私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(168)

Album: Orange
Artist: UNCHAIN
Genres: Soft Rock, AOR, Soul

orange.jpg


京都府京丹後市出身の日本のロックバンド。2005年デビュー。
本作は2013年作(6月5日発売)のメジャー6th。
私の最もお気に入りの、密かに応援している若手の(とはいってももう30歳ですか)ロック・バンドです。
ダンス・ミュージック色の強いパターン・ミュージックのインディーズ期(Music Humanized Is Here)、
スイート・ソウル色の強いMusic Is The Key、ロック色の強いSUNDOGSに、
ソウル・AOR路線の前作、Eat The Moonに続いて、
本作はポップス色の強い作品に仕上がっています。
リズム面ではレゲエやスカのような裏拍を強調したようなアプローチがあったり、
コード進行も複雑なものが採用されていて、これまでの作品にはまたなかったサウンド・スケープを
作り上げています。
勿論メロディはキャッチ―なものばかりで、繰り返しの鑑賞に堪えうる素晴らしい作品だと思います。
太陽、月に続いて、本作のアルバム・コンセプトは「母なる地球」ということになっています。
このため、#5The Inner Lightのようなゆったりとしたバラードや、
生まれ来る子供の愛らしさを描いた#4ジーン・ラプソディなど、
生命への畏敬や愛というテーマで一貫して制作されています。
全員が作詞作曲アレンジに関わり、本当の意味で一つのバンドとして固い結束を持ち、
真摯なアティチュードで音楽に向き合っていると感じる彼らの作品であるからこそ、
本作でのテーマが非常に説得力を持っていると思います。
ライブ・レポートを兼ねて簡単に紹介していきます。
会場は昨年と同じで、音響もなかなか良い環境だったと思います。
観客層は大学生ぐらいの同世代の人が多かったです。
(以下はライブの内容を含んでいますのでご注意ください)
谷川正憲(Vo, G)は赤のテレキャス・シンライン、
佐藤将文(G, Cho, Vo)は緑のストラトと、ジャズマスター(だと思いますけど)を使い分けていました。
基本的にはアルバムの楽曲を演奏していましたが、
アコースティックでの演奏も数多く行われ(前作収録の0.0025など)、
佐藤氏がボーカルを取る#8King Of Comedyも
低音の響きの豊かなスムースなボーカリゼーションで素晴らしいと思います。
#9Time Machine Bluesはゴリラさんこと(怒られますかね(笑))谷浩彰(B, Cho)の
ラップを中心にして、ハードコア的なソリッドなリフで進行する一風変わった一曲に仕上がっています。
コーラスやリズム、カッティングのシャキッとした音は明らかにブラック・ミュージックの
色を残していて、絶妙なミクスチャーとして成立しています。
ライブで盛り上がる定番のShow Me Your Heightでは客たちも前のめりになって
押し寄せていました。去年よりさらに盛り上がっていてとても嬉しく思いました。
カヴァー曲のコーナーではアルバム未収録のMaroon5の名曲This Loveを演奏していました。
4つ打ちのダンス・ミュージック的なアレンジになっておりとてもクールでした。
ソウル色の強い#10Hossanaも、緩いグルーブとすっきりとしたアレンジで
ベースラインのグルーブがとてもクリアに聴こえて、コール&レスポンスもあり楽しい一曲でした。
「Stevie Wonderのような」とよく形容される谷川のハスキーで艶のあるボーカルあってこそ
できる曲だと思います。
ロック色の強いソリッドなリズムと、オブリガートの多い複雑なギターサウンドが
うねるようなグルーブを作り出す#3Smile Againは、ドラムスの手数の多さもとても好みの曲です。
あくまでもサビはポップでキャッチ―です。ソロはシングル・コイルらしい抜けの良い繊細なトーンで、
音の選び方も特徴的で良いですね。
アンコールではもはや定番となりつつある丸の内サディスティックのカヴァー、
そして1stEPのThe Space Of The Sense収録のYou Over Youで情熱的に締めくくっています。
アルバムごとに確実に様々な音楽を吸収して、
新たなエッセンスを加えて優れた作品を作り上げている彼らは、
演奏技術、アレンジ、作曲、メンバー同士の空気感と、どれをとっても非常にバランスが取れていて、
奇跡のバンドの一つといっても過言ではないと思います。
彼らがどのような音楽を吸収して方向性を変えていっても、
そこには変わらない「グルーブ感の追求」という一貫したコンセプトを感じるのです。
そういう意味で、彼らには本当に息長く活動して欲しいですし、
応援し続けていきたいと心から思っています。やっぱりUNCHAINは最高です。

Smile Again

Unofficial Trailer (メドレー形式にまとまっています)
関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/06/30(日) 01:57:29|
  2. UNCHAIN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<今日の一枚(169) | ホーム | 今日の一枚(167)>>

コメント

以前UNCHAINのEat The Moonのレビューへコメントさせて頂いたものです。
コメントへの返信ありがとうございました。
すでに購入されていたということで失礼しました笑

今回のレビュー&ライブレポートも読ませていただきました。
UNCHAINの捉え方について、非常に共感出来るところがあり、個人的にとても嬉しく思いました笑
特に最後の部分は、もっとたくさんの人に気づいてほしい部分だと思ってます!

ライブも最高でしたね!
公式ブログのほうでアンケート的なものも始まったので、よかったらそちらにも意見を寄せてみてください!
  1. 2013/07/05(金) 11:55:28 |
  2. URL |
  3. UNCHAINファン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメント下さり有難うございます。
彼らが意識している音楽のルーツが、私自身幼いころから慣れ親しんできた洋・邦楽と
非常に大きく重なり合っている部分があるので、好きになるのは当然といえば当然かもしれません。
圧倒的な知名度を得るタイプの音楽ではないと思いますが、
どんな時代であれ、一定の評価とファンを獲得できるバンドだと思います。
  1. 2013/07/05(金) 14:34:30 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。

ツイッターで、UNCHAINファンのかたがこちらを紹介していたので来ました(^人^

すごいです・・てっきりオトナの男性が書いてるブログかと思ったら、大学生の男子君だなんて・・!

博学で、センスも素敵な学生さんですね・・!すごいです!

いちUNCHAINファンとしても、とっても嬉しく共感できる記事で・・表現も的確でなんとも秀逸だな~と感じました!
言いたいことをうまく、言葉にスマートにまとめてくださっている感じ(^人^

私は音楽は好きなんですけど、バンド系ってめっきり疎くて、、UNCHAINは7年前くらいにたまたま、耳にして衝撃的で・・。
洗練された音楽性に対して、素朴なメンバー(笑)などのギャップも好きになり、以来ずっとファンなのですが。 北海道なので頻繁ではないながらも、毎年観られてはいます。。

時々、「UNCHAINの音楽性は変化し続けてるけど、変わらずイイって思い続けるのって、贔屓目で盲目的なんじゃないか・・?大丈夫かなわたし・・!?」 なんて、わからなくなっちゃうんですけど(笑) 、Systematicさんのレビューを拝読すると、あ、やっぱりよかった。ってほっとしました(笑)

LIVEでは、音数も含めてすっきりとしていて、でも、しっかりグルーヴィーで、CDと違う良さありますよね!
Hossanaは、掛け合いもざっくりとやりやすくて痛快でしたね☆
マルーン5も間違いなかったですね・・もうセンスいいから、カヴァーも基本安心して聴けるってところがあります(笑)
0.0025のアレンジもクールで、音源ほしいくらいでした(笑

彼らって音楽愛にあふれてて、ほほえましくて。。
自分も音楽好きだからこそ、ずっと彼らと一緒に時代を生きていきたいなーって感じて嬉しくなるんですよね。
orangeは特にそう、生きてくことが嬉しい気持ちになれるようなアルバムだなって思います。

一十三十一ちゃんもお好きなんでしょうか、といちゃん大好きなので嬉しいです!
新譜は、お聴きになりました? 

またぜひ、UNCHAINやといちゃんのレビュー、LIVEも含めて書いてください! 
他にもカッコイイ音楽、特に邦楽で・・ぜひ読みたいです♪
楽しみにしています(●´д`●

公式ブログのコメント欄でツアーのアンケート募ってるので、それにでもこちらのブログ、とても参考になるので、引用か紹介、させていただいていいですか?
  1. 2013/07/26(金) 14:44:46 |
  2. URL |
  3. *Jewels* #P5Y6osyI
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして。

*Jewels* 様 

コメント下さりありがとうございます。
最近試験等で少し忙しい日々を送っておりまして、返信が遅れましてすみません。
「UNCHAINファン」様(非公式ファンブログ:http://unchain4.blog.fc2.com/
からも以前コメントとtwitterでの紹介を頂きまして、嬉しく思っております。
公式ブログってどのページのことでしょうか?
(Ameba ブログのhttp://ameblo.jp/unchain-blogの7/5付の記事のことでしょうか?
お教え下さるとありがたいです。)
こんな素人のレビューで宜しければ紹介して下さって勿論結構でございます。
私がUNCHAINの存在を知ることになったのは、大学に入ってからすぐなので、
3年くらいという感じであります。
元々はフュージョン・クロスオーヴァ―路線の日本のバンドとして、
敬愛する「ポスト・山下達郎」の遺伝子を探しているうちに発見したのが、渋谷系であり、
the band apartであり、一十三十一であり、流線形であり、そしてUNCHAINでした。
勿論彼らと山達の音楽性は、モータウン、スタックスといった黒人音楽やゴスペル、
ダンス・ミュージック、ジャズ・フュージョンの影響を受けているという点で
間接的にルーツを同じくしているというに過ぎません。
ただ、UNCHAINの音楽性(特に2nd EPのThe Music Humanized Is HereやMusic Is The Keyは)
は最も彼のRCA/AIR期のそれを髣髴とさせる音作りですし、楽曲だと感じます。
というわけで、カヴァーしてほしい曲は"Love Space"と"Bomber"と言っておきたいと思います。
他にも邦楽ならSLTの"Rise"とか、洋楽ならIsley Brothersの"Harvest For The World"とか
"Live It Up"とかを聴いてみたいと思います。
実は僕は邦楽はそれほど詳しいというわけではなく、所有している楽曲の割合的に見ても、
75%くらいは洋楽で構成されています。
なかなか彼らのように嵌れるバンドが現れるかはわかりませんが、
昔の(90s以前の)邦・洋作品であれば、このブログの過去の記事にもUNCHAINが如何にも影響を
受けていそうなミュージシャンを取り上げていますので、
是非見ていって下さるとありがたいです。




  1. 2013/07/29(月) 18:57:31 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

こちらこそ!

遅くなってしまいすみません・・!

そうです、7/5の記事です!結局まだ書きこめてませんが・・汗
もしよかったら、、Systematicさんの書き込みもぜひ、拝見したいです~・・!

「ポスト山達・・」 音楽通な知人も最近、UNCHAINをそう言っていました!! 嬉しいです(´-`).。oO
Eat the moon の「untill down」とかめっちゃ達郎さん!って思いました。笑

「Love space」「Bomber」最高ですね♪
てか私も、Bomber、やってほしいって思ってました!大好きで・・そしてわたし自身も、実はバンドでコピーしたことがあったりします(笑
ベースがとってもまた刺激的ですよね!
  1. 2013/08/13(火) 01:25:52 |
  2. URL |
  3. *Jewels* #-
  4. [ 編集 ]

Re: こちらこそ!

コメント下さり有難うございます。
僕の方こそ最近更新が滞っておりましてすみません。

Unchainの本人たちはおそらく山達の音楽にはさほど関心はない感じかと思います。
世代的にもあまり触れることがなかったというのが適切かもしれません。

Bomberは友人がライブで演奏していましたがとても良かったです。
僕はベース弾きではないのであまり突っ込んだことは言えませんが、
田中章弘氏のベースラインはわりかし教科書的で、本曲はオクターブ奏法を取り入れ、
スラップを用いたパターンを繰り返す演奏(Aメロ、サビ)と、
Bメロの動きの多い指弾きフレーズとの対比が面白いです。
このノリを出すのは非常に難しいと思います。

  1. 2013/08/14(水) 03:08:24 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/185-945054a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。