私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(288)

Album: Mass Confusion
Artist: Various Artists
Genres: Techno, Minimalist Experimental, Electronica

Mass Confusion


本作は以前私的名盤紹介で取り上げました、ドイツ、ローゼンハイムで結成されたのテクノユニット、
Funkstorung(1996-)のメンバーであるMichael Fakesch(1975-)関連のコンピレーションです。
(詳細はMichael Fakeschの項を参照)90年末から00年代初頭にはヒップ・ホップへの接近が見られ、
00年代以降は、アナログシンセサイザーを多用したアシッド・ハウスへと傾倒したサウンドを
指向しているユニットであった彼らですが、メンバーのMichael Fakeschはドイツ国内で
インディペンデント・レーベルであるMusik Aus Stromを運営しており、
Funkstorungのもう一人のメンバーであるChris de Lucaや、Fakeschと近しいミュージシャンの
作品もここからリリースされています。2002年作。
彼らは、フランスの電子音楽・現代音楽作家であるJean Michel Jarre(1948-)
, NY出身のヒップホップグループであるWu-Tang Clan、さらにはBjörkといったアーティストへの
リミックス提供でも知られており、それらはオリジナルアルバムの中に収録されています。
本作に収録された楽曲はまず、Fakeschの友人であるFunckarma
(Don FunckenとRoel Funckenという兄弟によるユニット, 1995-)の二人によってある程度
選曲されており、そこからFunkstorungの二人が収録曲を絞り込んでセレクトした
という形をとっています。
全体として非常にメロディアスで、録音も生々しく聴きやすい印象を受けます。
Funkstorungのオリジナルよりも聴きやすいと感じます。
繰り返しが多く、リズムコンシャスでかつミニマル指向のサウンドと考えてよいと思います。
Manchester出身のユニット、Metamaticsによる#1Giant Sunflowers Swaying In The Windは、
ローファイでオルガンのような残響感のあるシンセが頽廃的な雰囲気を演出します。
低音の強調された瑞々しいキックはミニマル的で、波打つように入ってくるトレブリーな音色が
静かに不安を掻き立てます。お気に入り。
Lusine Iclによる#2Risaは、抜けの良いスネアが作る短いループが徐々に断片化されていく
リズムコンシャスで明るい雰囲気の一曲です。ブレイクビーツとなった中間部からは、
極めて低いベース音が目立ち始めてどっしりと進行していきます。
ハウリング音のようなノイジーな高音が刺さり、ガチャガチャした機械音のようなSEが、
レイド・バックしたファンキーなリズムにアクセントを与える
Stars As Eyesの#3Black Achievementも良い。
ファミコンのような音のシンセがジャジーにフレージングするバックで、
ソリッドなリズムが入ってくるXelaの#4Streetlevelは、音像こそアンビエントですが、
やっていることはさながらジャジー・ヒップホップのようでもあります。
Autophonicによる#5Mind The Dotは、サンプリングされた男性の低音ヴォイスが
フィーチャーされており、そこにノイズの入った高音のシンセと、インド音楽のようなフレーズを
奏でるサックス、釘を打つような音のSEがランダムに入ってきてカオティックなグルーブを
作っています。お気に入り。
本作の編集に活躍したFunckarmaによる#7Kobaltは、冒頭に入ってくるリズムパターンを執拗に
繰り返しながら、元スクラッチDJの彼ららしく、軽やかにこのテーマを切り崩して進んでいきます。
極めてリズムコンシャスですが、途中からはアンビエントなストリングスが遠くから鳴って来ます。
リズムのループと、このストリングスが入れ代わり立ち代わり前に出て行きます。
Adam Johnsonによる#8Baquelchは短い一曲ですが、AMラジオのようなノイズの混じったトラックと、
メロディアスなシンセが途中からギターのような音になっていく変化が楽しい。
本作にバンドサウンドで花を添えるTomato Weirdoの#10La Salle De Bainは、
一際疾走感のあるドラムンベースなリズムと、歌心のあるベースラインがジャジーな空気を
足していて素晴らしい。
Mr.Projectileによる#12Less Math, More Musicは、本作の中でも特にキラキラとしたシンセの
メロディアスさやシンプルなリズムトラックですっきりとしてポップな一曲になっています。
元々はAutechreのような、現代音楽色の強いテクノから聴き始めた私にとって、
電子音楽に対してどこか退屈な、というか理解し難い印象を持っていましたが、
Michael FakeschやFunkstorungの音楽は、黒人音楽に近いリズムの面白さに伴って、
メロディアスなテーマやジャズっぽいハーモニーが楽曲の中にあったりしてとても
馴染める、というか自然体で聴けるように感じます。
頽廃的で無機質な音なのに、どこかノスタルジーを感じるような、不思議な気持ちになる一作です。

Giant Sunflowers Swaying In The Wind


スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/05/04(日) 01:59:59|
  2. Funckarma(Various Artists)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(289) | ホーム | 今日の一枚(287)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/321-ddbc6e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: