私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(224)

Album: Lady Put The Light Out
Artist: Frankie Valli
Genres: Pops, Soft Rock, Blue-Eyed Soul,R&B

Lady Put The Lights Out


アメリカ、ニュージャージー州ニューアーク出身のシンガー。1934年生まれ。
1960年に結成された、非常に長い歴史を持ち、1億枚以上の売り上げを記録している
知る人ぞ知るボーカル・グループ/ロック/ポップスバンドであるFour Seasonsのリードボーカリスト。
1967年ころからソロ活動も並行して行うようになります。1977年作のソロ7th。
60年代初頭に初めての1位を獲得したシングルSherryを皮切りとして、
いわゆる黒人のストリート・ミュージックであったドゥー・ワップのコーラススタイル取り入れた
楽曲を数多く生み出し、The Beach Boysらと共に、The Beatles初期のヒット前夜に
当時としては非常に先進的なブルー・アイド・ソウルの奔りとも言える音楽性を見せていました。
その後60年代後半からソフトロック/AOR寄りの作風が多くを占めるようになり、
ソロ作である本盤もその傾向を顕著に見せた音楽性となっています。
アレンジはFrank Sinatra, Al Kooper, Bruce Springsteen, Laura Nyro, Ray Charles,
Barry Manilowなど数多くの伝説級のシンガーを担当してきたCharlie Calleloが行っています。
(因みに、ソロデビュー時に渡米した山下達郎の1stであるCircus Town('75)のプロデュースも
Charlie Calleloが行っています。このことが彼の音楽性やアレンジの基礎を形成する原体験になった
ことは、ファンにはよく知られているところでもあります。
一部のレコーディングメンバーはCircus Townとも重複しています。)
バックを固めるスタジオミュージシャンも、Steve Gadd(Dr), David Spinozza(G),
Michael Brecker(Trumpet), Richard Tee(Key, Stuff),Wilbur Bascomb(B, Jeff Beck)
など非常に優れたメンバーが結集しており、水も漏らさぬ鉄壁な演奏を楽しむことができます。
楽曲提供もCharlie関連の人物が担当しているものが多いです。
個々の曲紹介の中で見ていくことにしましょう。
#1I Need Youは、Eric Carmenが初期に組んでいたバンドであるRaspberries結成時に
書いた曲で、大サビの前からドラマティックに盛り上がりを見せるストリングスのアレンジは神業です。
ピアノの柔らかいフレージングと、共鳴の強く暖かいハイトーンがメロウです。
#2Second Thoughtsは甘く透き通った右チャンネルのギターとシングアロングする女性コーラスが
印象的な短いバラード。
#3I Could Have Loved YouはAlbert HammondとCarol Bayer Sagerの共作で、
中音域の圧倒的な伸びの良さを見せつけてくれるスロウテンポのフィリーサウンド寄りな一曲。
#4With YouはKen Ascher(Key)の作品で、The Moments('76)がリリースしたもののカヴァーで、
自身によるエレクトリック・ピアノのエッジの立った存在感のあるバッキングにメロディックなベースラインが
ストリングスの生み出す甘美な音の中にも洗練されたグルーブを感じます。素晴らしい。
#5Native New Yorkerは本作の中でもハイライトに当たる一曲ですが、ハイハットの刻みが鋭くタイトな
ドラミングと所々に挿入されるホーンやワウの絡んだカッティングにファンキーさを感じながらも、
メロディックなサックスソロがあり複雑なコーラスワークがあり、一瞬たりとも飽きさせません。大名曲。
ブレイクからエモーショナルなボーカリゼーションで終わっていくアウトロも最高。本当に最高。
表題曲の#6Lady Put The Light Outは、Blood, Sweat & Tearsのアルバムでも録音されていますが、
ボーカルの表現力の高さではこちらに軍配が上がりそうです。
#7Boats Against The CurrentはEricの作曲で、エレガントなイントロからピアノ弾き語りで静的に
進行していきながら、徐々にギターやストリングスが入りノスタルジックな響きのある
メロディの綺麗さを最大限に盛り上げています。
軽くビブラートの掛かったサビの朗々とした歌唱は堂々としていて、
こんな風に歌ってみたい、と素朴にそう思います。これも名曲です。
雷のイントロから入りキャッチ―なギターリフを中心としてグル―ヴィーに展開する#8Rainstormは
肉体的なサウンドでこれもまた良い。
#9I'm Gonna Love Youは、コーラスとの掛け合いが楽しい冒頭と、Michael Breckerの
フュージョン色のあるサックスのリードプレイが聴き所です。ベースプレイもノリノリで楽しいですし、
音色も存在感がありながら邪魔しておらず耳に優しいです。
ラストを飾る#10There's Always A Goodbyeは、リムショットの際立つ穏やかなドラミングと
リラクシングなストリングスをバックにして、得意のファルセットでのロングトーンが映えています。
アウトロのスペイシーなキーボードサウンドも洒脱です。
ジャケットは何とも言えない感じですが、内容は勿論完璧です。
どんなに名盤の多い70年代という時代においても、こんなに完璧なポップス、そう他にはありません。
こんなに洒脱で甘く蕩けそうなトラックを用意されたら、本当にボーカル冥利に尽きると思います。
これからも聴き続けていきます。

Second thoughts

Native New Yorker

Rainstorm

Boats Aginst The Current

T'm Gonna Love You

スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/11/22(金) 01:05:42|
  2. Frankie Valli
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(225) | ホーム | 今日の一枚(223)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/248-2d87eb8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: