私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(132)

Album: Interplay
Artist: Bill Evans
Genres: Jazz, Modern Jazz

interplay.jpg


アメリカニュージャージー州出身のジャズ・ピアニスト。1929年生まれ、1980年没。
ジャズ・スタンダードの楽曲に対して、ドビュッシーやモーツァルト、ラフマニノフや
モーリス・ラヴェルを始めとするクラッシックからの影響を踏まえて、優美なアレンジを加えたり、
インタープレイ(音楽における「対話」としてのアドリブを重視する)に重きを置く
モダン・ジャズのスタイルを確立していきます。
Kind Of BlueでのMilesとの共演(というよりこの作品は、ビルを中心として完成された作品だ
と言っても過言ではありませんが)はあまりにも有名ですが、
Milesがモード・ジャズを深く探求していくきっかけともなりました。
そういった意味でも、彼がジャズ全体に与えた影響力が絶大であることが窺えます。
本作は、1962年作で、彼には珍しいクインテットによる演奏。
相性抜群のJim Hall(Undercurrentでのデュオのプレイも大好きですが)の他にも、
Freddie Hubbard (trumpet), Percy Heath(B), Philly Joe Jones(Dr)といった
(何をやらせても超一流ですが)
どちらかというと、ハード・バップ寄りのソリッドでダイナミックな演奏が
似合うメンバーでの演奏が聴けます。
Jim Hallの角の取れた、ウォームでありつつもメロウで都会的で、
リズムに対して基本的にスクエアで、シングル・トーンの、
ジャズ・ギターとしての基本に忠実な非常にシンプルなプレイは、
Pat Methenyが敬愛して止まないというのも、スタティックなプレイをしている時の
彼の演奏を思い浮かべれば、至極納得できます。
アドリブも、一見地味に見えるかもしれませんが、他の楽器の音を「本当に」よく聴いていなければ
生み出すことのできないものだと思います。
若き日のFreddie Hubbardの、艶やかで濡れたトーンのプレイや、
スウィングするグルーブ感が心地よいPhilly Joe Jonesのドラムスに対して、
ビル・エヴァンスのピアノは、他の作品よりもリラックスした伸びやかなプレーを聴かせてくれます。
右手が生み出す、一音たりとも無駄な音のない、単音の「煌めき」は、
他の誰にも表現することのできない、独特の柔らかさの中に静かに燃え上がる情熱が宿っています。
#2When You Wish Upon A Starのような穏やかなバラードでのベースの入りや、
ギターが静かにテーマを絶妙に崩して奏でていくあたりも素晴らしい!
キャッチ―なテーマと、鋭く刻むハイハットやスネアドラムから生み出されるリズムの
狭い狭い隙間を、絶妙に縫っていくように展開されるアドリブの応酬がクールな
#1You And The Night And The Musicでは、トランペットの饒舌なフレーズも相まって、
ロックンローラーでもきっと気に入るような一曲に仕上がっていると思います。
#4InterplayでのJimのトーンは絶品ですね。ウォーキング・ベースのグルーブ感や、
流麗なピアノのフレージング(コードをまとめて弾くというよりも、一音一音を積み上げて
空気感を作ると言えば良いのでしょうか)の心地よさが堪りません。
数ある彼の作品達の中でも、最も好きな作品の一つです。
単純に耳が気持ち良いです・・・・・・
古今東西最高のピアニストの一人だと思います。

You And The Night And The Music

When You Wish Upon A Star

Interplay
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/03/31(日) 21:59:18|
  2. Bill Evans
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(133) | ホーム | 今日の一枚(131)>>

コメント

なるほど!

>コードをまとめて弾くというよりも、一音一音を積み上げて空気感を作る

なるほど、全くその通りであります。
  1. 2013/04/02(火) 21:20:17 |
  2. URL |
  3. わんわんわん #-
  4. [ 編集 ]

Re: なるほど!

ボーカルも含めて、音階を出すものであれば、どんな楽器でも、「コード感」を大切にした演奏は、
優れたポピュラー音楽には不可欠なものだと思います。
コードは通例、一つのセットとしてまとまった形で提示されることが多いですが、
中心音としてのシングル・トーンと、そこから生まれるスケールの響きを、
どのようなベースラインの上で弾くのかという、
旋法という形でコードを提示するモードの概念をポピュラー音楽に導入した功績の一端を、
Bill Evansは確実に担っていると思います。そういった意味で、彼は真の天才だと思います。
  1. 2013/04/03(水) 22:39:31 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/144-b621e0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。