私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(124)

Album: Blufunk Is A Fact!
Artist: Keziah Jones
Genres: Funk, Blues Rock

blufunk is a fact


ナイジェリア出身のシンガー・ソングライター、ギタリスト。1970年生まれ。1992年作の1st。
ヨルバ族という民族の族長を父に持つ。医師を目指すためロンドンのパブリック・スクールに
わずか8歳にして送り込まれた彼ですが、結果としては学校をドロップアウトした後、
ミュージシャンとなりパリでデビューを果たすことになります。
基本的には、Bob DylanやJimi Hendrix的なブルース・ロックの音楽性を基調とするコードと
メロディを、ファンクのハネたリズム感やアフロビートを感じるリズムに載せて演奏する、
という独特のスタイルで、自身はこれをBlufank(Blues+Funk)と呼んでいます。
本作では全編でアコースティック・ギターで演奏しています。
ほぼメンバーはトリオでの演奏で、アコギ、ベース、ドラムスの構成となっています。
ギタリストとしては、コードを鳴らすバッキングでの、タイム感の良さに卓越していると思います。
ベースとの絡み方も素晴らしいですし、うねるようなビート感と、切れ味の鋭いカッティングや
スラップ奏法等のパーカッシブで一切の隙のないプレイと、シャープに弾きながら歌う、
自身のセクシーなボーカルのリズム感の良さやサビのメロディの、アフリカの民族音楽の影響が色濃い
素朴で綺麗なメロディーが非常に高い親和性を見せています。
彼の演奏を聴いていて真っ先に思い浮かぶのが、以前に紹介した雅-Miyavi-です。
私の勝手な想像ですが、彼は確実にキザイアのスタイルに影響を受けていると思います。
とても近いスピリットを感じずにはいられませんね!!
ヒットのきっかけとなった#3Rhythm Is Loveでのブルージーでかつキャッチ―なメロディ、
無駄の削ぎ落とされたとことんフィジカルなリズムの生み出すグルーブは、
彼の音楽でしか味わえないものだと思います。
他にも、#5Where Is Life?でのCurtisを髣髴とさせる滑らかなファルセットの
メロウな歌唱も良いですし、#6Funderlying Undermentalsや#8Free Your Soulでの
カッティングの気持ちよさは、いつまでも聴いていたくなるような絶妙なタイム感です。
キメの多い構成とリズムチェンジの心地よいタイトな演奏が楽しめるドライブ感に溢れる
#10The Waxing And The Waningなんかは趣味ど真ん中過ぎて最高です!
キャリアに比して寡作な彼ですが、全ての作品を聴きこんでいきたいです。
良いアコギが欲しくなる作品ですね。ファンク系のギタリストの中で大好きな方の一人です。

Rhythm Is Love

Where Is Life?

The Funderlying Undermentals
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/03/25(月) 01:17:42|
  2. Keziah Jones
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(125) | ホーム | 今日の一枚(123)>>

コメント

んーなつかしい

わんわんわんはこのアルバムに相当はまりました。
なつかしい!
  1. 2013/03/26(火) 22:44:24 |
  2. URL |
  3. わんわんわん #-
  4. [ 編集 ]

Re: んーなつかしい

Keziah Jonesは大好きなギタリストですね!
Stevie Salasなんかも大好きですが、同じ香りがします。
あちらはもう少しメタリックで歪みが心地いいサウンドです。
ファンキーなプレイをするギタリストは皆さんとてもタイム感に優れていらっしゃいます。
そういうギタリストが良いですね。
個人的にはテレキャスの音が好きなので、Richie Kotzenなんかは好みです。
  1. 2013/03/27(水) 15:32:36 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/136-715bd5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: