私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

管理人がリファレンスとして用いているCDたち

私的名盤紹介にお越し下さっている皆様、お世話になっております。
管理人のSystematic Chaos(@privategroove)です。

最近実習の疲れもありまして更新が滞っている状態が続いておりますが、
Twitterでは頻繁に音楽関連のことも呟いておりますので、フォローしたり話しかけて頂きますとありがたいです。

と、いうわけで、今回の記事では管理人がヘッドフォンやイヤフォンの試聴をする時に、
リファレンスとして用いているCDを挙げていきたいと思っております。
自分の思う「録音の素晴らしいCDたち」というテーマでお話してまいります。

いつもは、DAP(自分の場合はiPod Classic160GB, 2009年モデル)にTEAC HA-P50をデジタル接続で繋ぎ、
それに店にあるイヤフォン、ヘッドフォンを繋いで聴き比べております。
リッピングはALAC(Apple Lossless)で聴くようにしております。

話が横道にそれてしまいましたが、自分の場合はいつも同じアルバムを使って
イヤフォンやヘッドフォンの比較をするようにしています。
そのアルバムたちを、少し紹介していきたいと思います。

以前、おすすめイヤフォン・ヘッドフォンの記事で書いたようなレビューを書く場合には、
ロック系、ポップス系、打ち込み系、クラシック系、ジャズ系と
音源を複数用意して(なぜかその中にアニソンが入っていることが多い(笑))、
点数をつけていくというのが常套手段なのですが、自分の場合は聴いている音楽に
偏りがあるので、すべてのジャンルで録音がいいと思えるアルバムがある訳ではありません。

ポップス系、ブラックミュージック系が多くなってしまうと思いますが、早速書いていきます。
今の気分ですが10枚を選ばせていただきました。

1. The Changing Same/平井堅(2000)
(古い記事ですが、過去記事はこちら )

The Changing Same

平井堅のオリジナルアルバムのうち、松尾潔がプロデュースしている
The Changing Same, gaining through losingの2枚と、
Babyface, 冨田恵一などがプロデュースしたLife is...、
亀田誠治、中西康晴、大沢伸一(Mondo Grosso)、塩谷哲などがプロデュースしたSENTIMENTALoversの
諸作品は極めてクリアな録音でかつ楽曲も粒ぞろいで、
聴いておいて損はないアルバム達だと思います。
邦楽R&B~ポップスの方向性を見せた当時のJPOPとしては、どれも最高峰の作品たちだと信じて疑いません。

特に、このChanging Sameの音は、打ち込みビートやシンセの音が極めて生々しく、
M7 K.O.Lのビートの切れの良さ、M2 Love Love Loveのコーラス、ピアノの音の豊かさ、
ヒットのきっかけとなったM12楽園のボーカルの息遣いなど、発売から長い時間が経った今聴いても、
ハッとさせられる音の良さだと思います。これのハイレゾが出たらすぐにでも買いたいのですが…

2. Melodies-30th Anniversary Edition/山下達郎(1983, 2013)
(過去記事はこちら)

Melodies

RCA/AIR期のアルバムを中心に徐々にリマスターが進んでいる山下達郎のアルバムですが、
リマスター再発のアルバムはどれも音質が良くなっており、特にこのMelodiesの音が素晴らしいので
(デジタル録音になってからは音が細くなってしまいました)選びました。
M2高気圧ガールのコーラスのクリアさ、達郎作品ならではのあのどこまでも
突き抜けていくようなリバーブの感じ、これは何者にも代えがたい「時代の音」だと思います。
これとFOR YOUの音は甲乙つけ難い良さだと思います。

3. Guardian Of The Light/George Duke(1983, 2014)

Guardian Of The Light

フュージョン系のキーボーディスト、ピアニストとしては第一人者であるGeorge Dukeの
1983年作です。 Cannonball Adderley, Quincy Jones, Frank Zappa, Billy Cobhamなどのグループでの
活躍も知られております。

このアルバムはコンセプトアルバムとしての体をなしており、曲間に派手なストリングスや
ホーンのパートが入っているのですが、音の密度が信じられないほどに高く、
そして何よりもリズム隊のLouis Johnson(B)とJohn Robinson(Dr)のぶっとい音が非常に
クリアで力強く迫ってくる録音になっており、まったく古さを感じさせない音になっています。

教科書的なディスコミュージックから当時全盛期であったEWFの影響がみられる
繊細な息遣いのバラード、ポリフォニックシンセの音の立ち上がりの速さ、分厚さ、
スラップベースのジャリッとした感触、そうしたものが良い意味での「アナログレコーディング」らしい
自然な混ざり方でブレンドされた音、という感じで、聴いているだけで気持ちよくなれます。

4. Heavy Weather/Weather Report(1977, 2007 Blu-Spec CD)
(過去記事はこちら)

Heavy Weather

言わずと知れたWeather Reportの大ヒット作です。
有名作でCD化も複数回されており、1997年盤や2013年盤、そして自分の持っている
2007年盤(Blu-Spec CD)など、SACDも含めて複数のリマスターが存在するようです。
97年盤では低かった音圧も自然なレベルに引き上げられ、Jaco Pastoriusのベースの音も
非常にクリアに聞こえるようになっています。バンドの状態としても、Zawinulの方針を
中心にしてサウンドが変化していく前の時期に当たり、最も勢いのある一枚だと思います。

5. Anthology/Sing Like Talking(2015)

Anthology


佐藤竹善を中心として結成されたAOR~ソフトロックバンドのオールタイムベストアルバム。
SHM-CDでのリリース、オリジナルアルバムも決して悪くない音質ですが、
今回はStephen Marcussenが再びリマスタリングを施しての再発ということで、
最新アルバムのBefriendまでの作品から選び抜かれた楽曲が収録されています。
CD5枚にDVD1枚という素晴らしい大ボリュームで、非常にクリアな音に生まれ変わりました。
その他のオリジナルアルバムもリマスター再発されているようで、こちらも
お金に余裕ができたら(笑)すべて手に入れたいと思っています。

6. Blue Avenue/花澤香菜(2015)
(過去記事はこちら)

Blue Avenue

昨今のハイレゾブーム、ネオ渋谷系ブームで注目されることの多い声優、花澤香菜の最新アルバムです。
LAレコーディングによるAOR、フュージョンの香りが強い一枚に仕上がっています。

7. 星空のライヴ 〜The Best of Acoustic Ballade〜/MISIA(2003)
(過去記事はこちら)

MISIA星空のライヴ

ライブアルバムとしてこの音の良さは素晴らしいクオリティーだと思います。
打ち込み然としたオリジナルバージョンよりも、こちらのほうが良いと感じる人も多いかもしれません。

8. 日本の恋と、ユーミンと。/松任谷由実(2012)

The Best Of Yumi Matsutoya

デジタルリマスターが施されたユーミンのベストアルバムです。
古いCDでリマスターされていないものは、音が籠っていてモコモコになってしまいがちですが、
これでかなりいい音で聴けるようになっていると思います。
重要な曲、ヒット曲はほぼすべて網羅しているので入門にも適切と思います。

9. TOTO/Ⅳ(1982)
(過去記事はこちら)

TOTO4

こちらも言わずと知れた名盤ですが、度重なるリマスターで、
Blu-Spec CD(2013), デジタルリマスター(2000, 2005), そしてオリジナルの82年盤があります。
古いCDにもかかわらず、実は自分的にはこのオリジナルが一番音がくっきりしていいバランスだと思います。
高域の表現は一番繊細で、上品な音になっていると思います。
しっかりと音量を取ってあげれば何の問題もないです。
いかにエンジニアによるオリジナルの録音が大事かということがよくわかる好例です。

10. A Dramatic Turn Of Events/Dream Theater(2011)

A Dramatic Turn Of Events

筆者の大好きなプログレメタルバンド、Dream Theaterの2011年作です。
ドラムスのMike Portnoyが脱退してMike Manginiに変更となって直後の本作は、
低音のミックスが以前よりも適切なバランスとなり、カラッとした音になり聴きやすくなりました。
特にM8 Breaking All Illusionsのギターのミュートの聴いたリフやシンセの派手さ、艶やかさは最高です。

そのほかにも、
よくオーディオ関連の記事に出てくる
Steely Dan, Donald Fagenのソロなども勿論音がいいのでよく使っております。

長くなってしまいましたが、
デジタルレコーディング以降の音のシャープさ、逆に言えば音の細さ、
分離の良さ、逆に言えば音が混ざらない感じ、
音圧の高さ、逆に言えばダイナミックレンジの狭さ(特に無理やり音圧を上げている場合)
と、
今技術が進歩(変化というべきか)したからこその
「いい音」とはなにかという根源的な問いについて、
今回記事を書いていて考えさせられました。

ハイレゾ、デジタルリマスター、SHM-CD, Blu-Spec CD, SACDなど怪しげな単語が飛び交うリマスター産業ですが、
結局は自分の耳を信じるしかなく、経験則の中からこれらの違いを捉えていかざるを得ない部分があると思います。

もっとも、SACDに関してはプレーヤーさえ持っていませんので、どういう音なのかまったく知りませんけど…

ただし、例えばEpicの出しているLegacyシリーズの
Essentialシリーズは音質が良い(Michael Jackson, Isley Brothersなどは良かったです)
だとか、Rhinoのリマスターは音が良いことが多い、などなど、ある程度の音の傾向とか、
時代ごとのマスタリングの傾向などがあることは事実で、そうしたことも、発信できる限りはお話していこうと
考えております。

というわけで、今日はこの辺で失礼します。
最近季節の変わり目で風邪も流行っているようですのでどうぞ御自愛ください。

この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/10/25(日) 03:02:26|
  2. 雑記(音楽関連)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の一枚(400)

Album: The Second One
Artist: State Cows
Genres: Soft Rock, AOR

Second One

スウェーデン、ヴェステルボッテン県ウメオ出身のDaniel Anderson(Vo, G, 1980-),
Stefan Olofsson(Key, B, 1976-)の二人によるAOR, ウェストコーストロック、ソフトロックユニット。
2010年にメロディックロックを扱うドイツのレーベルAvenue Of Alliesからデビュー。2013年作の2nd。

ルレオ工科大学ピテオ校の在学中に出会った2人は、The Beatlesとウェストコーストロックが
共に好きだったということで意気投合し、BeatlesとSteely Danのトリビュートバンドを
組むなどしていました。

2003年には交換留学の制度を活用して二人は憧れのLAへと渡ります。
Stephanの母親がJay Graydonのオフィシャルホームページの運営を行っていた
というコネクションもあり、驚くべきことにJay Graydon, David Foster, Bill Champlin,
Jason Scheff(Chicago), Jimmy Haslip(Yellowjackets)といった西海岸のAOR~フュージョンに関わった
超一流のミュージシャンと会うことができました。

帰国後DanielはDays In L.A.(2008)というソロアルバムを制作、ここにもStefanが参加しており、
2010年にはユニットState Cowsを結成、欧州デビューを飾ることになります。

1stアルバムはデビューと同じ2010年に発売され、基本的には地元のスタジオミュージシャンを集めて
制作されましたが、ゲストにJay Graydonが一曲ギターソロで参加しているなど、
新たなネオAOR界を担うミュージシャンとして注目されていることが伺われます。

2ndアルバムとなる今作では、選び抜かれた地元のスタジオミュージシャンに加えて、
ファイル交換という形でJay Graydon(G), Michael Landau(G), Bill Champlin(Vo), Ian Bairnson(G),
Peter Friestedt(G)などがゲストとして参加しています。

Ian Bairnsonは1953年生まれのスウェーデン出身のスタジオミュージシャンで、
The Alan Parsons Projectというプログレッシブロック、ソフトロックバンドの
中心メンバーとして活動していたギタリストです。
Peter Friestedtは二人と同じくスウェーデン出身のスタジオミュージシャン(ギタリスト)で、
自身のAORプロジェクトであるThe L.A. Projectで、00年代からBill Champlin, Joseph Williams,
Yellowjackets, Abraham Laboriel, Michael Ruff, Bill Cantos, John Robinsonなどが
参加したオリジナルアルバムを2枚発表している、言わば彼らにとって
北欧ネオAOR界の先輩にあたる人物です。

本作のサウンドとしては、もともとコピーバンドをやっていたこともあり、凝ったコード進行など
Steely Danに近いとも言えるのですが、それよりもさらに近いと思われるのが、
Pages(AORタブを参照)のサウンドと言えると思います。
Earth, Wind & Fire的なホーンの使い方など、ファンクネスに溢れた曲、
Airplayなどメロディックハードロックよりのもの、ボーナストラックではDonald Fagenの
ソロにも近いようなジャジーさに振った楽曲や、長めのインスト曲など、
AORファンには堪らないアレンジと曲展開がぎっしりと詰まった一枚になっています。
1st(これはこれで良かったですが)よりも本作ではさらに洗練されたアレンジになっていて、
最近のJaR(Jay GraydonとRandy Goodrumのユニット, AORタブ参照)にも近い、
モダンな音にもなっています。

#1This Timeは、冒頭からコーラスの掛かったハードなリードギターでAirplayの
如くメロディアスに始まり、テクニカルなキメ、リズムチェンジを挟んでシンセの音が
メロディアスハードを思わせるようなメロ、サビではSDっぽいジャジーな展開を挟んだ一曲。
スウィンギーなドラムスはJeff Porcaroを強く思わせるものになっています。
Michael Landeuのギターソロは速弾きも入っていますが基本的にはブルージーです。お気に入り。

シンセのソロから始まりサビではダンサブルに仕上がっているミドルテンポ
#2In The Cityは、右チャンネルを流れる単音カッティングを中心としたリフがクリスピーです。
薄くかけられたストリングス系のシンセ、ホーンの音の薄さが逆に80sを思わせる音づくりになっています。
Jay Graydonのギターソロは得意のピッキングハーモニクスに滑らかなレガートが絡んだ流麗なソロです。
シンセベースとピアノソロによるブラコン風味のインストパートを挟んで、再びEWFを思わせるような
サビへと展開しながら部分転調を繰り返していきます。最高。

#3Mister Whiteは左チャンネルを流れるアフリカンなパーカッションをアクセントにしつつ、
Pagesっぽいコーラスワークと、ピアノのコードリフを中心にしたジャジーな一曲。
音の密度も小さくなり、ピアノのリフの休符が生かされてグルーブが生み出されています。お気に入り。

#4Hard Goodbyeはウェストコーストロック的な哀愁漂う冒頭部から、サビにかけて意表を突いた
展開はDary Hall & John Oatesを思わせるような面白い一曲。
サスティーンの短いシンセベースの音はブラコン的です。
Sven Larssonのギターソロは音数少なく、渋くてBuzz Feitenのようなプレイで素晴らしい。最高。

#5Scofflowsはフランジャーの掛かったシンセの跳ねたコードバッキング、
フルートのような音のシンセが前に出たミステリアスな雰囲気を湛えた一曲。
ギターソロは90sのアシッドジャズに近い音遣いです。

#6I Got Myself Togetherは滑らかなコーラスワークの生かされたサビ、ツインギターによる絡み、
テクニカルなギターソロがフィーチャーされた一曲。

ゲスト参加したBill Champlinが歌う#7Finally Fair And Balancedは、冒頭からソリッドなR&B的な
アレンジから始まったかと思うと、徐々にファンキーで肉体的なサビへと変貌していきます。
13Cats辺りが好きな人には堪らないサウンドだと思います。そして途中で謎のアンビエントパート
が挿入され、ラストサビへと盛り上がっていきます。

SD感満載でHome At Lastを思わせるような展開に思わずニヤニヤしてしまう
#8Center Of The Sunは、左右に揺らしながら東洋的なメロディで聴かせるシンセソロが面白いです。

本作では唯一となったスローテンポの#9California Goldは、 Goran Turbonのギターソロが
しっかりとフィーチャーされた一曲で、ピッキングニュアンスまで伝わってくる
繊細さで最高です。お気に入り。

#10Nineteen Eighty Oneは、タイトル通り1981年の音楽シーンを思い出させるキーワードが
そこら中に散りばめられた一曲です。タイトなドラムスとジャストなシンセベースのバッキング、
カラリとしたギターによる前半部から、一気にテンポアップして不気味な女性コーラスの
サンプリングを入れたプログレ的な後半部への変化が変わり種です。

ここからは日本盤のボーナストラックとなります。

インスト曲の#11Calf Stoutness Twoはワウの掛かったシンセの妖しげなリードフレーズが
ウネウネしていて楽しいです。シンコペートしたピアノのバッキングはブラジリアンフュージョン的な
グルーブを湛えています。StefanによるRhodesのロングソロがファンキーで最高。

#12Into Something Goodは、ヴォコーダーによるボーカル処理とスライドギターも入った
異色な一曲。牧歌的な雰囲気も良いです。

#13Careful With The Chainsaw, Dearは、Donald Fagenのソロ作からの影響が強い一曲で、
Bernard PurdieのようなシャッフルのタメのあるPeter Olofssonのドラムスが作り出す
グルーブが堪りません。Samuel Muntlinのサックスソロはメロディアスで最高。

1stアルバムのために録音したという#14Tinseltownは、The Doobie Brothersの
AOR期を彷彿とさせるコーラスワークの美しさが際立っています。お気に入り。

近年再び注目が集まりつつあるAOR、特にアメリカ西海岸のサウンドが凝縮された
一枚で、1stと共に外れなしの佳作だと思います。
以前紹介したOle Borudなどと合わせて、今後もAOR好きを盛り上げていってくれたらと
願ってやみません。

This Time

In The City

Mister White

Hard Goodbye

Finally Fair And Balanced

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2015/10/12(月) 23:09:56|
  2. State Cows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: