私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

私的名盤紹介管理人が選ぶ「名古屋市ラーメン名店10選―番外編」

私的名盤紹介/私的名盤放送/私的名盤紹介アネックスをご覧頂いている皆様、ありがとうございます。
@privategrooveです。

寒さが厳しい季節になってまいりました。こんな寒い時にこそ、身体に染み入るソウルフード、ラーメン。
2017年に「私的名盤紹介管理人が選ぶ『名古屋のラーメン名店10選』」を編集しました。
2年半ほどの時間が経った今も、おおむねこのベスト10は変わらないところなのですが、
学生時代を含めてそれなりの数のラーメン店に通ってきた自分の経験を生かして、
「名古屋ラーメン名店10選 番外編」をお届けしようと思います。

食べログやRettyなどのランキングは様々な人がレビューを投稿していますが、その分評価者による差が出やすいかと
思います。実際にいち個人が足で稼いだ記録も、それなりにお役に立つのではないかと思い、増補を執筆することを
思い立ちました。今後も、よいお店の発掘に注力して参ります。

私的名盤紹介管理人(名盤さん)が自信をもってお勧めする、10の至高のラーメンです。どうぞ。

※職場の病院で若手医師のみで構成される「拉麺部」を結成し、日々新店や名店を味わっています。
 情報を提供してくれる同期や後輩医師に感謝いたします。

ラーメン 八龍 千代田店
DSC_0070.jpg

地下鉄上前津駅と鶴舞駅のほぼ中間にある住宅街で、昼のみ営業している味噌ラーメンのお店です。
駐車場は店前に2台ほどありますが、コインパーキングの利用が便利です。
2019年版ラーメンWalker東海で味噌ラーメン部門入賞のお店でもあります。
40年以上の歴史があるお店で、当時と変わらないクラシカルな味を維持しています。
ぷりぷりとした中太ストレートの麺は、角が立ち過ぎず、スープを非常によく吸って濃厚な味をダイレクトに伝えます。
トッピングのバターとラードが表面を覆うスープは舌が焼けるほどに熱く、強い塩味と唐辛子の辛みが立ち、
後味のさらりとした味噌の風味が広がります。叉焼は脂身が少なく、しっかり火が通った薄切りで、
濃厚なスープと合わせるにはこのくらいさっぱりした肉がよいと思います。
もやしの火の通り具合も絶妙で、みるみるうちにスープが減っていきます。ライスを頼むのも忘れずにどうぞ。
地元のサラリーマンたちで毎日いっぱいになり、少し強面の店長さんが切り盛りする、そんな昔ながらの人気店です。

徳川町 如水
DSC_0194.jpg

2002年のオープン以来、名古屋の淡麗系塩ラーメンの人気店として君臨し続けるお店です。
食べログ百名店(2017~2019)、ラーメンWalker東海殿堂入り(2016)など輝かしい実績もあり、
毎日深夜まで客足が絶えません。しかし客の捌きの速さが素晴らしく、いつ訪問してもそれほど待つことなく
ラーメンにありつけるのもさすがです。駐車場は裏手に10台分程度あり、コインパーキングもあり充実しています。
無化調とは思えぬほどの強いコクがあるスープは、鶏ガラをベースに昆布と鰹だしの味がしっかり香り、
かつえぐみのない味わいです。人気メニューの「香そば」では大蒜で香り付けした香油が垂らされていて食欲をそそります。
ほかの淡麗系の人気店と比較しても塩味をしっかりと感じさせるパンチの効いた味付けで、
細く少し硬めに茹でられた麺を啜ると素晴らしい香りが鼻を満たします。叉焼は少し脂身多めで柔らかく、
すっきりしたスープにコクを与えます。半熟の卵は非常に柔らかく、箸で少し強く摘まむと黄身が溢れてきます。
サイドメニューの炊き込みご飯や叉焼丼も是非どうぞ。しかし食べ始めはボリュームを感じないものの、
意外なほどに満腹感があるのも、如水のラーメンの不思議なところです。
支店が出来てもずっと変わらないおいしさを提供し続ける名店です。

らーめん奏

DSC_0883.jpg

DSC_0884.jpg

吹上の中道交差点から瑞穂方面を目指して南へ車を走らせると左手にある淡麗系塩ラーメンのお店です。
駐車場は近隣にコインパーキングがありサービスを受けられます。
名古屋コーチンのほか魚介と昆布のうまみが前面に出たスープは非常に優しい味わいで、
脂っこさやしょっぱさとは無縁でありながら、深い味わいです。細くもっちりとした自家製麺は、
小麦の香りをしっかり感じさせてくれます。低温調理のチャーシューはもっちり、しっとりとした食感で、
噛むほどに旨味が滲み出てきます。チャーシュー増しにすると、さっぱりとした鶏むね肉チャーシューも載ってきます。
これも逸品です。醤油はもう少し太く縮れた麺と、香油をまとって少し濃厚な味わいのスープは、
塩ラーメンよりも鶏の味を強めに感じます。人気ジャンルの淡麗系のなかでも取り分けさっぱりとした、
しかし出汁の美味しさを感じられる人気店です。

萬来亭
DSC_0460.jpg

左京山の住宅街の中にあり、20年余の歴史がある名古屋の家系ラーメン人気店です。鳴海駅からも距離が離れており、
車でないと訪問しにくいところがネックですが、ファンも多いお店です。駐車場は広く停めやすいです。
鶏油の香りはそこそこに、ミルキーさが少ない、べたつかず、醤油のキレを強く感じるスープは吉村家を思わせる
ベーシックな味わいです。店長は壱六家で修行された方だそうです。豚骨特有の臭みもほぼ感じられず、
濃厚な味なのにもたれる感じも全くありません。トッピングのうずらは噛むとぷちぷちと弾け、
スープと合わせるとご飯が進みます。辛く味付けされた葱も人気のトッピングで、よいアクセントになります。
麺は硬めに指定すると、徐々にスープを吸って食感が変化するのを楽しめます。硬めでも粉っぽさが少なく、
わずかに縮れてコシがある麺もスープと非常によく絡みます。「緑区の宝」の異名を持ち、その名にたがわぬ名店です。

極太濁流らーめん ら・けいこ 東片端店

DSC_9739.jpg

東片端高速入り口の近くにある二郎インスパイア系のお店です。
二郎インスパイア系と言いながらも非常に個性的なお店で、極太でおそるべく歯ごたえのある麺と、
強い塩分を感じさせるたれ、大量のキャベツ、もやしを、豪快に混ぜ合わせて食べる
汁なし「デブセブラーメン」は他では絶対に味わうことのできない逸品です。焼豚はなんと油で揚げられており、
仕上がった外側をカリリと噛み締めると、中から熱々の肉と脂身が顔を出してきます。
にんにくは生のニンニクを刻んだタイプで、強い辛みと鋭い刺激が全身を駆け巡ります。
同じく汁なしの「デブセブハイパーライト」では肉を一度蒸してから揚げているため、柔らかくトロトロにとろけた食感となり、
これもまた最高です。麺の量は1kgまで増やせるらしく、爆食家たちが日々しのぎを削っています。
一度食べたら病みつき、名古屋ラーメン界の無冠の帝王と呼ぶにふさわしいお店です。

太陽食堂

DSC_2645.jpg

DSC_9736.jpg

地下鉄東山線「中村公園駅」から大鳥居をくぐって暫く歩くとある醤油ラーメンのお店です。
ご主人と奥様の2人で切り盛りする小さなお店で、毎日19:30頃を過ぎると
スープが売り切れになることも多いので気をつけましょう。
透き通った鶏ガラベースのスープは僅かに魚介のほろ苦さが感じられ、
とろりと溶ける脂身のバランスが絶妙な焼豚、細く少し縮れた麺と合わさると非常にクラシカルな中華そばが完成します。
焼き飯も名物として知られ、ラードで炒められた、米粒のしっとりとした、昔ながらのチャーハンです。
細かく刻まれた豚を噛み締めた時の旨味は最高です。
今の時代だからこそ求められる懐かしいチャーラーが食べられる、貴重なお店だと思います。

中華そば 親孝行

DSC_3453.jpg

DSC_3714.jpg


以前は中川区の名古屋駅とそれ以西の街を繋ぐ黄金跨線橋のほど近くにあり、
現在は八熊通沿いに移転した無化調をうりとする鶏白湯のお店です。
最近流行りの鶏白湯系のスープは、ともするとドロドロとしてくどくなりがちなのですが、
親孝行の鶏白湯はすっきりとした口当たりであるにもかかわらず、飲み進めるほどに鶏のうまみが広がり、
さっぱりと食べられます。
野菜や豚骨などを加えた複雑な味わいのスープではなく、あくまで鶏と魚介系を中心にして、
シンプルにしているところが良いのかもしれません。
やや加水率が高い細めの麺は非常によくスープと絡み、食べ終わるころには自然と
スープが底をついているほどです。鶏チャーシューの柔らかさも見事で、非常にしっとりとしています。
白湯のほかに、鰹節の出汁を強く感じる金の中華そばやカレーラーメンも人気メニューで、どれもお勧めです。

中華蕎麦 生る

DSC_1995.jpg

今池駅からナゴヤドーム方面へ向かって北へと進むと環状線沿いにある魚介つけ麺のお店です。
ラーメンWalkerなど各雑誌でも常連のお店で、平日の昼夜問わず行列が出来ています。
トロリとして表面がわずかに泡立つつけ汁は、豚骨のまろやかさと食欲をそそる香りに、鶏と魚介を加えた、
濃厚でありながら脂っこくなく、すっきりとした後味があり、飽きのこない味です。
真っ直ぐに伸びる太麺は、輝いていて小麦の香りが自然と鼻を突き抜けていきます。
麺だけで食べても十分に小麦と卵の風味が感じられ、もちもちとした強いコシがあり、これほど見事な麺が
食べられるお店はなかなかないと思います。
特製のトッピングには、辛さを加えるもみじおろしや、提供の直前に炙って香ばしさを出す叉焼、葱と海苔が付いてきます。
叉焼は、薄切りですがサクサクとした食感があり、気付いた時には蕩けてなくなっています。味の濃いつけ汁を邪魔しません。
最後にはだしでスープを割って飲めます、もったいなくてついつい飲んでしまいます。
誰が評価しても間違いのない、名古屋のつけ麺の名店でしょう。

らぁめん翠蓮

DSC_7699.jpg

DSC_2705.jpg


地下鉄鶴舞線いりなか駅の近くにある焼き干しラーメン、海老まぜそばのお店です。夫婦で切り盛りする小さなお店です。
トビウオの焼き干し(あご出汁)をメインにしたスープは他では味わえない、香ばしく濃厚で、わずかなほろ苦さが
後からやってくる独特な風味があり、魚介系のつけ麺やラーメンとは一線を画しています。
魚粉のパンチの効いた旨みもあり、つるりとして縮れた麺がスープをよく絡めます。
具には豆苗が入っており、濃厚なスープに爽やかさを加えています。細切りの叉焼もわずかに焦げ目が付いていて、
香ばしいスープとの相性抜群です。
もう一つの人気メニュー、まぜそば海老鶏油は数量限定のメニューで、大量の干し海老を豆苗や葱、
半熟卵と混ぜて頂く変わった逸品で、辛めの味付けで刺激的です。


信長ラーメン 清洲本店

DSC_1199.jpg

DSC_8535.jpg

名古屋のマニアックなローカル線No1ともいえる城北線尾張星の宮駅、清州東ICの近くにある、
昔ながらな家族経営の豚骨ラーメン、「赤いラーメン」のお店です。
通常のラーメンは白濁した豚骨と鶏ガラのスープで、さらりとした舌触りに優しめの豚骨の風味が香る
懐かしいラーメンで、寿がきやに慣れ親しんだ名古屋人ならお馴染の味わいです。
細めで縮れた麺もつるりとしていて重さがなく、さっぱりと食べられます。
人気メニューの「赤いラーメン」は、このラーメンのスープをもとにして、たっぷりの唐辛子と豆板醤で辛く味付けされています。
見た目ほど唐辛子の刺激は強くないものの、食べ進めるほどに汗が出てきます。
たっぷりと入った葱、胡麻、ニラと大蒜の香りが湧きたち、意外なほどにさらっとした舌触りとは裏腹に、
パンチの効いた爽やかな刺激と深い味わいを感じます。こってりとした角煮の叉焼が入ってもくどくない絶妙なバランスです。
立地の関係から各種媒体に取り上げられることが少ないお店ですが、店の前にしっかり駐車場もあり、店内も広いです。
正確には名古屋市外ですが、もっと知られても良いお店だと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
  1. 2019/12/15(日) 18:54:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的名盤紹介ANNEX「東海地方・名古屋市ショッピングモール写真集」

私的名盤紹介ANNEX「東海地方・名古屋市ショッピングモール写真集」

私的名盤紹介をご覧下さっている皆様、お世話になっております。

今年の初めより開設した「私的名盤紹介」のもう一つのアカウント/プロジェクト、
「私的名盤紹介アネックス」も、あと少しで開設から丸一年が経とうとしています。

当初は建築(主に1960-1980年代に建てられたもの)やグルメ、ラーメン情報などを発信する予定でしたが、
この1年間でいわゆる「商業施設」(GMS)の建築やデザイン、吹き抜けの構造などに関心が偏ってきており、
休日を利用して相当な数の商業施設を訪問してきました。

そこで、これまで訪問してきた商業施設の写真を整理しました。
名古屋市内および愛知県内の施設が中心ですが、一部岐阜県や三重県の施設も収録されています。

バブル時代の香りが残るモールや、郊外のこじんまりとしたスーパー、
モダニズム建築の影響を感じる百貨店など、それぞれが個性を持った魅力的なお店ばかりです。
なかなかこの楽しさを共有できる友人は居ないところですが、
「吹き抜けマニア」「渋ビルマニア」「昭和なスーパー好き」の方々、またそうしたバブル建築に関心のある方の
一助となれば、これほどうれしいことはございません。

ショッピングモールはその地元の人々に愛され、人々の生活と共にあり、歴史を重ねていくものだと思います。
人々が過ごした年月に思いを馳せる、ある種ノスタルジックな楽しさや、買い物をする空間としての機能性を維持しながら、
その時代の流行のデザインを取り入れた機能美を鑑賞する楽しさを、少しでも伝えられればと思います。

東海地方、名古屋市の昭和なスーパーの美しさを残した写真集、ぜひ、ご覧下さい。


続きを読む

この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
  1. 2019/12/02(月) 23:20:32|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: