私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(269)

Album: 25
Artist: 花澤香菜
Genres: Pops, Soft Rock

25.jpg


東京都出身の声優、歌手。1989年生まれ。ネオ渋谷系の関連作品として前作も当サイトで
紹介しましたが、1年ぶりに待望のニューアルバム発売ということで中身を見てみて
2枚組ということでまず驚きます。2014年作の2nd。今作のタイトルと収録曲数は、
彼女の現在の年齢から決められたらしく、また今回は多くの楽曲で作詞を岩里祐穂
(今井美樹、坂本真綾、中山美穂、布袋寅泰、他多数)が担当しており、彼女と相談しながら
自身の思い出や具体的なエピソードを歌詞に反映させて制作するなど、
作家指向の強かった前作からより内省的な作風を指向しているように感じます。
サウンドプロデュースは今作もRound Tableの北川勝利が担当しており、
渋谷系の香りが湧き立つ楽曲も多くありますが、前作よりもロックグルーブのある
オルタナやシューゲイザーっぽい音作りの曲やボーカルとサックスのみの楽曲、
R&Bっぽい打ち込み系のトラック、パンクロックなど、大きく変化が見られています。
彼女自身のボーカル表現はかなり成長が見られ、楽曲ごとに演じ分けるが
如く曲のイメージに合わせた歌唱ができていると思います。
前作に続いて非常に音質が良く、特に打ち込み系の音は輪郭がハッキリとした音で、
密室的な音像が彼女の耳元で囁くようなボーカルと完璧に嵌っていて最高です。
得意のポエトリーリーディングも素晴らしいです。
作家陣は、北川勝利の他にあのポスト渋谷系の伝説的なバンドであるCymbalsの矢野博康と沖井礼二、
Nona Reevesの奥田健介、カジヒデキ、中塚武、宮川弾など、40台前半の、90年代から活躍し続ける
凄腕のポップス作家達が今回もこぞって参加しています。
収録楽曲が多いため、掻い摘みつつ解説していきます。

[Disc1]
一人多重コーラスによるドゥーワップ風のイントロダクション#1バースデイから始まり、
軽やかなポップロック#2 25 Hours a Day、リバーブの掛かったスネアとブレイクビーツ風に
配置されたハイハットの作るグルーブに、入り組んだメロディを軽やかに歌っていく
#3Brand New Daysは矢野博康作のR&B風な一曲です。お気に入り。
北川勝利作編曲の先行シングル#4恋する惑星は、パーカッシブで疾走感のある
ストリングスのアレンジと、サビの泣きのあるメロディが王道ですが素晴らしいです。
ドラムスは軽めでフュージョンライクです。
#5マラソンは、前作には無かったようなロック的なダイナミクスのあるパワフルで手数の多い
ドラミングに、スペイシーな定位感のコーラスとギターのバッキングでオルタナっぽく
進行していきます。異色な一曲。西寺郷太と奥田健介のNona Reevesペア制作の
#6Yesterday Boyfriendは、打ち込みの生々しいトラックと、後半部のサックスソロが
印象的なメロウなR&Bに仕上がっています。
ピアノのベースリフがキャッチ―でブラスが前に出た#7無邪気なキミと真夏のメロディは、
アニソンっぽいメロディラインと打ち込みに、ぬくもりのあるブラスの音と好対照を成しています。
少し歪んだシンセベースによるベースラインと、声の加工を施した電子音やコーラスが
ニューウェーブっぽさを滲ませる#8Make A Defferenceは、サビのバックでウィスパーによる
コーラスが入っているあたりが上手く彼女のボーカルを活用していると思います。良曲。
沖井礼二作曲の#9旅立つ彼女と古い背表紙は、キラキラとしたSEとコーラスの作るポップな音像の中で、
ドライブ感のあるドラムスとメロディックなベースが際立ちます。ストリングスアレンジは長谷泰弘です。
左チャンネルを流れるカッティングがグルーブを支配する#10Summer Sunsetは、
メロ部分のフレーズのカッコ良さに思わず耳が行ってしまいます。
ポップスのバッキングで、ミュート加減を調節しつつ単音カッティングを絡めながらジャジーに
弾いていくようなフレーズは、個人的に大好物です。気持ち良いです。
アウトロのキーボードのロングソロソロのバックでトレモロするギターもまた良いです。
宮川弾作曲の#11同心円状のディスタンスは、随所にキュートな台詞が入ったりしつつ
ネオアコ風にまとめています。アコギのバッキングも生々しい音です。
間奏部分の電子音の配置で個性的に仕上がっていて面白いです。メロディも結構捻りがあります。

[Disc2]
宮川弾作曲の#1片思いが世界を救うは、相変わらず音の重ね方が多彩で面白いポップスに
仕上がっています。断片的に用いられたコーラスと、フォーキーなアコギの中で、
クランチのギターサウンドが映えています。
カジヒデキ作曲の#3パパ、アイ・ラブ・ユー!!は、16ビートの軽やかなカッティングと
フュージョン風のビートの中で、高音の煌びやかなトーンで入り組んだメロディを巧みに歌っていきます。
やはりコーラスの定位感は鳥肌もの。
高校時代から個人的に親交のある、声優の浅沼晋太郎が作詞を担当した#4Eeny, meeny, miny, moeは、
ドラムンベースなリズムトラックに、ディレイとリバーブの掛かったギターのバッキングは
シューゲイザー的です。サックスとボーカルのみの編成で録音されたインタールード#5粉雪を挟んで、
北川勝利には珍しい作風の爽やかなパンクロック#6Young Oh! Oh!は、ボーカルの声量の少なさを
感じさせない透明なコーラスアレンジで聴かせます。
一転してジャジーなクリーントーンのカッティングと、フィルの心地よいベースラインで
妖しく展開する#7曖昧な世界は、途中で何度かテンポチェンジが繰り返されており、
ドラムスのベロシティの変化も伴って曲に見事な起伏が付いています。お気に入り。
サックスソロが入ってからの展開も渋いです。
打ち込み然としたリズムに、スペイシーなキーボードや、単音リフとアコギのバッキング、
サックスの温かさのあるバックでメロウにアレンジされた#8真夜中の作戦会議は、
オクターブを絡めたギターソロが白眉です。これも素晴らしい。
Base Ball Bearの小出祐介提供した#10last concertは、ノイジーなディストーションギターが
ノイズのように流れる中で、ストリングスが緩やかに流れる中で歌い上げるボーカルが異色な一曲。
曲後半に長いポエトリーリーディングが入った#11花びらに続いて、
耳に残るシンセのリフで始まるテクノポップ的なニュアンスが漂う#12Good Conversationへと
繋がっていきます。
25曲どれをとってもそれぞれに個性とコンセプトがあり非常に濃密な内容ですが、
彼女の25年間の人生の場面場面を鮮やかに切り取りつつ詩的に構築する岩里祐穂の作詞と、
軽妙で洒脱であり、彼女の声を殺さない絶妙なアレンジを見せた北川勝利の功績は、
さらに評価されるべきものだと感じています。 

恋する惑星

Yesterday Boyfriend(CM)

Make A Difference

Official Youtube(CMサイズの試聴が出来るようになっています)
関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/03/15(土) 22:10:54|
  2. 花澤香菜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(270) | ホーム | 今日の一枚(268)>>

コメント

Systematic Chaos様

こんばんは

自分もこのアルバムは記事にしたのですが・・・
さすがに全曲解説をされているSystematic Chaosさんにはかないません。説得力がありますね。僕は25曲が多すぎた、と感じました。飽きてしまったので。愛が足りなかった、と反省ですよ。
  1. 2014/03/21(金) 00:19:07 |
  2. URL |
  3. GAOHEWGII #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

とんでもないです。

花澤さんについては今度ライブツアーにも参戦しますので、
そのための予習もかねて丁寧にレビューを書こうと考えました。
確かに曲数は多いですが、どの曲も非常に良くできていますし、
なにより録音がとても良く、ステレオで聴いてもヘッドフォンで聴いても最高です。
リファレンスにしても良いかもしれないです。
  1. 2014/03/21(金) 14:58:20 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/300-5b52b089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: