私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(166)

Album: EnRoute
Artist: John Scofield
Genres: Jazz, Fusion, Jazz Rock

enroute.jpg


アメリカ、オハイオ州デイトン出身のジャズ・ギタリスト、作曲家。1951年生まれ。
本作は2004年作のライブ・アルバムで、2003年に行われたNYのBlue Noteでの演奏を収録したものです。
John Scofield(G),Steve Swallow(B),Bill Stewart(Dr)のトリオ編成での演奏ですが、
Steveを迎えて録音された作品は他にも81年に発表されたShinolaとOut Like a Lightがあります。
Steveのエレキ・ベースはウッド・ベースの響きに近い箱鳴り感の強い音で、
独特の深みのあるトーンで、地味で渋いプレイではありますが堂々としていて心地よいです。
ドラムスは軽快で腰高な音と、手数の多いドラミングで、曲のコーラスに向けて
徐々に加速していき、ギターの冴えわたった超絶なアウト・フレーズに結びつく起爆剤になっています。
非常にファンキーでエモーショナルで、ロック魂をくすぐられるプレイだと思います。
お得意のアウト・フレーズも炸裂しまくりで、次々と展開されるメロディも
キャッチ―なものが多いので、インテリジェントでかつ緊張感のあるアンサンブルを聴かせてくれます。
Greg Howeも影響を示唆していますが、基本的に彼のアウトは
半音下のキーに移って弾いたり、コンディミを取り入れたものが多く、
独特なテンション感のあるフレーズだと思います。
アドリブの余地を多く残すためか、細かいアレンジまで詰めずに作曲している印象を受けます。
エフェクターはラットとコーラスのみを用いており、
クランチの音作りという点でも非常に好みの音です。
タイトなスネアと煌びやかで軽いシンバル・レガートを叩き出すドラムスに、
肩の力の抜けた流麗なプレイを見せる洒脱な#1Weeに始まり、
#2Toogsは本作では少なめのスロー・テンポなオリジナル楽曲で、
独特のタッチ・ノイズの入ったストロークがいかにも彼らしいと思います。
#3Name That Tuneはかなり早い曲ですが、ジョンスコのプレイは相変わらず抜群の安定感です。
少しだけ歪ませたトーンの味わいが堪能できます。
Bill Stewartのソロもカミソリのような切れ味で、観客たちも大いに盛り上がっています。
#4Hammock Soliloquyはテーマのゆったりとしてキャッチ―なメロディや、
ギターを決して邪魔せず隙あらば随所に展開される、歌うようなフィル・インがクールです。
ベースラインもメロディアスで動きがあってお気に入りの曲です。
ベース・ソロの入った#6It is Writtenでは、
Steveがバッキング同様渋いソロを見せてくれます。
#8Travel Johnはこれまた非常に疾走感のある曲で、
饒舌な難解フレーズを正確無比に弾き出しています。カッティングのトーンも彼らしくて気持ちいいです。
生き物のように蠢くベースラインもグル―ヴィーです。
11分を超える#9Over Big Topもメロディアスでキャッチ―なテーマで一気に観客たちの心を掴み、
盛り上がりは最高潮に達します。
徐々に手数の増えていくドラムスに呼応するようにアウトして行き、
うねるような(いい意味で)奇怪なフレーズを紡ぎ出していきます。
口をあけて顔で弾いている姿が想像できます。
コードの鳴りの良く音がまとまった感じや、滑らかで継ぎ目のないギター、
重く、リズムに対して極めて正確なベースライン、攻撃的に次から次へとフィルを繰り出すドラムスと、
全てがせめぎ合い混然一体となって得も言われぬドライブ感のあるグルーヴを生み出しています。
最高の一曲です。
一瞬たりとも飽きさせない、洗練され尽くした最高のライブ・アルバムの一つだと思います。

Wee

Name that Tune

Travel John

Over Big Top
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/06/28(金) 17:28:43|
  2. John Scofield
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<今日の一枚(167) | ホーム | 今日の一枚(165)>>

コメント

これは名作ですね。
わんわんわんもこのアルバムは大好きです。
  1. 2013/06/29(土) 09:39:36 |
  2. URL |
  3. わんx3 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは、お邪魔します。
聞かず嫌いでしたね。
しかし、この文章を読めば聞かないわけにはいかないみたいですね。
期待できそうですね。
  1. 2013/06/29(土) 20:11:36 |
  2. URL |
  3. jamken #zBaDG9y2
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

John ScofieldにせよAl Di Meolaにせよ、真に一流のスタジオ・ミュージシャンには
一聴して、「これはジョンスコだ!」とわかる個性的なフレージングや音作り、
グルーブがあると思います。
日本にも、増﨑孝司や若いところでは小沼ようすけや菰口雄矢など、
優れたフュージョン系のプレーヤーが沢山いると思います。
こうした素晴らしい才能が正しく評価される時代がやってくることを願ってやみません。
ジャズ・フュージョンブームが再来するような健全なミュージック・シーンを
私は夢見ています。
  1. 2013/06/30(日) 00:10:08 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

本作のアルバムの魅力は、
僕にとっては半分くらいドラムのダイナミックさにあります。
Bill Stewartは大好きなドラマーの一人です。
  1. 2013/06/30(日) 00:19:17 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/183-697cb09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: