私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(238)

Album: Rit
Artist: Lee Ritenour
Genres: Fusion, R&B, AOR

Rit.jpg


アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のジャズギタリスト。1952年生まれ。
Larry CarltonやRobben Fordらと共にフュージョン界を代表するギタリストの一人であり、
1977年のCaptain Fingerがヒットを記録し、自身のバンドGentle Thoughtsのリーダーとして、
またスタジオミュージシャンとしてのスターダムを駆け上がることになります。
70s後半から80sにかけてのフュージョン、クロスオーバーの潮流に乗り、
いわゆるAORの無数の名作、セッション、ライブに参加し、
彼自身が最も影響を受けたWes Montgomeryのトリビュート作品を
残したりしています。他には以前から関心を抱いていたブラジル音楽の影響を色濃く受けたRio(1979)を
発表したり、90年代にはBob James, Nathan East,Harvey Masonと共にFourplayを結成し、
スムースジャズやフュージョン路線をさらに押し進め優れた作品を残したり、
CasiopeaのFour By Four(1982)や竹内まりやのBeginnig(1978)、
野口五郎のライブ盤であるL.A Express(1978)などクロスオーバー界隈の日本人の作品にも多く参加するなど、
現在に至るまでオリジナル・アルバムを出し続け、非常に活発な活動を行っている大ベテランです。
フレージング自体は確実にジャズギターが基礎になっており、Carltonに比してブルースやロックの
色合いは薄いように感じます。
L-5やES-335から繰り出される太く、透明で甘いトーンはまさに80年代のフュージョンやクロスオーバーの
代名詞とも言えるような音だと思います。
本作は1981年作の9thで、フュージョンや色の中にもR&BやAORを強く感じるアレンジになっていて、
この辺はプロデューサーのDavid Foster(Key)の裁量なのかもしれません。
ボーカリストとしては無名だったEric Taggが大々的にフィーチャーされており、
本作のヒットをきっかけに、ソロ作のDream Walkin'は隠れた名盤として
AORファンの間で人気を博すことになります。
その他にもHarvey Mason(Dr), Jeff Porcaro(Dr), Abraham Laboriel(B), Greg Phillinganes(Key),
Richard Tee(Key)などお馴染みの優れたスタジオミュージシャンが参加しています。
#1Mr.Briefcaseは冒頭のキーボードのリフを中心として、
スラップを絡めたベースラインとJeff Porcaroらしいパワフルなドラミングが作る上質なグルーブに
Ritenourのメロウかつ極めて粒の揃ったソロが映え、圧倒的なタイトさを見せています。
特にハイフレットの音の抜けの良さは群を抜いている感があります。
#2(Just) Tell Me Pretty Liesは前半のディスコっぽい進行からモータウンっぽさを感じる
歌うようなベースラインと変化していき、Harvey Masonの乾いた音色のドラムスが作るノリと
歯切れ良く短いフレーズを歌うボーカルがファンキーです。後半は短く切ったカッティングソロが聴き所。
スロウテンポのバラード#3No Sympathyは丸いトーンで控えめに流れるギターとフィリーソウル風のストリングスの
中で、ドラムのフィルは一音一音がへヴィーで輪郭がはっきりしていて曲に緊張感を与えています。
少しテンポアップして、清澄なハイトーンボーカルと煌びやかなシンバルワークが優しく耳を撫でる
全米ポップチャート15位のヒット曲#4Is It You?は、Bill Champlinの豊かなで透き通ったコーラスと
キレのいい単音カッティングを絡めたリフが心地よい名曲です。
#5Dreamwalkは、アコギのタッチノイズが切なさを駆り立てる短いインストで、
いかにもセミアコらしいポロポロとしたクリーントーンのフレーズが柔らかいタッチで素晴らしい。
続いてデジタル色の強いインストの#6Countdown(Capitain Fingers)は、
ダンサブルなドラムスにエフェクトを施したコーラスで
ゴリゴリと進行しながらしっかり弾き込まれたギターソロが入ってきます。
ベースはジャリっとした音色のスラップが生々しく対照的です。
#7Good Questionはゆっくりと前進してくるギターリフに、パーカッシブで時にトレモロするキーボードと、
パワフルなスネアが作る重いグルーブで聴かせる典型的なフュージョンサウンドです。
Sly & The Family Stoneのカバー#8(You Caught Me)Smilin'は、ギターの音色とスムースなプレイもあって
だいぶ高級感のある演奏に仕上がっています。ホーンの音も滑らかでエッジの立ったアレンジです。
#9On The Slow Glideは、ハネたベースラインとスウィンギーなドラムスに対して
エモーショナルなリードギターが終始変幻自在にフレージングしていきます。
楽曲を重視して弾きすぎず、安定したリズム感での速弾きも、ハイフレットでの滑らかで正確なフレージングも、
音の粒立ちの良さ、シルキーな歪みのトーンの心地良さも、
全てにおいて非常に高いレベルにある、偉大なるギタリストの残した極上の歌ものフュージョン。

Mr.Briefcase

(Just) Tell Me Pretty Lies

Is It You?

Countdown (Captain Fingers)

On The Slow Glide
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/12/20(金) 14:43:27|
  2. Lee Ritenour
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(239) | ホーム | 今日の一枚(237)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/264-c71a725c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: