私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(179)

Album: Take 6 Greatest Hits
Artist: Take 6
Genres: Gospel, R&B, Soul

greatest hits


アメリカ、アラバマ州出身のアカペラ/ゴスペル・グループ。1987年結成。
幾度もグラミー賞を受賞した米国を代表するコーラス・グループ。(1990,1991,1992,1995,1998,2003年)
基本的には6人のメンバーの声のみで演奏されるアカペラ形式の楽曲が多くを占めますが、
リズムトラックを打ち込んだR&Bテイストの楽曲や、有名曲のアカペラ・アレンジ、
宗教音楽色の強い教会音楽を取り上げたりと、多彩な楽曲を複雑でよく練られたハーモニーで聴けます。
メンバー各々のテクニックの高さは史上最強レベルと言って差し支えないでしょう。
正確なピッチやリズムは勿論のこと、6人のグループだからこそできる複雑なコード進行や
ベースライン、メロディのフェイクやアドリブ、リズムへのノリやトーン・コントロール、
どれを取っても非常に緻密で非の打ちどころが無いと思います。
本作は1999年作のベスト・アルバムで、98年の6th, So Coolまでの楽曲が収録されていますが、
#7The Best Stuff In The World Today Cafeのように新曲も含まれており、
美味しいところはほとんど含まれていますので、飽きのこない1枚かと思います。
#1I L-O-V-E Uから、驚嘆するほどの分厚いハーモニーの応酬を楽しめます。
特にベースラインの太さや中音域の音の密度の高さに圧倒されること間違いなしです。
#2Destinyは、アフリカンなパーカッションに始まり、
サビにかけて一気にポップになっていく展開が最高にクールです。
サビのメロディ部分も複雑にハーモニーがつけられていてグル―ヴィーです。
ストリングスから始まるCeCe Winansとのコラボレーション#3One And The Same、
#4Fly Awayは、すっきりとした和音構成の前半部から、リズムの強調された後半部との鮮やかな
対比が印象的です。#6Biggest Part Of MeはLA出身のプログレッシブ・ロック/ソフト・ロック
バンドであるAmbrosiaのカヴァーで、むしろ彼らのバージョンの方がよく知られているかもしれません。
ハリのあり、どこまでも突き抜けるようなハイトーンの連続と、
ジャジーなコーラスが素晴らしいお気に入りの一曲です。
初期の作品である#8Setembroは、歌詞のないインストで、スタティックでメロウなバラードです。
Herbie Hancock(Key)がゲストとして参加しています。
#10Oh Thou That Tellest Good Tidings to Zionは、ヘンデルのメサイアから取り上げられた
一曲です。ゲスト・ボーカルとしてStevie Wonderが参加しており、
気合入りまくりのパワフルなボーカリゼーションで魅せてくれます。
彼のソロ作品を含めて考えても、最高レベルの歌唱の一つだと思います。必聴です。
#11U Turnは、ジャズ/フュージョン系ピアニストのJoe Sampleの楽曲ですが、
スラップの印象的な、ファンキーでパーカッシブなベースラインに
煌びやかなシンバル・レガートのドラムスのタイトなリズムの間を、
自由に駆け抜ける饒舌で抜けの良くスペイシーなキーボードが素晴らしい!
ここまで来ると完全なAORという感じですが、私はこういう曲も大好きです。
#12Spread Loveは数多くの彼らの作品の中でも特に有名な曲の一つです。
Take 6のハーモニーの多彩さ、優れたテクニックの魅力が凝縮された一曲です。
#13So Much 2 Sayは、アルバムの表題曲で、1分ちょっとの短い曲ですが、
凄まじいまでのテンポの速さの中に、頭がくらくらするほどの強靭なグルーヴが宿っています。
Take 6は、男性のボーカル・グループとして、間違いなくその頂点に位置していると、私は思います。
アカペラに興味を持ったのも、彼らの作品を聴いてからでした。
そういった意味でも、私にとって特別な思い入れがあるアーティストです。永遠の教科書です。

I L-O-V-E U

Biggest Part Of Me

Setembro

Oh thou that tellest good tidings to zion

U Turn

Spred Love

So Much 2 Say(Live)
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/08/03(土) 23:45:03|
  2. Take 6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(180) | ホーム | 今日の一枚(178)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/198-0d28c118
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: