私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

発声に必要な筋肉と声区の捉え方

声区を考える際には、内喉頭筋がどのように協調して運動しているかを考慮する必要があります。

発声に必要な筋肉は数多くありますが、
まずは代表的なものに関して肉眼解剖学を考えてみます。

(1) 輪状甲状筋Cricothyroid  
輪状甲状筋:声帯の緊張を担う

支配神経:上喉頭神経の外枝
起始停止:喉頭外面にあり、輪状軟骨の前外側部から起こり、甲状軟骨下縁に停止する。
作用:甲状軟骨の前方への引き下げ。これにより甲状軟骨は前方に傾き、結果として声帯ヒダは
   引き伸ばされて伸長する。

(2) 輪状披裂筋Criro-arytenoid(後、外側、横の三種類がある) 
後輪状披裂筋:声帯を開く
外側輪状披裂筋:声帯を閉じる
横輪状披裂筋:声帯の後部を閉じる

支配神経:反回神経
起始停止:後・外側輪状披裂筋:輪状軟骨の後面または外側面から起こり、
               共に披裂軟骨の筋突起に停止する。
     横輪状披裂筋:披裂軟骨の後内側面から起こり、対側の同じ部位につく。
            (左右の披裂軟骨を結ぶ)
作用:後輪状披裂筋→披裂軟骨の筋突起を後方へ引き、軟骨を外転させる。
   →左右の声帯ヒダは離れ、声門裂は開く。
    外側輪状披裂筋→披裂軟骨の筋突起を前方へ引き、軟骨を内転させる。
   →左右の声帯ヒダは接近し、声門裂は閉じる。
   横輪状披裂筋→両側の披裂軟骨を近づけ、声門裂の後部を閉じる。

(3) 披裂喉頭蓋筋Aryepiglotticus
披裂喉頭蓋筋:喉頭を上げて、舌根から喉頭までの空間を狭める。
支配神経:反回神経
起始停止:披裂軟骨の筋突起から起こり、斜めに披裂喉頭蓋ヒダを通って上行、喉頭蓋に停止。
作用:喉頭口を閉じる。喉頭を引き上げるようにすることにより、主に嚥下時に働く。

(4) 甲状披裂筋Thyro-arytenoid
甲状披裂筋:声帯の弛緩を担う

支配神経:反回神経
起始停止:甲状軟骨の正中部後面から起こって後走し、披裂軟骨前外側部に付く。
     一部は声帯靭帯から起こり、靭帯に沿って声帯ヒダの中を走り、披裂軟骨の声帯突起に停止。
作用:披裂軟骨を前方に引き、声帯ヒダを弛緩させる。声帯ヒダ前部を緊張させ、
   後部の厚みを増す。声帯ヒダの振動部分の長さ、太さを調節する。

次に、空気の共鳴が起こる共鳴腔(フォルマントの起こる原因となる声道の領域)を二つ定義します。
(1) 喉頭から舌根までの領域
(2) 舌根から唇までの領域

その上で、各声区や声の特質に対応してどのような生理現象が起こっているか、
を考察してみます。

輪状甲状筋:声帯の緊張を担う

・張力が大きくなれば周波数は高くなる、すなわち、高音時に優位に働く。
・ヘッドヴォイスを出すのには、声帯が伸長している必要がある。
 すなわち、声帯は「薄い」が、ヒダの周りの靭帯、筋を含めて振動している状態である。
・ファルセットでは、声帯ヒダ(粘膜)のみが振動している。
 すなわち、声帯は「非常に薄い」状態である。

後輪状披裂筋:声帯を開く
・ファルセットでは、声帯が開いた状態で息が当たっている。(息漏れ)

外側輪状披裂筋:声帯を閉じる
・声帯の全体を閉鎖することにより高音を発声する。
・この筋肉が上手く働かないと、高音を輪状甲状筋のみに頼り、Pull(張り上げ)の状態になる。

横輪状披裂筋:声帯の後部を閉じる
・声帯の後部だけをごく小さく開口させることにより、高音発声に使われる。
 すなわち、共鳴部分は頭蓋の側へと移行する。(ヘッドヴォイス)
 ホイッスルヴォイスなどで、特にこの筋が活用される。

披裂喉頭蓋筋:喉頭を上げて、舌根から喉頭までの空間を狭める。
・喉頭を上げると、共鳴腔(1)を小さくすることができる。結果として定常波の周波数は大きくなる。
 これにより、高音を発声することができる。(High-Larynxの状態)
・喉頭が下がった状態では、共鳴腔(2)(共鳴腔(1)より容積は小さい)で振動が起きる。
 結果として、定常波の周波数は大きくなる。
 これにより、高音を発声することができる。(ヘッドヴォイスの状態)
・(1),(2)の領域の中間とその周辺での共鳴では、2種類の共鳴が「ミックス」
 された状態が生じる。(ミックスヴォイスの状態)

甲状披裂筋:声帯の弛緩を担う
・チェストヴォイスでは、声帯のヒダ(粘膜)、靭帯、筋肉全体を振動させている。 
 すなわち、声帯は「厚みのある」状態である。

以上はほとんど筆者自身の考察による内容ですので、事実かどうかは限りなく怪しいです。
参考程度にご覧ください。
声楽の専門書をお読みになるのが間違いないと思います。

【参考文献】
解剖学講義 改訂3版 伊藤隆、南山堂
Netter 解剖学アトラス Frank H.Netter、南江堂
関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/08/17(土) 22:56:08|
  2. 雑記(音楽関連)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(185) | ホーム | 今日の一枚(184)>>

コメント

「弓場メソッド」ですな。
  1. 2013/08/18(日) 23:38:50 |
  2. URL |
  3. わんわんわん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ボイストレーニングの界隈では大変名の知られた方ですね。
弓場先生の本は読んだことがないですが、
ちょっと気になっています。
  1. 2013/08/19(月) 17:25:21 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/205-8850c920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: