私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(247)

Album: Pages (1st)
Artist: Pages
Genres: Soft Rock, AOR

Pages1st.jpg


以前も紹介しました1978年にRichard PageとSteve Georgeを中心として
アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたソフト・ロック/AORバンドです。
3年間の活動期間の内、彼らの制作したアルバムは3枚ありますが、
本作は1978年の幻の1stです。
Jay Graydonのプロデュースの元、多数の有名スタジオミュージシャンを起用した
1981年の3rdが最も有名な作品であり、以前の記事ではこちらを取り上げております。
発売当初からプレス枚数が少なく、Sonyによって94年に初めてCD化された際にも、
国内には僅かしか輸入されず、CD化とリマスターが遅れていた本作は、
極めて手に入れるのが難しい作品でした。
国内盤は2001年にEpicから発売されていますが、それ以来3rdは紙ジャケで再発されている
ものの、この1stはリマスターや追加プレスが行われていないようで、
2014年現在では再び入手が難しくなってきています。
筆者は渋谷のレコファンでたまたま見つけた(というか探し続けていた)2001年版を購入しました。
プロデュースはBobby Colombyが、アレンジは知る人ぞ知るAORの名プロデューサーである
Dave Grusinが担当するなど、やはり1stも豪華なプロダクションが行われています。
Michael Brecker, Randy Breckerの兄弟をはじめとして、
ビブラフォン奏者のVictor Feldmanや、Stevie Wonderバンドでコーラスを務める
Lani Grovesなど、様々なゲストを迎えていますが、本作ではまだRichard PageとSteve Georgeを
中心とした5人組ロックバンドの体裁をなしており、3rdとはまた違った
勢いのあるバンドサウンドが楽しめます。
(3rdでは完全に二人だけのユニットになっています)
軽いグルーブが心地よいファンクの#1Clearly Kimは、Steve GeorgeのMini Moogでの
饒舌なソロと、Jerry Manfrediのベースソロがクールです。
#2This Is For The Girlsは、Richard Page(Vo)の透き通った甘いファルセットで
聴かせるスローバラード。ゲストのVictor Feldmanのビブラフォンが丸く柔らかい音色で
耳を撫でるように鳴っています。
SteveとLani Grovesとのデュエット#3Let It Goは、Russ Battelene(Dr)のドライブ感のある
ドラミングとオクターブやスラップを絡めてよく動くベースラインが、
メロウでキャッチ―なサビの中にファンキーなグルーブを作っています。
アウトロのコーラスは圧巻です。名曲。
#4Listen For Loveは、ハードロックかと思わせるイントロから、
重たく進行しながらホーンが味付けするグル―ヴィーなパートを挟んで、
Peter Leinheiserの長いギターソロがあるという一風変わった構成の一曲。
短いインストの#5Love Danceは、Dave Grusinによる豪華なストリングスを配した前半部から、
フュージョンライクな軽いビートにキーボードソロが入っています。
#6If I Saw You Againは、サビのリフレインがキャッチ―な、如何にもRichardの曲
と言う感じです。ブルージーで泣きの効いたギターソロもクサいですがそれが良いです。
アウトロでのクラビネットのバッキングもパーカッシブでセンス抜群。
#7Interludeはストリングスによるインストかと思いきや後半はピアノ弾き語りから
徐々に盛り上がっていき#8It's Alrightへとシームレスに繋がっていきます。
サックスソロも哀愁があって、都会的で洗練されたLAのサウンドと言うよりは、
郊外の夕暮れの風景が浮かんでくるような、ゆったりとしたグルーブを湛えています。
#9Room At The Topは、サビ前の緊張感あるキメと、教科書的ではありますが
抜けの良い音作りで一際目立つベースラインがパワフルなファンクロックです。
ここでもクラビネットやFender Rhodesのバッキングは最高です。時代の音ですね。
どの曲もリマスターのお蔭で分離良好で聴き取りやすく、
キャッチ―なサビメロとどこまでも透明で巧みなコーラスワークが全編通して堪能できます。
やはり1stも文句のつけようのない名盤でした。探す価値ありです。

Clearly Kim

Let It Go

If I Saw You Again

Room At The Top
関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/01/25(土) 00:41:43|
  2. Pages
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(248) | ホーム | ディスクガイドのご紹介 -おすすめ書籍>>

コメント

この時のシリーズは

この時のソニーの再発ラインナップは貴重なものが多く、プレミアが付いているみたいですね。確か洋楽秘宝館ってやつで。ペイジズは久しぶりに聴きましたが、70年代後半らしい透明感のあるロックでいいですね。
  1. 2014/01/31(金) 01:41:39 |
  2. URL |
  3. GAOHEWGII #-
  4. [ 編集 ]

Re: この時のシリーズは

良くご存じでいらっしゃいますね
僕自身半年以上探し続けてようやく見つけることができました。
恥ずかしながら2ndのFuture Streetはまだ持ってないので買おうと思います
  1. 2014/01/31(金) 23:10:42 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/277-b4fb035f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: