私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(184)

Album: Out Here On My Own
Artist: Lamont Dozier
Genres: Soul, R&B, Funk

out here on my own


アメリカ、ミシガン州デトロイト出身の作曲家、プロデューサー、シンガーソングライター。
1941年生まれ。モータウン・サウンドの生みの親ともいえる作曲家集団である
Holland=Dozier=Hollandのメンバーの一人であり、The Isley BrothersやPhil Collins、
Martha & the Vandellas, The Supremes, The Four Topsなど数多くのアーティストの
プロデュースに関わり、数え切れぬほどのヒット曲を生み出した名プロデューサーとして知られる
彼ですが、70年代半ばにチームを離れ、ソロ活動を行うようになります。
ソロ名義での1973年作。1st。彼のソロ作品の中でも、CDとしてプレスされていなかった
本作ですが、ようやくCDリリースに至りました。(2006年のことです)
彼にしては珍しく、McKinley Jacksonにプロデュースを任せ、ボーカリストとしての
魅力がフィーチャーされた作品となっています。
繊細なストリングス・アレンジと煌びやかなメロディ、ファンキーでバックビートの効いた
重心の低いグルーブ感のリズム隊と、あまり有名な盤でこそないですが、
フリー・ソウルの教科書的なグルーブを堪能できる素晴らしい一枚だと思います。
#1Breaking Out All Overは、彼のファンの間ではよく取り上げられる隠れた名曲の一つです。
冒頭から始まる軽やかなピアノループにグル―ヴィーなブラス、
Al Greenの作品を思わせるような爽やかなストリングスとカッティング、
如何にもモータウンなよく動くベースがご機嫌な最高のフリー・ソウルです。耳が気持ち良い…
セクシーな語りから始まる(こんな曲が現代にあってもいいと思います)
#2Don't Want Nobody To Come Between Usは、へヴィ―なドラミングと、ゴスペルライクな
コーラスワーク、エモーショナルでソウルフルな響きの豊かなボーカリゼーションが腰に来る
分厚いグルーブを作り出しています。ブルージーな香りがする良曲です。
スロウな#3Let Me Make Love To Youは、マイナーな進行に左チャンネルを流れる
透き通ったコーラスと、ストリングスの提示する緩やかなグルーブの中を、
切ない歌メロが心を打つ真摯でメロウなバラードです。
#4Fish Ain't Bitin'は、右チャンネルの音数が絞られたリードギターと、
後半部に掛けて力が籠っていくボーカルが素晴らしいフリー・ソウルです。
#6Take Off Your Make Upは、ファンキーなドラムスから始まり、ストリングスとギターのユニゾンや
シングアロングするコーラスライン、レイドバックして歌うボーカルのリズム感は鳥肌ものです。
#7Out Here On My Ownは枯れた音色のリードギターと、
スピード感を演出するブラス、溜めるようなドラムスと、シャウトするような
しゃがれたボーカル、そしてベースが対話しているかのような素晴らしいインタープレイを
見せてくれます。
ノーザン・ソウルの隠れた大名盤の一つだと、私は確信します。

Breaking Out All Over

Don't want nodobyto come between us

Let me make love to you

Fish Ain't Biting

Out Here On My Own
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/08/17(土) 00:55:58|
  2. Lamont Dozier
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<発声に必要な筋肉と声区の捉え方 | ホーム | 今日の一枚(183)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/204-32ed5edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。