私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(410)  Cannonball Running/水樹奈々

Album: Cannonball Running
Artist: 水樹奈々
Year: 2019
Genres: JPOP, シンフォニックロック、ヘヴィメタル、アニメソング、ディスコ/R&B


CANNONBALL RUNNING

1980年生まれの女性声優、シンガーの13枚目のオリジナルアルバム。

アルバムを出すことに様々なサウンドに挑戦し続ける水樹さんですが、歌手デビュー20年を迎えた
本作でも、新たな試みが様々に見られています。
リードシングルになったM5は本人もコメントしている通りオールディーズ的なアプローチのトラックで、
強い残響のあるドラムスと、多重コーラス、ブルージーなリードギターなど、生々しく太い音作りで、
これまでの水樹奈々サウンドには見られなかった新境地だったと思います。
山口寛雄(B, 福原美穂、倖田來未、EXILE etc), 吉田太郎(Ds, あさき、DIMENSION etc)、
石成正人(Gt, スキマスイッチ、平井堅 etc)などが参加しています。
これまでのElements Gardenサウンドな、メタリックなシンフォニックメタルM6,
モダンハイゲインなギターと疾走する重厚な音作りのリズム隊(Tatsuya, Ds from Crossfaith)が堪らないM10のような曲も健在です。
間奏ではRage Against The Machine以降なブレイクダウンや、その後はパワーメタル的なキャッチーさもあり素晴らしい。

M1にはマーチングのリズムから始まりデジタルな質感の16ビートの打ち込みドラム(EFFY from FIRST CALL)と、
サビに向かう開放感が堪らないダンサブルな一曲を添えているところも、これまでのアルバムでは
なかなか見られないパターンです。ゴスペルライクな多重コーラスを聴かせるサビ、スーパーヘッドヴォイスで彩るサビの
後半など、水樹奈々のボーカル表現もまた新たな表情を見せます。

悦楽カメリア~純潔パラドックスな歌謡的な遺伝子を感じながら、ジャジーなピアノのバッキングは如何にも
上松範康らしい演奏難度の極めて高いM2は、千本桜~女々しくてのようなイディオムも面白い。
R&B系シンガーへの楽曲提供が多い原一博(BoA, EXILE, 小柳ゆき)によるペンのM3は
どこかゴシックな印象を与えながら、音作りはスペイシーでEDM以降の盛り上げ方を組み合わせた不思議な魅力がある一曲。
弦一徹ストリングスによる豊かなストリングスとデジタルで圧倒的なスピード感で疾走するM4は、
Synchrogazerの流れを順当に汲んだスケールの大きいトラック。

山本隆介(B), 小松シゲル(Ds, NONA REEVES, BONNIE PINK, 堂島孝平 etc)のリズム隊による
ブリブリしたベースラインが堪らないフィリーダンサーなM7も、これまでの水樹奈々楽曲には決してなかったタイプのタイム感の
一曲だったと思います。水樹奈々自身、ラジオなどで「いわゆるR&B系のスウィングの感覚を歌に反映させるのが苦手」と
述べていることから、こういった曲(この曲やアンビバレンスなど)がこれからの
水樹奈々サウンドの試金石になるのではないかと思っています。

佐藤あつしの名前でも知られ、浜崎あゆみの楽曲を数多く手がけたats-によるメタリックでありながら歌謡曲的な
メロディのバランスが最高な先行シングルM8は、ギターやその他のミックスのバランスが極めて良好で、
メタル期を超えてきた今の水樹奈々が演奏する"Trickster"と言える一曲。

星野源の作り出す「細野晴臣風」な弦のフレーズが印象的な、極めて音数の少ないバラードM9は、
AVEXの専属作家であるBOUNCEBACKによる一曲で、アコギのノイズが聴こえてくるほどにクリアな音作りです。
こんなアレンジの楽曲も、これまで全くなかったアプローチであり、以前のライブでの「スタジオミュージシャンと one on oneで
勝負する企画」の影響なのであろうとと思います。

佐々木”コジロー”貴之(G, ゆず、JUJU, Aimer)のピーキーな音色の鋭いカッティングやソロでグイグイとバンドサウンドを
引っ張るM11は90sの邦楽ロック的な魅力があってこれも素晴らしい。
魔法少女リリカルなのは Detonationの主題歌となった先行シングルNever Surrenderも、
シリーズの歴代テーマソングとリンクさせたドラマティックな音作りを踏襲した一曲です。
オートチューンを掛けたボーカルでもあまりケロらない(歌がうますぎるため)のに驚かされるM13、
冴えない彼女の育て方シリーズの楽曲を手掛けたことでも知られる高尾奏之介によるM14も、
シンフォニックロックとしての構成は残しながら、サビ前の音の抜き方を見ると、アンサンブルを聴かせようという狙いを感じます。

水樹奈々自身による作詞作曲と藤間仁の鉄壁タッグによるポップロックM15は、これまで水樹奈々バンドへの参加歴が
おそらくない松永明日斗(Ds)と、須永和弘(B), 山本陽介(G)の組み合わせによる爽快なサウンド。
岩里祐穂(作詞)と吉木絵里子(作曲)の組み合わせというこれまたアニメソング界隈のトップランナーによる
ロックバラードM16は愛の星からの流れを感じる、切々としたストレートなラブソングです。
CHERRY BOYSの松永俊哉(Ds, 渡辺美里、aiko, いきものがかり etc)の溜めの効いた16ビートと派手なシンバルのフレーズ、
弦一徹ストリングスの息を呑むような弦の音と組み合わさったトラックで、これまでのバラードにはない
強い熱情を感じられる一曲。私生活、何かあったのでしょうか。
最後には恐るべきスピードで駆け抜けるFINAL COMMANDERで締めくくる大ボリュームな一枚でした。

オリジナルアルバムを出すたびに、新たな音楽性を取り入れた挑戦的な曲と、人気な楽曲の良い所を取り入れた楽曲を
絶妙なバランスで提示してくる三嶋章夫さんをはじめとする「チーム水樹」の強固な力には驚かされるばかりです。
ナゴヤドームで奈々様にお会いできることを楽しみに待とうと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

関連記事
  1. 2020/03/02(月) 23:38:48|
  2. 水樹奈々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: