私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

私的名盤放送第49回「シティポップ、邦楽R&Bで棚から一掴み」セットリスト

私的名盤放送第49回「シティポップ、邦楽R&Bで棚から一掴み」セットリスト

私的名盤放送第49回1

私的名盤放送第49回2

「放送アーカイブはこちらから」

M1 無重力ファンタジア /RYUTist 『青空シグナル』 (2018)
M2 Open Your Heart /三浦大知 『D-ROCK with U』 (2006)
M3 If You Only Knew /Elijah Melo 『If You Only Knew』 (2019)
M4 Lonely Woman /中原めいこ 『Moods』 (1986)
M5 No Limit /Sowelu 『SWEET BRIDGE』 (2005)
M6 Queen of My Heart /DeBarge 『In a Special Way』 (1983)
M7 MON AMOUR /山本達彦 『メディテラネ』 (1985)
M8 Everybody /De De Lopez 『Metaphor』 (1999)
M9 Tell Me Why /Cindy 『Don't be afraid』 (1991)
M10 トワイライト・レイン /小山茉美 『ゆ・れ・て』 (1982)
M11 Maria /O'Bryan 『Surrender』 (1986)
M12 Am I Losing You /The Right Choice 『The Right Choice』 (1989)
M13 ストロベリーアイスクリーム /嶺内ともみ 『スロウスタート キャラクターソングアルバム「Step by Step」』 (2018)
M14 Destiny /STARDUST REVUE 『 Brightest!』 (1991)
M15 Mixer /Amber Mark 『Mixer』 (2019)
M16 真冬の観覧車 /水樹奈々 『supersonicgirl』 (2001)
M17 Back To Love /Le Flex 『Are We There Yet?』 (2019)
M18 Reasons /Musiq Soulchild 『Interpretations -Celebrating The Music Of Earth , Wind & Fire』 (2007)
M19 ひとりになって /Kana 『KANA』 (1995)
M20 A Perfect Sky /BONNIE PINK 『Every Single Day -Complete BONNIE PINK(1995-2006)』 (2006)

【放送後記】
また少しだけ放送の間が空いてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は最近手に入れたアナログを中心にシティポップを、それ以外には90s以降の邦楽R&Bをいくつか選びました。

まず1曲目は新潟県出身の4人組のアイドルグループ、RYUTistのシングルB面です。
A面のプロデュースは元Cymbalsの沖井礼二(TWEEDEES)で、
B面はインドネシア出身のシティポップバンド、ikkubaruがプロデュースです。角松敏生を思わせるような
トロピカルでスムースなサウンドを生み出す彼らによる新曲は、808のリズムパターンで始まるイントロ、
Midnight Star/Curious的な一曲で、JPOPとして聴いても心地よいバランスに仕上がっています。

最新作「球体」では歌ものとしてのR&Bを脱し、トラップ、EDM以降のサウンドに影響された
独自の路線をいく三浦大知ですが、1stアルバムでは比較的当時のJR&Bの流行を踏襲した作風であったといえます。
MJ/Rock With Youから名付けたという1stアルバムから加藤ミリヤを手掛けた村山晋一郎のペンによる
キャッチーなNJS, Open Your Heartです。そのほか、邦楽アシッドジャズバンドのescalatorsのZOOCOや、
ゴスペラーズの黒沢薫、安岡優や、Double, Zeebra, 安室奈美恵を手掛けた今井了介など、
当時のJR&Bの一流の作家が多数参加しています。

次にはUKソウルのインディーなトラックメイカー、Elijah MeloによるスロウジャムIf You Only Knewは
ジャケットのフォントがBobby BrownなどNJS世代のアーティストのPVを思わせるようで、懐かしい気持ちになります。

シティポップからは59年生まれ、千葉県出身のSSW、中原めいこの86年作から豪華なストリングスが散りばめられた
グルーヴィーなLonely Woman(おそらくドラムスは江口信夫だと思われます、それ以外にも松原秀樹(B)など)と、
シティポップ界いちの二枚目SSW, 山本達彦の85年作からMidnight In New Yorkを大胆に引用したMON AMOURを選びました。

そしてレアなシティポップ盤では、Dr.スランプ アラレちゃんの則巻アラレ役で知られる声優の小山茉美の
ソロ1stアルバム、1982年作です。プロデュースにはスタジオミュージシャンとしても知られる土方隆行が参加、
他に高水健司(B), 見砂和照(Ds), EVE(Chorus)などが参加しており、B4はシティポップ隠れ名曲です。最高にグルーヴィー。
A1もイントロからフュージョン的なキメが心地よいです。声優ポップスの黎明期に同時代的なシティ~AORな
楽曲を生み出しており、花澤香菜/Blue Avenueを既に予見しているとも言えるでしょう。

花澤香菜とのタッグで再評価を得たROUND TABLEの北川勝利がプロデュースしたTVアニメ「スロウスタート」の
サウンドトラックは、エレクトロポップスからアシッドジャズ、渋谷系サウンドまで、彼が今まで作り出してきた楽曲の
総まとめ的な多彩な一枚となりました。良曲ばかりですが、Original Love/結晶を彷彿させるような
タイトな演奏が堪らないアシッドジャズ、ストロベリーアイスクリームです。

前回は、邦楽R&Bシンガーで再度注目されるべきと思っているシンガーとして嶋野百恵を挙げました。
今回は82年生まれのシンガーで03年にデビューしたシンガー、Soweluの傑作、05年作から
最高にキャッチーなNo Limitです。ペンを執った春川仁志はEXILEやAZUなどへの楽曲提供で知られています。
他にもティンバサウンド的な変則ビートの楽曲も、彼女の甘い声と重なると非常に聴きやすいです。
デビューしたのがもう少し早かったらもっとヒットしていたのではないかと思います。

少し時代を遡り、90年代末はBONNIE PINKのデビューした時期でもあります。
プロデュースを務めたTore Johanssonのサウンドは、日本人にとっても馴染のある音でもあります。
同じくスウェーデン出身のR&B系シンガー、De De Lopez(Denise Lopez) は、90年代末から00s初頭にかけて
邦楽R&Bに負けずとも劣らぬキャッチーなヒップホップソウルを多数残しています。
ここでは00年作のMetaphorからファンキーで少し切ないディスコ、Everybodyを選びました。

管理人得意のBCM~クワイエットストーム, NJSからも洋楽邦楽織り交ぜてご紹介しました。
まずはMotownの偉大なるファミリーグループ、DeBargeの83年作から名曲B2 Queen of My Heartです。
I Like Itなどと並んで、今の時代振り返られるべきサウンドだと思います。
B5は90sにもMJBなど様々なアーティストの元ネタにされました。

そして同じくMotownからデビューし、89年にアルバム一枚を残して解散してしまった3人組、
The Right ChoiceからIsleyマナーでとびきりセクシーなクワイエットストーム、Am I Losing Youです。

邦楽のNJSでは、まず山下達郎のバックコーラスとして1986-89年にツアーへ参加し、その熱演がライブアルバム、
Joyに収められたシンガー、作曲家のCindyのソロアルバム、91年作です。
中山美穂への楽曲提供でも知られる彼女ですが、本作はクワイエットストーム、スロウが多い中で
敢えてファンキーなNJS, Tell Me Whyを選びました。彼女の声もとてもミルキーで、ファルセットの感じなど
BONNIE PINKを思わせる部分もあります。惜しくも2001年に亡くなられたとのことです。
そしてベテランではSTARDUST REVUEの91年作から同じくNJS的な編曲のDestinyを。
イントロからファンキーですが、どこか懐かしさや歌謡曲的な感覚を残しているのが彼ら流で最高です。

最新のR&Bからは詳細不明な女性シンガー、Amber Markの粘り付くドラムスが90sR&Bを思い起こさせる、
現代版Waterfallsなシングル、Mixerも素晴らしい。さらに管理人一押しのロンドン出身のトラックメイカー、
Le Flexのニューアルバムから、夢を見るようなシンセなど、80sソウルを見事に甦らせたBack To Loveです。
センシュアルな歌声はどことなくGeorge Michaelを思い起こさせてくれます。
Midas HutchやTeddy Mikeと合わせて、最近のBCMリヴァイバルの筆頭です。

その他には、Earth, Wind & Fireのトリビュートアルバム、Interpretationsに収録された
ネオソウルを代表するシンガー、プロデューサー、Musiq Soulchildのファルセットが凄まじいReasonsです。
邦楽ヒップホップソウル~ネオソウルからは、ヒップホップクルーのEAST ENDがプロデュースした
女性シンガー、KANAのソロアルバムからアーバンでチルなスロウジャム、ひとりになってです。
水樹奈々の矢吹敏郎プロデュースによる1stアルバムから、現在のサウンドからは想像も出来ない
スロウテンポの16ビートで聴かせる真冬の観覧車もお忘れなく。

最新の楽曲からシティポップの隠れた名曲まで1時間半の長丁場でした。いかがでしたでしょうか。
来週も皆様に素晴らしい音楽との出会いがありますように。おやすみなさい。

※徐々に見て下さる方が増えてきており、本当にうれしく思っております。ブログ記事からはYoutubeへのリンクがあり、
下の動画からそのまま録音を聴くことが出来るようになっています。
  これまでの放送で掛けられた楽曲は私的名盤放送Spotify Playlistに纏められています。
ヴァイナルやCD音源しかないものについては聴けませんが、シャッフルして楽しんで頂ければと思います!
  リクエスト、ご感想などTwitter(@privategroove)までお寄せ下さい!RT下さるとありがたいです!

【訂正】
Jerry KnightはRaydioのメンバーでした。ChicのベーシストはもちろんBernard Edwardsです。


【前編】

【中編】

【後編】


この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
  1. 2019/05/30(木) 23:29:34|
  2. 私的名盤放送セットリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的名盤放送第48回「最新邦楽ポップスで棚からひとつかみ」セットリスト

私的名盤放送第48回「最新邦楽ポップスで棚からひとつかみ」セットリスト

私的名盤放送第48回2

私的名盤放送第48回1

M1 どんないいこと(Album Version) /SMAP 『SMAP 008 TACOMAX』 (1995)
M2 大丈夫 /花澤香菜 『ココベース』 (2019)
M3 Breakin' My Heart(Pretty Brown Eyes) /Mint Condition 『Meant To Be Mint』 (1991)
M4 リズム /UA 『11』 (1996)
M5 ためらいの糸 /嶋野百恵 『Roots』 (2000)
M6 静謐甘美秋暮抒情 /UNISON SQUARE GARDEN 『MODE MOOD MODE』 (2018)
M7 長い道距の果てに /Sing Like Talking 『City on My Mind』 (1989)
M8 I'll Be Over You /Randy Goodrum 『Words and Music』 (1994)
M9 Siren /向井太一 『Pure』 (2018)
M10 Serve You Right /Isley Jasper Isley 『Broadway's Closer to Sunset Blvd』 (1984)
M11 Catch The One /Awesome City Club 『Catch The One』 (2018)
M12 Reachin' 2 Much /Anderson Paak feat. Lalah Hathaway 『Ventura』 (2019)
M13 ゼロセット /ORIGINAL LOVE 『bless You!』 (2019)
M14 We Had a Love /Krystol 『I Suggest U Don't Let Go』 (1989)

「放送アーカイブはこちらから」

【放送後記】
医師3年目も何とか業務に慣れつつありますが、慣れてきたところで違う診療科へと配属となってしまうシステム上、
なかなか精神的な平穏を得られないままに日々を過ごしております。
先の10連休と改元で世間は正月休みが再度やって来たかのような空気ですが、病院では救急外来、救急車診療共に
24時間365日、休みなく業務が行われております。幸いなことに管理人は2回救急業務に就くのみで済みましたが、
体力的なストレスだけでなく、対人的なストレスの多さに辟易してしまう瞬間も、ないわけではありません。
めげずにやっていこうとは思いますが、音楽はいつでも心のよりどころとなっています。

引き続き、私的名盤紹介の別アカウントとして運営している
私的名盤紹介ANNEX
は好調に更新できており、
徐々に皆様のご好評をいただいているようで、嬉しい限りです。
今後も古い商業施設やビルなどを取り上げていこうと考えております、お楽しみに。

私的名盤紹介のメインコンテンツとなって久しい私的名盤放送ですが、最新話では近年の邦楽ポップスを中心に、
最近の愛聴盤を取り上げました。

SMAPの8枚目のアルバムから、あまりにも有名なシングル「どんないいこと」で始めました。このアルバムバージョンでは
Omar Hakim(Ds), Anthony Jackson(B), Wah Wah Watson(G), Phil Woods(Sax, Steely Dan, Billy Joel etc)などが参加しています。
ウェストコースト的な暖かみと繊細なコーラス、ブラスの細やかなアレンジにOmar Hakimのシャープなドラムスが映えます。

花澤香菜は出すたびに様々なコンセプトの作品で話題を呼んでいますが、今作ではこれまでの
「渋谷系を足場にしながら洋楽的なサウンドを追究する」スタイルから、90s以降、日本で独自の進化を遂げてきたJPOPの
サウンドを素直に取り込みながら、凝った編曲と美しいメロディのポップスとして再提示した作品となりました。
その中でも、槇原敬之のペンによる先行シングル、「大丈夫」はROUND TABLE的な音を意識した豪華な編曲と、
90sJPOPの美しいメロディが融合した新境地だったと思います。その他、プロデューサーに佐橋佳幸を迎えた楽曲、
いきものがかりの水野良樹を迎えた楽曲など、JPOPの最前線で活躍する作家を数多く迎えています。

BCM, ニュージャックスウィングを生演奏の形式で表現し、90sというR&B全盛期の時代においても特異な存在感を放っていた
バンド、Mint Conditionは、Robert Glasperバンドを初めとして現代ジャズの屋台骨を支えるドラマーであり、
邦楽では宇多田ヒカル/あなたのバッキングでも知られるChris Daveが活動初期に所属していました。
彼らの1stアルバムから絶品のクワイエットストーム、Breakin' My Heartを。

邦楽R&Bではまず菊地成孔とのプロジェクト、Cure Jazzのほか、Mondo Grossoの大沢伸一、朝本浩文など、
数多くのプロデューサーとタッグを組み、
様々なジャンルを超えたポップスを生み出しているUAの1stアルバムからリズムを選びました。
その他、90s邦楽NJSの重要人物である嶋野百恵の名盤、rootsからためらいの糸もどうぞ。

LiSAへの楽曲提供、編曲で知られるベーシスト、田淵智也が所属する邦楽ロックバンド、UNISON SQUARE GARDENは、
邦楽ロック史上でも圧倒的な演奏力の高さで知られているかと思います。3ピースながら音の分厚さ、ベースのうねりが
楽曲に迫力を与えます。彼らの楽曲にはアニメソングらしい、言い換えれば歌謡曲的な魅力があるといえます。
最新作からAOR色さえ感じる静謐甘美秋暮抒情を選びました。

もともとはカントリー系の作曲家として知られ、Anne Murrayのプロデュースで有名となったグラミー受賞作家、
Randy Goodrumのセルフカバー名曲集、94年作のWords & Musicから、TOTOのSteve Lukatherとの共作、I'll Be Over Youです。
このバージョンではソロをJay Graydonが演奏しています。そのほか、George Benson/20/20(Steve Kipnerとの共作)、
Michael Johnson/Savin' It Upなど名曲ぞろいです。Randyによるボーカルは程よく脱力していて、
リラックスできる一枚に仕上がっています。

邦楽ブラックミュージック人気再燃を感じるこの頃ですが、ネオ渋谷系との関連の中で、
tofubeats, 小袋成彬、RIRI, cero, Lucky Tapes, Kan Sano, UNCHAIN, BRADIO,
そして最も有名人では星野源, PUNPEEなど、JPOPの中心にソウル/R&Bが戻って来ていることは、
管理人としては大変うれしいことです。

アイドルでもフィロソフィーのダンスやMELLOW MELLOWなど、
そして渋谷系現役世代ではORIGINAL LOVEやSLTが今でも元気に活動しており、
さらにはVaporwave人気を皮切りにシティポップに注目が集まり、竹内まりや/プラスティック・ラブがアンセムとして
様々なアーティストにカヴァーされ、30年以上経って公式MVが撮影されてしまうという、なんとも奇妙で、
この夢の様な現実に、毎日新譜を聴くのが楽しみで仕方ありません。
さらにはNJSやクワイエットストームにも再び注目が集まっており(前回の特集をお聴きになるとよいです)、嬉しいこと続きです。

モデルとしても活躍するSSW, 向井太一の新作は、一聴するとMichael Jackson/Off The Wallに収録されていそうな
BCM的な流れを汲んだ80s風ブギーなのですが、ところどころで鳴らされている不穏なシンセや、
中近東的な音階のオブリガートなどが散りばめられた、一筋縄ではいかぬ魅力があり、昨今のシーンでも異彩を放っています。
ほかにも邦楽ポップス~ロックの中で、Shiggy JrやORESAMAと並んで80sディスコの流れを汲んだ聴きやすい楽曲を
多数生み出しているAwesome City Clubの新曲、
ベテラン田島貴男のORIGINAL LOVE新作から、不思議なコード進行のゼロセットを。
ほかにもPUNPEEとのコラボレーション、グッディガールも素晴らしいです。すこし「風の歌を聴け」の頃に戻った部分もあります。

洋楽R&Bの最近のアルバムの中では、Malibuが圧倒的な傑作だったキーボーディスト、トラックメイカーのAnderson Paakの
新作が素晴らしかったです。前作はジャリ付いたビターな楽曲が多く、個人的には楽しみきれなかった部分がありますが、
今作はMiraclesのSmokey Robinson(Quiet Stormの言葉は彼のソロアルバムから)や、
BCM関連ではDonny Hathawayの娘Lalah Hathawayが参加しています。他にもAndré 3000、Jazmine Sullivan、
Sonyae Elise、Brandy、Nate Doggなど、90s-00sにかけてのR&B/ヒップホップの重要人物が名を連ねます。
その他にも、これまでの共演歴にはMac Miller, Chance The Rapper、A Tribe Called Quest、Kendrik Lamarなど、
新旧現在のブラックミュージックに影響を与えた数多くのアーティストとコラボレーションしています。
とにかく、最新作Venturaはこれまでの彼の作品の中でも最も「メロウ」な楽曲が集まっており、
特にLalah Hathawayの参加したReachin' 2 Muchは、ものを叩き潰すような音の強烈なスネアが作り出す
重くファンキーなグルーブと、フュージョン的なホーン、時折見られるネオソウル的なコード進行が最高。
80sのディスコ~BCM~ネオソウル、現代のヒップホップまでを見事に融合した一曲になっていますし、
アルバム全体での聴きやすさも素晴らしく、洗練されていたと思います。必聴の一枚です。
現在のところ年間ベスト・アルバムです。

そしてリアルタイムのクワイエットストームからは、アメリカのソウル史で最長に近いキャリアを誇るレジェンダリーグループ、
Isley Brothersの分派したIsley Jasper Isleyと、MotownのディスコグループとしてCrazy Love, It Must Be Loveなどの
名曲を遺したAlton McClain & The Destinyのメンバーが参加した、
Krystolというボーカルグループ(初期はSOLARのLeon Sylvers Ⅲがプロデュース)の
89年作から切ないバラードWe Had Loveを。サビはBCM的なコード進行もあり心地良いです。

私的名盤放送第48話、いかがでしょうか。
これからも皆様に素晴らしい音楽との出会いがありますように、おやすみなさい。

前編

後編



この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
  1. 2019/05/23(木) 00:15:32|
  2. 私的名盤放送セットリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: