私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(271)

Album: Picture Book
Artist: Simply Red
Genres: Pops, Blue-Eyed Soul, R&B

Picture Book


イングランド、マンチェスターで1985年に結成されたポップロック、ブルーアイドソウル、
ソウルバンド。ボーカリストであり、2010年の解散まで在籍していたオリジナル・メンバーの
Mick Hucknallを中心としたソロ・プロジェクトの色合いが強いバンドで、
長い歴史の中で幾度もメンバーチェンジを繰り返しながら活動してきました。
初期にはJames Brownのオープニングアクトとしても活動していました。
解散時のメンバーには日本人ギタリストである鈴木賢治も在籍していたり、
90年代にはドラマーとして屋敷豪太が参加するなど、邦人のメンバーも在籍していました。
彼らの最初期のヒット曲である#6Money's Too Tightは、The Valentine Brothersによる
ソウルの楽曲のカヴァーでしたが、Billboard R&B chartsで41位を獲得し、
40か国以上でトップ40に入ることになります。
続く3rdシングルHolding Back the YearsもUS Billboard Hot 100で1位、
UK Singles Chartでは2位を獲得し、その名が知れ渡ることととなりました。
ジャズシンガーのJimmy Scottのカヴァーでも知られています。
メンバー全員が白人と言うわけではないですが、Paul Youngなどと並んで
英国のブルーアイドソウルの代表的なグループの一つだと思います。
2ndアルバムのMen And Womenでは知る人ぞ知るモータウンのプロデューサーLamont Dozierが
作曲に関わるなど、キャリア初期から大きな期待を寄せられていたことが窺われます。
Simply Red結成以前、彼らはSex Pistolsに影響を受けたThe Frantic Elevatorsというパンクバンドで
活動をしていたこと、若くしてスタックスなどのソウルを始めとするブラックミュージックに
惹きつけられ、ジャズ的な色合いを持ったサウンドを生み出していったことなどを考えると、
同時期にイギリス国内で活躍していたPaul Weller率いるStyle Counsilを思わせる
部分があります。(サウンドの指向性は異なっていますが)本作は1985年作の1stです。
プロデュースはThe Crusaders, B.B. King, Sly Stone, Boz Scaggs, David Sanbornなどで
知られるStewart Levineが行っています。
#1Come To My Aidから、Tony Bowers(B)とChris Joyce(Dr)の生み出すグルーブはソウル色は薄く、
むしろロック色の強いパワフルなバッキングで、歯切れの良いカッティングや
時代を感じさせるシンセが絡みつくことによって仄かなブラコンっぽさを漂わせています。お気に入り。
ダークなベースのリフで、ノーコードで始まって行く#2Sad Old Redは、
抑制されたSylvan Richardson(G)のバッキングが際立つジャジーな一曲。
アメリカンプログレハードの如くソリッドなイントロから始まる#3Look At You Nowは、
ブラスが入ってファンキーになっていく展開が意外性があってまた良いです。
レゲエの影響がみられるリズムワークとカッティングが異色な#4Heavenに続いて、
再びブラコン色の強く、ファルセットのメロウなボーカリゼーションが素晴らしい#5Jerichoへ。
キーボードのキラキラした音作りや単音カッティングのフレージングは完璧にツボです。
ヒット曲の#6Money's Too Tightは、やはりリズム隊のへヴィ―な演奏が伴って、
ファンキー中にロックグルーブがあります。荒々しいボーカルも最高。
テンポを落としたジャジーなバラード#7Holding Back The Yearsは、
音の隙間を縫うようにして配されたストリングスと、レゲエっぽいグルーブを創出するカッティングが
独特な浮遊感を生み出しています。伸びやかで曇りのないハイトーンで聴かせます。
ドロドロしたファンクなサビと、キーボードのリフでひたすらに押しまくる#8Red Box、
イントロからのギターリフを保ったまま一気にパワフルに歌い上げる#9No Directionは、
間奏の怪しげな掛け合いに思わず笑みがこぼれます。コール&レスポンスできそう。
ストリングスと重いリズム隊の作るグルーブだけで聴かせる#10Picture Bookは、
途中からブラスが入り、壮大に終わっていきます。
如何にもブルーアイド・ソウル的な作風を求めるならA New Fame(1989)などが良いでしょうが、
本作にはまだ影響を受けたジャンルの音楽が完全に消化され切らずに混じり合っている感じがあり、
そのテイストが楽曲の多彩さになって表れていると思います。

Come to My Aid

Look at You Now

Jericho

Money's Too Tight

Holding Back The Years
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/03/16(日) 23:47:12|
  2. Simply Red
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(272) | ホーム | 今日の一枚(270)>>

コメント

元気ハツラツですね

Systematic Chaos様
こんばんは

シンプリーレッドのファーストは初めて聴きました。90年代の作品を聴いていて、もっとダンディーで落ち着いたイメージを抱いていたので、新鮮でした。確かにアメリカンプログレハードみたいなキーボードが入っていますね。

それにしてもシンプリーレッドって最初個人名だと思っていました。シャーデーもですけど。
  1. 2014/03/20(木) 23:40:52 |
  2. URL |
  3. GAOHEWGII #-
  4. [ 編集 ]

Re: 元気ハツラツですね

> それにしてもシンプリーレッドって最初個人名だと思っていました。シャーデーもですけど。

確かにそう思ってもしょうがないですよね(笑)
Mickの髪の色からついたバンド名ということだそうですが。
個人的には洗練の極みを見せていく90年代の作品(もよく聴きますけど)よりも、初期のサウンドが好みです。
  1. 2014/03/21(金) 14:53:48 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/302-d9350b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: