私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(270)

Album: MODERN MUSIC
Artist: ムーンライダーズ
Genres: Rock, Post Punk/New Wave

Modern Music


1975年に鈴木慶一(1951-)を中心として結成された日本のロック/ニューウェーブバンド。
71年から3年間活動していた、はちみつぱいというバンドが前身で、
結成当初はアグネス・チャンのバックバンドとして活動を続けていました。
76年に火の玉ボーイ(鈴木慶一とムーンライダーズ名義)でデビューを果たしてから、
ポストパンクやニューウェーブ、テクノの台頭という時代のムーブメントにリアルタイムで影響を受け、
1979年作に発表された5th。次作のカメラ=万年筆(1980)では徹底した欧州的な(違う言い方を
すればハイファイで、プログレ的な)ロマンチシズムの排除と、XTCのようなニューウェーブ特有の
グルーブのあるリズムパターン、ローファイな音の中に、
当時YMOの坂本龍一などが取り入れていたダブなど手法の影響が見られる、
「洗練された」音楽性へと進んでいくことになりますが、今作ではまだそういったロマンチシズムが
随所に残っており、見方によってはプログレ的であったり、ハードロック的であったり
フォークロック的であったりと様々なイディオムが見られ、
かなり流動的な手法でニューウェーブに迫った、ダークで掴みどころのない
不思議な作風になっていると思います。
冒頭のギターリフからクラシックロックかと思わせながら、中間部ではボーカルエフェクトの
強くかかったKraftwerkなテクノポップへと展開していく#1Video Boyから驚かされます。
ただリズム隊はきちんとロックしておりドライブ感があるのがまた非常に個性的です。素晴らしい。
岡田徹(Key)作曲の#2グルーピーに気をつけろは、歌謡曲っぽい湿り気があるメロディに、
淡々としたリズム隊の演奏をよそに、中間部でのアンビエントな電子音が陰鬱な印象を与えます。
鈴木博文のベースラインがディスコビートを感じさせるフレーズで、
ダンサブルなグルーブがある中に、淡々とした低音コーラスが渋い#3別れのナイフは、
ディレイによる長いギターソロが聴き所です。左右で交互に鳴るギターのバッキングがスペイシーです。
お気に入り。随所に入ってくるトレブリーなギターリフがキャッチ―な#4Disco Boyは、
名前ほどディスコしているかというと微妙ですがフェイクしたボーカルといい、
これもまた妖しい魅力があります。
#5Virginityは、すっきりとしたバッキングで、メロウなファルセットのコーラスやシンコペーション
の多いベースラインが際立っています。ギターソロはNiel YoungやBruce Springsteenのバンドで
弾いていたNils Lofgrenを意識しているそうですが、素晴らしい泣きっぷりです。
サビでのキメが時代を感じさせる#6Modern Loversは、本作の中でも特にコーラスの定位感が
素晴らしい一曲です。エモーショナルで喉頭の開いた力強いボーカリゼーションも圧巻です。
ハードロック的なイントロのギターがエモーショナルな#7Back Seatは、
ボーカルが入った途端にアンビエントな世界観に変わるのに驚かされます。
テープを途切れさせて作ったようなストリングスの音や、フリーキーに鳴り渡るシンセの音色が、
シルキーなギターサウンドと鮮やかな対比を見せています。お気に入り。
#8Burlesqueは、低音よりのブラスの音が作る分厚いトラックに、キュートな女性コーラスが
彩りを添えるヨーロピアンなメロディが異色な一曲。
#9鬼火は、一層へヴィ―になったドラムスの作る端正なグルーブに対して、
揺らめくシンセのバッキングや多種多様な音遣いはプログレ的ですらあります。名曲。
ニューウェーブと一口に言っても、ムーンライダーズの音楽はその範疇のみで語れるバンドとは
考えにくいと思います。むしろ70年代後半の東京と言う都市の生み出した音楽であるとだけ
定義した方が良いのかもしれません。音楽に対して遊び心があり、他の文化との文脈の中で、
享楽的に接していながら、その内側に(80sには薄かった)冷ややかな自己批判性と
先の見えない朧げな不安さを抱えたような、若者たちの
独特な空気を今にリアルに伝えてくれている気がするからです。
何度聴いても不思議な気持ちになる一枚です。

Modern Lovers

Video Boy[Live]

Back Seat

鬼火
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/03/16(日) 02:32:20|
  2. Moonriders
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(271) | ホーム | 今日の一枚(269)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/301-e2692a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: