私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(137)

Album: Introspection
Artist: Greg Howe
Genres: Fusion, Funk, Hard Rock

introspection.jpg


アメリカニューヨーク出身の、黒人フュージョン系テクニカルギタリスト。1963年生まれ。
イングヴェイ・マルムスティーンや、ポール・ギルバード、リッチ―・コッツェンなど
数多くの優れたギタリストを発掘してきた名門、シュプラネル・レコードの代表である
Mike Varneyにデモテープを送りつけたことが、彼のデビューのきっかけとなりました。
ソロ活動を始めるまでは、自身の兄をボーカルとするHOWEIIというファンク・メタルバンドの
ギタリストととして活躍していました。最近までHoweIIの作品を手に入れるのは難しかった
のですが、2011年に日本盤のリマスターが(ソロ作品も含めて)キング・レコードから
再発されたため、ようやく手に入るようになりました。
他のシュプラネル系のプレイヤーの作品群も同様に再発されていますので、是非探してみると
宜しいかと思います。本作は1993年作のソロ2nd。
1stでの野趣に富んだファンキーなハードさから、本作ではフュージョン寄りの
柔らかい音使いへシフトし、スムースで、難解なフレーズを流麗に弾きこなしていきます。
スウィープや高速フルピッキング、タッピング(レガートのフレーズは、
そのほとんどを左手のプリングではなく、タッピングで演奏しています。)
といったロックオリエンテッドなプレイスタイルを基礎としながらも、
中心音から半音ずらすような形で挟まれることの多い
John ScofieldとかAllan Holdsworth(Soft Machine, Tempest)を髣髴とさせるような
ジャジーなアウトフレーズを滑らかに入れてくるあたりは、
強いインテリジェンスを感じるプレイだと思います。
しかし、リズムに対して正確で複雑なフレージングでありながら、非常にメロディックであるため、
スムースで歌心のあるプレイに聴かせてしまうという点で、
沢山いるテクニカル系のギタリストの中でも、彼は頭一つとびぬけていると思います。
クリーントーンによるカッティングも得意としているようで、
ファンキーでソリッドなグルーブを楽しめる内容になっています。
使用機材は、初期ではハムに改造したFender Stratocasterを、
近年では、フロントにダンカンのHot Rail、リアにディマジオのSunny Casterが乗った
ESPのカスタムモデルを用いていることが多いです。
2003年には Dennis Chambers(Dr, P-Funk, John Scofield, Bill Evans Group,
Brecker Brothers, Steely Dan など)とVictor Wooten(B, Béla Fleck and
the Flecktones, Bass Extremesなど)という名実ともに最高のプレイヤーと組んだ
大名盤、Extractionを発表したり、同じくデニス・チェンバースに、
櫻井哲夫(B, Casiopea)を加えたVital World(2010)を発表するなど、
優れたハード・フュージョンの作品を残しています。
ハードロック的なエモーショナルで攻撃的なプレイと、
ジャジーでインテリジェントなプレイとが絶妙に溶け合った傑作。
大好きなギタリストの一人です。

Jump Start 冒頭の音程差の大きいフレーズがカッコいいですね!!
           彼の曲の中でも特にお気に入りの一曲です。

Come And Get It
           メタリックなリフと、へヴィ―なドラムスが、荒々しい熱量を感じます。


Direct Injection
関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/04/13(土) 16:25:00|
  2. Greg Howe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(138) | ホーム | 今日の一枚(136)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/149-9390e5b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。