私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(147)

Album: Out Of The Blues
Artist: Simon Phillips
Genres: Fusion, Jazz Rock

out of the blue


イングランド、ロンドン出身のジャズドラマー。1957年生まれ。
16歳のころからスタジオ・ミュージシャンとしての活動を始め、ジャズ系のドラマーとしてだけではなく、
Judas PriestやWhitesnake, Michael Schenker Groupなどのへヴィ・メタルのバンドや、
Jeff Beckなどのインストゥルメンタル・ロックバンドでも活動しています。
ジェフ・ポーカロ亡き後のTOTOにも後任のドラマーとして参加しています。
08年以降はスタジオ・ミュージシャンとしての活動に加えて、
日本を代表するジャズ・ピアニストである、上原ひろみのスタジオ・レコーディングとライブツアーに
参加しているなど、現在でもその活動は衰えるところを知りません。
本作は1999年作のソロ・アルバムで、98年に行われたツアーAnother Lifetimeの
ヨーロッパ公演の中から選ばれたテイクが収録されています。
ギターのAndy Timmonsを初めとする優れたミュージシャンたちによる、ジャジーでプログレッシブな、
初期のWeather Reportを思わせるような(あちらよりもメタリックでロック指向の音ですが)
緊張感の張りつめたハードでソリッドなフュージョンを聴かせてくれます。
録音状態も良好で、彼の要塞ドラムスから生み出される特にシンバル類の強弱のニュアンスが
よく聴こえてきますし、Andyの太くて厚みのあるリードや、
鋭く曲に緩急をつけるリズムギターの音は素晴らしい!
Jerry Watts Jr.(B, Herbie Hancock, Steve Vai etc)の丸くて密度の高く複雑なベースライン
は曲全体に強烈なドライブ感を与えています。
TAMA(星野楽器本社は名古屋市にあります)のスネアドラムの、
あの切れ味の鋭いスパンッという音はいつまででも聴いていたくなります。
上原ひろみのライブツアーで初めて生でSimonのドラミングを見ましたが、
これが私がこれから一生見る中で最高の演奏かもしれないと思いました。
リズムに対して非常に正確で、完全なるロックドラム仕込みの熱いフィルや、
ツーバスを踏みまくって疾走するスラッシーとすら呼べるプレイスタイルは、
ジャズ・ロックに感じるようなプログレ特有の高揚感を最大限に引き出してくれます。
#1Kumi Na Mojaでは、徐々に盛り上がりを見せ、1分半あたりから一気に複雑怪奇な
変拍子のタイトなリズムにスペイシーで泣きまくりのギターとサックスの完璧なユニゾンや
キーボードの柔らかくグルーブを包む広がりを見せるプレイでPat Metheny Groupの作品に
近いグルーブを生み出しています。
#5Jungleyesはこのアルバムの中でも特にお気に入りの一曲ですが、
疾風怒濤のフィルやバスドラムの圧倒的な音圧、それとは対照的に繊細なハイハットの刻みによる
グルーブに、伸びやかなホーンやシルキーなトーンのギターリフが非常にキャッチ―です。
Andyのソロも弾きまくっていて、ライブにもかかわらず精密機械のような粒の揃いっぷりには
ただただ驚嘆するばかりです。
#7Indian Summerはフュージョン色の強いクリアで爽やかな音像を楽しめます。
僅かに歪ませたトーンでのカッティングのタイム感や、リードでのモダンでソリッドなトーンは
聴き飽きません。
キーボードソロの#8Rhodes Untravelledでは、Jeff Babko(Key, Larry Carlton,
Steve Lukather, Vinnie Colaiuta etc)では、目にも止まらぬ速さで怪しく
Joe Zawinulばりのスペイシーなフレーズを弾き倒しています。
スピード感あふれるハード・フュージョンの#10Midair Decisionは、
メタルと呼んでも問題ないほどにエモーショナルな歪みのトーンで
へヴィなグルーブが定位されています。それとは対照的にキーボードのソロはジャジーで
インテリジェントなフレーズをやはり速弾きしています。
バックを流れる流麗なクリーントーンのカッティングが気持ちいいです。
本物のプロたちが集まることによってしか生まれない、
お互いの間を流れる緊張感が、演奏をよりシャープで洗練されたものに昇華し、
キメの連続が強烈なカタルシスを与えてくれる、
そんなハードフュージョンの魅力が本盤には凝縮されています。

Kumi Na Moja (From The Album "Another Lifetime")

Jungleyes (From The Album "Another Lifetime")

Indian Summer

Out Of The Blue
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/05/02(木) 23:17:47|
  2. Simon Phillips
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(148) | ホーム | 今日の一枚(146)>>

コメント

こんばんは、お邪魔します。
サイモンフィリップは、ジェフのアルバム出始めてしりました。
上原さんとの共演もTV で見て、かなり気持ちよかった印象があります。
ところで、このアルバムはなかなかやりますね。買いですね。
  1. 2013/05/11(土) 20:48:08 |
  2. URL |
  3. jamken #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

僕の友人も、Jeff Beckのツアーで初めてサイモンのプレイを見て好きになった、
と言っていました。
上原ひろみも、バンドにSimonを迎え入れたことは大正解だったと思います。
ロック的なダイナミズムを与えている点で、トリオにおいて非常に重要な役割を果たしています。
現代で最高のプレーヤーの一人だと思います。
  1. 2013/05/12(日) 21:54:35 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/160-5d66aee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: