私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(399)

Album: Xen
Artist: Arca
Genres: Electronica, Breakbeats, Hip Hop, Chill-out, Minimal

Xen

ベネズエラの首都、カラカス出身の音楽プロデューサー、エンジニア、DJの
Alejandro Ghersi(1990-)によるソロエレクトロミュージックユニット。2014年作の1st。

現在のところは、EPを3枚と、2013年に自主制作したフリーダウンロードのミックステープ&&&&&が
ヒットしたことがその名が知れ渡るきっかけとなります。
近年急速にアメリカ国内のビッグネームの作品でコラボレーションしたり、自身の作品に
ゲストプロデューサーとして参加して貰ったりしているようです。

Kanye Westをプロデューサーに迎えたり、FKA Twings/EP2のプロデューサーとして参加したり、
Bjorkの制作中の9枚目のオリジナルアルバムにゲストプロデューサーとして参加したりしています。

2013年の10月にはMoMAでのオーディオとビジュアルのパフォーマンスを合体させた&&&&&と
題されたライブパフォーマンスを行っています。この時にビジュアルアートを担当したのが、
14歳の少年の時にGhersiが知り合った、Jesse Kandaです。
ArcaのPVを見れば、Jesse Kandaの独特なグロテスクさ、生々しさの中に、頽廃的な美しさのある
世界観が楽しめ、筆者自身あまりPVを見たりしないのですが、久々にビジュアル面で楽しめる、
不思議な気持ちにさせられるアーティストだと思います。

本作のアートワークでは、CGによる人間の男性とも女性ともつかないような生物が
作り上げられていて、彼自身の性別への苦悩やカミングアウトという行為への思いが、
表現されているようです。

音楽性としては、ヒップホップ的なチョップとペーストの方法論で
作られるようなビートでありながら、かなり断片化され、原型が完全に分からなくなるほど、
一部には拍子が分からぬほどになったブレイクビーツと、
同じく断片化されたシンセのコード、不協和音に加えて、
モーダルな響きを重視したというより、殆ど無調な展開を挟んだり、
エフェクトをかなり強く掛けたボーカルのサンプリング音の使い方など、
インダストリアル的な側面が目立っています。しかしながら、ヒップホップ的と言ったように、
ビートの乗り易さ、バックビートの強さと、リズムには断片化されながらも局所的にパターンが
ある程度守られている(特にミックステープ&&&&&では顕著な傾向でした)ところがあり、
こうした部分のグルーブ感覚は、アンビエントやエレクトロというよりは、
ブラックミュージックやハウスなどのファンにも受けるような要素だと思います。
音像としては音数を絞り込みつつも音圧の高い密室的なものとなっていて、
Aphex Twin, Autechreの音楽に近いとも言えるミニマルな内容となっています。

#1Now You Knowは、チル的な残響の強い冷ややかなシンセを中心とした静かなパートに、
尺八のような笛の音が入り、重くデジタルなキックに、焦燥を煽る高音のシンセが絡みついて
徐々にビートが決まっていくような作りになっています。奇妙で最高です。
一気に静寂を取り戻した#2Held Apartは、こちらはクラシカルなフレーズもあって
シンセソロによる穏やかで悲しげなスキット。
表題曲の#3Xenは、歪ませたような、何か金属同士が擦れるようなノイズ混じりのシンセが
定位を変えながら流れるパートがテーマとなっており、スクラッチを掛けたようなキックが
始まってからは、ブレイクビーツ化したキックと水音のようなパーカッション、
古い木のドアが開くような音、不協和なストリングス系の音が流れたり、
ガラスの割れるような音がして終わっていきます。これも最高。
再び音数が少なくなったスキットの#4Sad Bitchは、弦または琴の音を加工したような
高音成分の多いシンセが弾けるようにして流れていきます。コードというよりは、
低音パートのシンセが副旋律になるようにして組み合わせてあります。
得も言われぬ多幸感があり、リズムも原型を留めながらゆったりと流れていく
#5Sistersは、ノイズ交じりのリズムもレゲエのようなグルーブがあります。
#6Slit Thruは、かなり強くレイドバックしたリズムにスクラッチを掛けられた
ボイスサンプルと思しきSE、ブレス音や女性の声などボイスサンプルが散りばめられた中で、
コズミックなシンセがフリーキーでファンキーにアドリブしていきます。お気に入り。
琴のメロディーが日本的な情緒を窺わせる#7Failed、不協和な高音弦とフィルターの掛けられた
ような低音弦のリフレインで埋め尽くされた#8Family Violenceはひたすらに
不安にさせられる一曲。恐ろしい。
再びビートの強くなった#9Thieveryは、アフリカンなリズムをバックに東南アジア、
中東ともインドともつかぬメロディーに男性のボイスサンプルが混ぜられた一曲。
後半にかけてテンポダウンしていきながら、ベースが前に出てくる#10Lonely Thugg、
#11Fishはバリバリとしたノイズから一気に断片化されたシンセのフレーズと
ブレイクビーツ、ボイスサンプルが組み合わせられた頽廃的な一曲。
ストリングス系のシンセによる#12Woundは、懐かしいベタッとした音色で、
昔の3D初期のテレビゲームを思わせるようです。お気に入り。
#13Bullet Chainedは、タイトルの通り銃声を思わせるような激しいノイズが
ひとしきり鳴った後、細分化されたブレイクビーツ、心臓の鼓動を思わせるようなキックの
印象的なパートから、順次下降していく歪ませたシンセのフレーズでキャッチーに、
展開していく所はさながらプログレのようですらあります。最高。
#14Tongueは、演奏されたベースラインを分断して構成したような低音に
蚊の鳴くような不快とも言える高音が鳴り続ける一曲。
琴と木琴の間のような音色のアルペジオ、ウッドベースのような低音が流れる#15Promiseは、
電撃のような音、爆弾の炸裂音のような音にラジオのノイズのような音が入り混じっています。

この手の電子音楽は聴いてみないことにはその内容を推測することすら
難しいのですが、ミニマル的、ブレイクビーツ的なコラージュの手法を基礎としながらも、
旋律の組み立て方やキックの入るタイミングなどにはブラックをはじめとして
様々な地域の音楽的要素を文脈が分からなくなるほどに分割して、散りばめるという
ことに成功しています。しかしながら、楽曲としては奇妙なキャッチーさを併せ持っており、
普段あまり電子音楽を聴かない筆者としても非常に楽しめる一枚でした。
先ほど挙げたAphex TwinやAutechreよりも僕はこちらの方が好きかもしれません。傑作。

Xen

Sad Bitch

Thievery

この記事をはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
  1. 2015/09/18(金) 00:27:04|
  2. Arca
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(398)

Album: Central Line
Artist: Central Line
Genres: Disco, Funk, Soul

Central Line

イングランド、ロンドン出身のディスコ、ファンクバンド。1978年結成。1981年作の1st。

活動期間は1978年から1984年と短いですが、2つのヒットシングルを発売しており、
本作収録のWalking Into SunshineはUSSoulで14位となったり、ヒップホップの
サンプリングソースとして多くのアーティストに用いられています。

このCentral Lineは、以前に私的名盤紹介で紹介しましたアシッドジャズバンドの
Head Quarters(アシッドジャズタブを参照)の後身となるバンドで、
メンバーのSteve Salvariが率いています。
そちらの方の記事にCentral Lineのバイオグラフィーについても説明していますので、
詳細はそちらを参照して下さい。(Headquartersの記事はこちらを参照のこと)

内容としては、ヒットとなったWalking Into Sunshineは81年らしいギラギラとした
ディスコチューンですが、硬質なファンクネスが満ち満ちた演奏で、ジャズファンク的な
アプローチの曲、フュージョン~ブラコン的な雰囲気を湛えたもの、
アコースティックなバラードなど当時のトレンドの最先端を行く出来で、
もっと売れて再発されていても良い作品だと思います。

ヒット曲となった表題曲の#1Walking Into Sunshineは、軽いドラムスによる4つ打ちのパターンに
ハンドクラップ、歯切れの良いシンセのリフ、右チャンネルを流れる単音カッティングが絡みつく
冒頭部から、コーラスを起点にして少しダークさを帯びたフックがキャッチーな一曲。最高。
さらにビートが強調されカッティングとコズミックなシンセがフィーチャーされた
パターンミュージック#2I Need Your Loveは、ブリッジではファルセットのコーラスと
ジャジーなコードワークで変化がついています。後半のインストパートはベースソロ、
コードリフが前面に出たアレンジになっています。お気に入り。
Stuffを思わせるようなインストR&Bの香りがしながらも、パーカッションの使い方や
スラップの印象的なベースラインにラテン、ディスコの香りがする#3Breaking Pointも素晴らしいです。
オクターブ奏法によるギターのリフ、歪ませたシンセベースなどはブラコン、フュージョン的な香りがして、
時代を先取りしている音だと思います。
コーラスの掛かった長いギターソロを取り上げた#4Shake It Upは、ファンクロック的なアプローチの
ギターソロを堪能できます。
サスティーンの短く高音成分の多いベースと、左右に定位を揺らしながら流れるカッティング、
AOR的なキメのあるリズムが合わさった#6Don't Tell Meは、分厚いコーラスをフィーチャーした
サビが異色な一曲です。お気に入り。
アコギのアルペジオと透き通った処理が美しいコーラスがEWFを思わせるような
極上のバラード#7Goodbyeで締めくくっていきます。最高。

80s初頭のディスコミュージックとしても隠れた名盤だと思いますが、
当時のAirplayやEWFのようなサウンドを好まれる方も嵌れるようなグルーブに
満ち満ちた一枚だと思います。もっと聴かれてもいいアルバムだと思います。愛聴盤。

Walking Into Sunshine

I Need Your Love

Don't Tell Me

Good Bye

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2015/09/17(木) 17:26:28|
  2. Central Line
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャンクの解決法について

私的名盤紹介にお越し下さっている皆様、お世話になっております。
管理人のSystematic Chaos(@privategroove)です。

最近2ヶ月ほど、私用もありまして更新が滞っております。申し訳ありません。
実は、個人的に立ち上げようとしていることがありまして、色々と準備をしておる状態です。
細かいことについては後ほどブログでもお話しようと考えております。

というわけで、今回は久々にゴルフに関する記事を書こうと考えました。
自分自身は決して上手いわけではないのですが、長年苦しんでは脱出を繰り返している
「シャンク」について、その解決法やスイングで気を付けるべきことを考えてみました。

ゴルフをやられない方にとっては全然関係のない内容になってしまいますが、早速始めたいと思います。

シャンクとは、一般にクラブ(主にアイアン)のシャフトが付いている根元の部分、ホーゼル(ネック)若しくは
ヒール(クラブの先端)にボールが当たってしまい、結果として低く右に打ち出す球が出るというミスショットです。
シャンクが起きるスイングにはある程度の共通点、随伴症状が見て取れ、それもミスを矯正する上では
重要になってくると思います。

まずは、シャンクが発生する原因を考えてみます。
ここでは、シャンクの多くがネックシャンクであることを考慮して、ネックシャンクのみについて
お話することにしようと思います。
ヒールシャンクに関しても、文章を適宜読み替えれば問題なく説明できると思います。

【シャンクの分類】
シャンクの分類としては、アウトサイドシャンク、インサイドシャンクの二つとがある考えるとよいでしょう。
ここでアウトサイドとは、クラブのライ角上にできるスイングプレーンよりも上向きにクラブが外れている状態、
インサイドとは下向きにクラブが外れている状態です。

【アウトサイドシャンクの原因】
ハーフウェイバック(クラブと地面が平行)の時にアウトサイドにクラブが入ってくると、
・オープンフェースになっている場合にはネックがボールへと向かうような軌道を描き、シャンクする
・クローズフェースとなっている場合にはフェード若しくはスライスとなりやすいが、極端にアウトサイドから
クラブが入る場合にはシャンクになる
そして、クラブがアウトサイドから入って来る原因としては、
・手が身体から離れるような方向に動く
・トップオブスイングで左手が手背側に折れる、或いはオーバースイングすることで
シャフトクローズ(⇔レイドオフ)が生じる
・アドレスで右膝が前に出ることでクラブが身体から離れる(アプローチのシャンクの原因はこれが多い)
・右肘が身体から離れすぎることでクラブが身体から離れる
など多種多様な原因があります。

【アウトサイドシャンクの随伴症状】
・オープンフェースとなるので、打ち出しは右方向
・オープンフェースとなるので、スライスが生じやすい
・オープンフェースとなるので、正しいロフトよりも球が高くなる
・身体からクラブが離れるのでトップが生じやすい、トップを生じた場合は当然低い球となる
・シャフトクロスよりダフりが生じやすい
・プレーンはアップライトで、球を打ちに行こうと身体は腹側に突っ込む
・フォローで下半身が左へとスウェーする
・バックスイングとダウンスイングで逆ループ軌道を描きやすい

【アウトサイドシャンクの解決法】
・右足を後ろに引いてスイングする(インサイド軌道への修正、右膝がクラブを妨げるのを防ぐ)
・右足つま先を開いてスイングする(上記と同じ根拠)
・左手首の角度をキープする(シャフトクロス、オープンフェースを防ぐ)
・フックグリップにする
・フィンガーグリップにする
・アドレスの前傾角度を深くする
・アドレスでクラブを身体から離す
・グリップと両腕でできる三角形を崩さないように肩の捻転を増やしてスイングする
・右腰を後ろに引いてスイングを始動する
・下半身をしっかりと支えスウェーさせない

初心者の場合は、手打ちになってアウトサイドイン、オープンフェースのシャンクが生じやすいので
シャンクを出してしまうわけですが、
上記の解決法を用い過ぎる、矯正しすぎるとさらにシャンクを生んでしまう
ということが言えます。これがインサイドシャンクです。

【インサイドシャンクの原因】
ハーフウェイバック(クラブと地面が平行)の時にインサイドにクラブが入ってくると、
・オープンフェースになっている場合にはネックがボールへと向かうような軌道を描き、シャンクする
・クローズフェースとなっている場合にはボールが左に打ち出され、さらに左へと極端にフックしていく
・トップオブスイングで左手が手のひら側に折れることでレイドオフが生じる
 →シャフトプレーンが寝過ぎてしまい、ハーフウェイバックでフェースは上空を指している
・前傾角度が深過ぎると、アドレスでネックが接地する状態となり、ネックがボールへと向かていきやすい、
ライ角が浅くなり、その結果プレーンが寝過ぎてしまう
そして、クラブがインサイドから入って来る原因としては、
・アドレスで右膝を後ろに引きすぎることでクラブをインサイドに引き過ぎ、窮屈になって手が前に出ていく

などが挙げられます。

【インサイドシャンクの随伴症状】
・オープンフェースとなるので、打ち出しは右方向
・オープンフェースとなるので、スライスが生じやすい
・オープンフェースとなるので、正しいロフトよりも球が高くなる
・身体からクラブが離れるのでトップが生じやすい、トップを生じた場合は当然低い球となる
・プレーンはフラットで、球を打ちに行こうと身体は腹側に突っ込む
・フォローで下半身が左へとスウェーする
・バックスイングとダウンスイングでループ軌道を描きやすい

【インサイドシャンクの解決法】
・左手首の角度をキープする(シャフトクロス、オープンフェースを防ぐ)
・フックグリップにする
・フィンガーグリップにする
・アドレスの前傾角度を浅くする
・ボールを上から見る
・アドレスでクラブを身体に近づける
・フォローでクラブを左股関節に引きつけるように振り抜く
・下半身をしっかりと支えスウェーさせない

以上まとめてきましたが、
重要な点は、
「シャンクとなる状態は常に一つだが、その原因は多種多様であり、
解決しようとすると、また異なる原因でシャンクを引き起こすことが多い」
ということです。

したがって、解決する方法に関しては慎重に考えた方が良いです。
まず、シャンクを解決するための思考の流れとしては、
ビデオを録るか周りの人に見てもらいながら、

1. オープンフェースを直す
2. クラブ軌道がアウトサイドインかインサイドアウトかを確かめる、その際に、
  いずれの場合でも「アウトサイド過ぎないか」「インサイド過ぎないか」に注意する
3. クラブ軌道がアップライトかフラットかを確かめる
4. 手が前に出ていないかを確かめる
5. アドレスの前傾角度を確認する
6. スウェーを直す
7. 打ちに行かない≒思いっきり振る(これが一番難しい)

シャンクの問題を考えるとき、結果としてはスイングの全てを確認しなおさなければいけない事態となります。
感覚的に治せればそれが一番良いのですが、泥沼に嵌ってしまったとき、
このリストが少しでも役に立てばと思います。
僕自身ようやく、掴めてきたような気がします。
ゴルフを楽しむためにも、脱出法を考えていきたいです。

この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
  1. 2015/09/06(日) 13:19:50|
  2. ゴルフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: