照)、
平井堅(平井堅の項を参照)、中島美嘉、椎名林檎(椎名林檎の項を参照)、
木村カエラ、坂本真綾などを手掛けてきた元スタジオミュージシャンのギタリストで、
マルチプレーヤーでもあります。有名な楽曲にはキリンジのエイリアンズ、
MISIAのEverything、平井堅のRing、中島美嘉のSTARSなどがあり、
取り分けバラード楽曲におけるストリングスのアレンジや、打ち込みによるドラムの
自然さ、グルーブ感には驚嘆させられることが多いです。

結論から言うと、この本はNightflyの楽理的分析、印象評、関係したミュージシャンの情報、
制作に至るまでのFagenの心情やSteely Danにまつわる状況に留まらず、
音楽制作における「録音」と言う行為の実践的な解説や、
「音楽プロデューサー」と呼ばれる人々のタイプ別分類とその具体的解説、
「エンジニア」と呼ばれる人々の働きやその重要性、
80年代のポピュラー音楽と70年代以前のそれとの決定的な差異、
「打ち込み」と言う行為の誕生、デジタルレコーディングによるタイム感の変化など、
300頁程度のさほど厚くは無い一冊の中にかなりの情報量が詰められた本となっています。

メインとなる記事は各楽曲の解説ということになっていますが、
その分析も譜面を出来るだけ使わないながらも、和声進行についての解説、
各セクション(ABサビなど)ごとの構成の解説、
使用楽器のミキシングや定位、帯域や、ギター、ホーンなどのオブリガートのフレーズ、
ドラムスのリズムパターンなど、アレンジに関する(これが驚嘆するほどに細やかです)解説など、
実際の楽曲のアレンジに役立つような情報、筆者自身の方法論を交えながら書かれています。
他にも、各曲において重要な働きを成しているスタジオミュージシャンのプレイの傾向や、
それに対して加えられたパンチイン、エレキピアノやエレキギターの音色やエフェクトの選択について、
或いは、生のドラムをワンショットごとにサンプリングしてタイム感がよりジャスト
(グリッド線通り、80sのグルーブの感覚)になるように調節したりフィルを構築し直したりしていることについてなど、
筆者は正しく目から鱗状態で、見る見るうちに読み切ってしまいました。

デジタル録音の黎明期であった1982年と言う時代の録音の具体的な状況と、
それにまつわるFagenの苦しみも克明に描かれています。
そしてブラックコンテンポラリーやヒップホップの誕生と共に
より音のデジタル化が進んで行った時代の直前期において、
生音、生演奏を基本としながらもそれを分割、統合、前後への調節などを行い、
エコーや空間処理にはアナログ機材を用いると言ったような意味で、
Nightflyは「真のデジタル・アナログの融合」の作品であったと評しています。

本文以外のコラムもかなり面白いものが多く、個人的には、
テクノロジーの発展と、それに伴う音楽家のコミュニケーションの不得手さ、
内向的な完璧主義の顕在化、テクノロジーへの過信、サンプリングとエディットによる
音楽構築への傾倒に関する話(スタジオミュージシャンへの有象無象の交渉に割くエネルギーや
時間を、マシンを用いれば節約でき、その分音楽の内容を充実させ、「自分の思い描く通りの
完璧な音」をコントロールできる、とマシンのネガティブな面を考えないままに
飛びつくという話)は、長年モヤモヤと思い続けていたことに答えが出て、
腑に落ちたような気持ちです。

第3章のプロデューサー論においては、音楽プロデューサーのタイプを
アレンジャー・プロデューサー、エンジニア・プロデューサー、A&R型プロデューサーの
3種類に分け、その経歴の刻み方の違い、ベテランプロデューサーのA&R型への変化について、
それぞれの種類のプロデューサーが作品に対して取る距離感の違いについてなど、
具体的な名前を出しながら詳説しています。

第4章のエンジニア論においては、特にRoger NicholsがNightfly制作において
どのような働きをしていたかについて、ミュージシャンのある意味神経症的な性格の傾向など
を踏まえながら解説しています。

さらに最終章には、80年代のポピュラー音楽における特徴をかなり鋭く指摘しており、
「マシンドラムやシンセの多用」「ライブドラムやギターに関する認識しやすいエフェクト」
「シーケンシャルなフレーズ」「和声と和声進行の簡略化(常に和音が鳴っている訳ではない
と言う状態)」「リフ的なメロディの多用」が挙げられおり、
これは自分としても常日頃から感じていたのですが、
特に、「和声進行が簡略化されることにより、その機能的な面よりも、和声単体の響きが
認識の主たる対象となり、コードバッキングをリフとして用いる手法は、
和音のトップの音をサブメロディとして機能させる」と言う内容にも深く納得が行きました。
冨田氏が「基準値0のコンセプト」と称するリズムに対する感覚は、
いわば「コンピューターが管理する時間軸の経験を繰り返す中で血肉化した感覚」であり、
それは従来の音楽的感覚では認められ、良しとされてきた「揺らぎ」は許容されないものとして
捉えられてしまう傾向さえ生じてきた、と語られます。
そうした点において、Nightflyにおいて施された音のエディットの感覚は、
現代、それも2000年代以降のポップスに通じているものである、と冨田氏は言います。

確かに、一つのトラックの中に無数の楽器による演奏が詰め込まれ、
それが互いに調和することを求められる状況においては、
この「基準値0のコンセプト」は極めて重要な考え方であり、
各楽器が整然とグルーブする音楽を構築するには、必要なものと感じます。

その様は、まるでクラシック音楽のような構築美でもあり、
本来、時代と共に生き消費される存在である大衆音楽の一部は、もはや
クラシックと同じような手法で繰り返し吟味、評価されて行っても良いのではないか、
と、あとがきでは話されます。

「そこで、音楽好きな僕やみなさんができることは、とびきり良質な音楽作品を聴いて、
ますはその真価を知ることだ。自分なりにでも、偏った聴き方でもいい。
良質な作品は、作り手の意図や感情を破綻なく作品に込められたから良質になった。
だからそうバラバラな評価にはならないはずだ。
もし勘違いがあったとしても、作品にたくさんのリスナーがいれば、数の論理で
評価は自然と真価に近づく。これも良質な作品だからだ。」(そのまま引用)
という文章を励みに、
おそらく「勘違い」の多いサイトではあると思いますが、
自分なりに良質と思う音楽を、この場で紹介し続けて行きたいという気持ちが一段と強くなりました。

この時期に、この本が読めて良かったと思います。

巻末には、付録として「レコーディングの流れ」について
表のようにして順を追ってフォーマットが説明してあります。
これも、今からじっくりと読んで行こうと思います。

なかなか市中の本屋には出回っていない本だと思いますが、
この記事が購入のきっかけとなって下されば幸いです。
この本のせいでテスト勉強が捗りません。


最高に面白いです。

この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/05(金) 23:31:15|
  2. 雑記(音楽関連)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日の一枚(353)

Album: The Minstrel Show
Artist: Little Brother
Genres: Hip Hop, Alternative Hip Hop

Minstrel Show

アメリカ、ノースカロライナ州ダーラム出身のヒップホップグループ。2001年結成。
メンバーはPhonte(MC, 1978-), Big Pooh(MC, 1977-),
9th Wonder(DJ, Producer, 1975-)の三人です。

三人はもともとダーラムにあるNorth Carolina Central University(NCCU)の学生で、
NCCUと、Michael Jordanの出身校としても知られているNorth Carolina Universityの
学生が集まってできたヒップ・ホップサークルであるJustus Leagueで知り合い、
2001年にグループ結成に至りました。同年には、カリフォルニア州オークランドにある
インディーレーベルのABB Reccords(Sound Providersなどのプロデュースで知られる)と
契約を結び、作品をリリースするようになります。
本作は2005年作の2nd。US#56, 発売週間売り上げは18000枚。

本作のタイトルとなっているMinstrel Showとは、アメリカで1830年頃から行われていた
踊りや音楽、寸劇などを交えたショーのことで、南北戦争の後は
主に黒人たち(それ以前は、顔を黒く塗った白人が行っていました)によって
演じられていたようです。本作ではこのショウの模様を放映する
という体裁に則って、黒人奴隷の生活ぶりを風刺するような内容が含まれています。
リリース当初はサウスヒップホップグループであるBun Bから、
黒人差別を象徴するミンストレル・ショウを扱う事への批判もあったようです。

この後、2007年に9th Wonderはグループを離れ、
メジャーどころでは Jay-Z, De La Soul, Destiny's Child等と仕事をするようになり、
ソロキャリアを重ねていくようになります。次第に活動は停滞し、
2010年には解散を余儀なくされてしまいます。

音楽性としては、90年代のニューヨークで隆盛を見せたA Tribe Called Quest, De La Soul,
Jungle Brothersを始めとするNative Tongueや、Black Moon, Smif-N-Wessun,
Heltah SkeltahなどのBoot Camp Clickと呼ばれるスタイルに影響を受けたサウンドで、
Bobby Womack, Rufus, Stylisticsなどの定番のソウルをサンプリングしながらも、
ビートは複雑に入り組んでいます。ゲストボーカルには9th Wonderとかかわりの深い
Erykah Baduのバックコーラスを務めていたYahZarahをボーカリストに迎えたり、
Lauryn Hill, The Roots, Common, John Legendなどとの仕事でその名を轟かせている
James Poyserをプロデューサーに迎えたりしており、起伏に富んだ音像で、
生演奏も取り入れられ、レイドバックしたラップとの絡みついて得も言われぬ
グルーブを生み出しています。

#1Welcome to the Minstrel Showは、YahZarahによる柔らかいボーカルをフィーチャーしたイントロ。
サンプルにはNo Stronger Love/The Floatersが使われています。
メンバーの紹介とともにシームレスに#2Beautiful Morningへと繋がって行きます。
フィリーソウルを代表するグループであるThe StylisticsのWhats Happening, Baby?の
美麗なストリングスがゆったりと流れるバックで鋭いフロウが楽しめます。お気に入り。
さらにシームレスにChaka Khanの所属していたRufusのCirclesがリフレインする
#3Becomingは、ソリッドで強い低音の出たリズムにレイドバックしたラップが絡みます。
The Isley BrothersのボーカリストであるRonald Isleyの蕩けるようなファルセットが取り入れられた
#5Cheatin'は、一気に密室的でモダンな音像になったR&Bです。最高。
Jealous Love/Bobby Womackをサンプリングした#6Hiding Loveは、
後半に長い会話のSEが挿入されています。
64年から68年までTemptationsでリードボーカルを務めたDavid RuffinのSlow Danceを
大胆に中低音をカットしてサンプリングした#7Slow It Downは、ローファイで強く揺れるシンセの
バッキングがコズミックな感触があります。シンセのごくごく短いループと女性コーラスの
ループがまとわりついてくる#8Say It Againは、とびきりメロウな一曲です。
1:20程度の短いスキット#95th & Fashionは、コズミックなシンセに断片化された女性コーラスが
散りばめられています。同じくThe StylisticsのOne Night Affairを大胆に、
そのまま用いたイントロから始まる#10Lovin' Itは、
コーラスにエフェクトが掛けられていてヴォコーダーのような効果が得られています。最高。
子供と父親の長い会話のスキット#11Diary of a Mad Black Daddy(すんごいタイトル)があり、
I Really Hope It's You/Michael Franksのコーラスワークを繋ぎ合わせて作った
#12All For Youは、ファルセットの歌唱にどことなくD'Angeloを思わせるような
部分もあります。お気に入り。元々はStevie Wonderの1966年の曲ですがこれのMichael Jacksonによる
1973年のカバーWith a Child's Heartを用いた#13Watch Meは、DJ Jazzy Jeffによる
激しく細やかなスクラッチが聴き所です。
#15Still Lives Throughは、同時代的に影響を受けてきたと思われるA Tribe Called Questの
Oh My Godからサンプリングした一曲で、歯切れの良くスカスカなスネアと、
粘りつくベースライン、凍り付くような冷たさを感じるシンセの残響が
絶妙なスパイスになっています。お気に入り。
再び冒頭の#1と同じ展開で出演者に謝辞を述べて拍手喝采の中で終わっていく
#16Minstrel Show Closing Themeで終わっていきます。
ボーナストラックも収められており、Jermaine JacksonのSitting On The Edge Of My Mindを
サンプリングした#18Hold On(Tellin' Me)、
Curtis MayfieldのAin't No Love Lastをサンプリングした#19The Olioは、
2006年にリリースされたEPのThe Commercial Freeに収録されており、
かなり派手に取り入れられたストリングスが堪りません。
これはアルバム収録曲に負けず劣らずお気に入りです。

基本的にはサンプルする楽曲もマニアックなものは少なく、ビートの感触も
90sのNative Tongueを思わせる硬質で乾いた感触があり、ローファイなトラック、
レイドバックしたラップの生み出すフロウは懐かしい感じがあります。
00年代ヒップホップの愛聴盤の一つです。傑作。

Welcome to the Minstrel Show

Beautiful Morning

Becoming

Lovin' It

All For You

Still Lives Through

The Olio

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/12/02(火) 03:05:51|
  2. Little Brother
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: