私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(158)

Album: An Eye For An Eye
Artist: Byrne And Barnes
Genres: AOR, Soft Rock

an eye for an eye


アメリカ、アラバマ州マッスルショールズでRobert Byrnes(1954~, デトロイト出身)
とBrandon Barnesによって 組まれたユニットが発表したアルバム。
(Robertはデトロイト出身ですが、モータウンのプロデューサー
であるClaytin IveyとTerry Woodfordに見いだされ、活動の拠点をアラバマに移すことになります)
アメリカ本国では当時発売されることはなく、日本でのみの発売であったというまさに「幻の」アルバムです。
1981年作。Blame It On The Night('79)で一躍有名となったRobertが、
のちにBrian Mcknightを発見し、Boyz Ⅱ Menをプロデュースすることになるマルチ・プレーヤー、
Brandon Barnes(1956~,アラバマ州出身)との共作です。
参加ミュージシャンは、それほど有名なスタジオ・ミュージシャンを起用しているわけではないのですが、
楽曲とアレンジは非常に洗練されており、アーバンでメロウなAORのアルバムとして、
よく挙げられる作品の一つです。
ただ唯一の難点ともいえるのが音質でしょうか。おそらく制作費用がさほど掛けられなかったようで、
若干の音飛びが見られます。
南部で制作された作品でありながら、フォーキーなサウンドというよりは、
ジャズ色の強いコード感のある演奏を聴かせてくれます。
#1Never Gonna Stop Lovin' Youは、70sのファンクに見られるようなシンセ・ベースの
リフを主体に、セクシーなファルセットで歌うRobert(Vo)のメロディもポップで素晴らしい!
#2Love You Out Of Your Mindはシンセ・ベースのリフとカッティングのタイム感が
ジャジーで印象的な(同時代の山下達郎を思わせるような)グルーブを定位しています。
スロウなバラードの#2One More Try For Loveは、シンセの音色が時代を感じさせます。
John Willis(G)のカントリー色あるアコギのフレーズや、繊細なフレージングで曲を締めくくる
Jim Horn(Sax)の演奏も圧巻です。
#4I'll Try A Little Everyday For Youは、ボーカルの摩擦音がどうしても気になってしまいますが、
本作の中でも最もよく練られたバラードだと思います。
ウィスパーボイスのコーラスが柔らかく耳に残っていきます。
#6Standby Loverは、カントリーらしいノスタルジーを感じるアレンジに、
メロウなピアノのフレーズや 弾き過ぎずシルキーなリードで綺麗にまとまったバラードです。
#7Keep On Runningは、ファンク的なレイド・バックしたベースラインとドラムス
(共にBrandonが一人で演奏しています。驚くほど上手いですね・・・)がグルーヴィーです。
コーラスも一際分厚いものとなっており、突き抜けるようなハイ・トーンの応酬を楽しめます。
#10An Eye For An Eyeは、John Willis(G)のエモーショナルなソロと、
澄み切ったコーラスとキャッチーなメロディが印象的なミディアム・テンポの楽曲です。
ソリッドなリズムと粒立ちのいいカッティングと、スペイシーなキーボードがジャジーな
#11Right Through The Heartのギター・ソロも渋くて最高です。
LPのオリジナルには収録されなかった#13Who's That Look In Your Eyeは、
アコースティックな肌触りの優しい音と、脱力したボーカルが静かに曲を盛り上げていきます。
ギターのトーンも一番好きかもしれません。収録されていなかったのが不思議です。
ソフト・ロックの隠れた大名盤の一つだと思います。

Never Stop Lovin' You

Love You Out Of Your Mind

Keep On Running

An Eye For An Eye

Right Through The Heart
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/06/06(木) 14:05:46|
  2. Byrne And Barnes
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(159) | ホーム | 名古屋地区中古CDショップ総論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/174-16dd5a29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: